boxing ranking

◆WBC 最新ランキング 2021.01

WBCの最新ランキングです。表の右欄は先月からの比較などです。
※ 各階級10位(日本人ランカーは15位)までの記載としている等、一部簡略化していますので、詳細はWBCの公式ホームページをご確認ください。


クルーザー級:
12/19に王者イルンガ・マカブがオランレワジュ・デュロドラに勝利、初防衛に成功。
敗れたデュロドラは先月3位から5ランクダウン、8位に。

スーパーミドル級:
12/19にWBA(スーパー)タイトルマッチ・WBC王者決定戦で、サウル・アルバレスがカラム・スミスに勝利し王座獲得。ダイヤモンド王者だったスミスは6位に。

スーパーウェルター級:
井上岳志が先月15位からランク外に。

ライト級:
1/2に暫定王者決定戦でライアン・ガルシアがルーク・キャンベルに勝利、王座獲得。
敗れたキャンベルは5ランクダウンし8位に。
12/12にフェリックス・ヴェルデホにTKO勝利した中谷正義が7位にランクイン。
敗れたヴェルデホは先月15位からランク外に。

スーパーフェザー級:
12/26に伊藤雅雪に勝利した三代大訓が13位にランクイン。
敗れた伊藤が先月14位からランク外に。

フェザー級:
スーパーバンタム級の休養王者だったレイ・バルガスが1位にランクイン。
佐川遼が1ランクダウンし9位に。

スーパーバンタム級:
和氣慎吾が15位にランクイン。

バンタム級:
12/19に暫定王者決定戦でレイマート・ガバリョがエマヌエル・ロドリゲスに勝利、王座獲得。
1/14にOPBF東洋太平洋王者の栗原慶太に勝利し王座を獲得した井上拓真が2ランクアップし5位に。
敗れた栗原も10位にランクイン。
12/31にストロング小林佑樹にTKO勝利しWBOアジアパシフィック王座を奪取した比嘉大吾が1ランクアップし14位に。

スーパーフライ級:
12/31にWBO王者の井岡一翔に挑戦し敗れた田中恒成が6位にランクイン。
12/14に日本王者の中川健太に10RTKO勝利、WBOアジアパシフィック、日本、OPBF東洋太平洋の3団体王者となった福永亮次が14位にランクイン。

ライトフライ級:
12/26に日本王座の初防衛に成功した矢吹正道が1ランクアップ、2位に。

ミニマム級:
重岡銀次朗が1ランクダウン、11位に。
田中教仁が1ランクダウン、12位に。

◆ランキング表はこちら

◆WBO 最新ランキング 2020.12

WBOの最新ランキングです。表の右欄は先月からの比較などです。
※ 一部簡略化(各階級10位(日本人ランカーは15位)まで記載)していますので、詳細はWBOのホームページをご確認ください。

ヘビー級:
12/12に、WBA(super)・IBF・WBO統一王者アンソニー・ジョシュアがクブラト・プレフにKO勝利、初防衛に成功。
敗れたプレフは先月4位からランク外に。

ウェルター級:
別府優樹が1ランクアップ、11位に。

ライト級:
12/12に中谷正義がフェリックス・ヴェルデホに勝利、中谷は14位から9ランクアップし5位に。
敗れたヴェルデホは先月11位からランク外に。
吉野修一郎が1ランクダウンし8位に。

スーパーフェザー級:
12/26、三代大訓に敗れた伊藤雅雪が先月9位からランク外に。
尾川堅一が1ランクアップし7位に。
坂晃典が1ランクアップし14位に。

フェザー級:
佐川遼が先月15位からランク外に。

バンタム級:
12/31、ストロング小林佑樹にTKO勝利しアジアパシフィック王座を奪取した比嘉大吾が8位にランクイン。
小林は先月14位からランク外に。(先日、引退を発表)
井上拓真が2ランクダウン、9位に。

 スーパーフライ級:
12/31、王者の井岡一翔が1位の田中恒成にTKO勝利、防衛成功。
敗れた田中は6ランクダウンし7位に。
12/19にWBC世界フライ級王者フリオ・セサール・マルティネス(メキシコ)に挑戦予定だったが、マルティネスの病気で試合が中止となったフランシスコ・ロドリゲスJr(メキシコ)が2位にカムバック。
12/14に日本王者の中川健太に10RTKO勝利、WBOアジアパシフィック、日本、OPBF東洋太平洋の3団体王者となった福永亮次が15位にランクイン。

ライトフライ級:
加納陸が2ランクアップ、5位に。
矢吹正道が2ランクアップ、11位に。

ミニマム級:
谷口将隆が2ランクアップ、1位に。
重岡銀次朗が1ランクアップし10位、小浦翼が1ランクアップし11位に。
榮拓海が4ランクダウンし14位に。

◆ランキング表はこちら

◆IBF 最新ランキング 2020.12

IBFの最新ランキングです。表の右欄は先月からの比較などです。
※ 一部簡略化(各階級10位(日本人ランカーは15位)まで記載)していますので、詳細はIBFのホームページをご確認ください。

ヘビー級:
WBA(super)・IBF・WBO統一王者アンソニー・ジョシュアがクブラト・プレフにKO勝利、初防衛に成功。
敗れたプレフは先月1位から10ランクダウンし11位に。

クルーザー級:
元王者ユニエル・ドルティコスが先月6位からランク外に。
マイナー団体IBO王者ケビン・レレナが先月3位からランク外に。

ミドル級:
王者ゲンナディ・ゴロフキンがカミル・シェルメタに7RRTD勝利、初防衛に成功。
敗れたシェルメタは7ランクダウンし10位に。

スーパーウェルター級:
12/5にWBC・IBF統一王者エロール・スペンスJr.がWBC2位ダニー・ガルシアに判定勝利、5度目の防衛に成功。

ライト級:
12/12に中谷正義がフェリックス・ヴェルデホに勝利、10位にランクイン。
敗れたヴェルデホは先月5位からランク外に。

スーパーフェザー級:
12/26に元WBO王者伊藤雅雪に勝利した三代大訓が15位にランクイン。

フェザー級:
松本亮が1ランクダウン、15位に。

バンタム級:
ストロング小林佑樹が1ランクアップ、8位に。

スーパーフライ級:
12/14に日本王者の中川健太に10RTKO勝利、WBOアジアパシフィック、日本、OPBF東洋太平洋の3団体王者となった福永亮次が9位にランクイン。
敗れた中川は先月13位からランク外に。
12/27に奥本貴之に2-0で勝利の古谷昭男が11位にランクイン。
敗れた奥本は先月9位からランク外に。
石田匠が1ランクダウンし12位に。

フライ級:
山内涼太が1ランクアップ、10位に。
黒田雅之が先月5位からランク外に。2019年5月以来試合を行っていないためか、それとも何か他団体の試合が決まったのでしょうか。

ライトフライ級:
王者フェリックス・アルバラードがディージャイ・クリエルに10RTKO勝利、2度目の防衛に成功。
高橋悠斗、堀川謙一、矢吹正道、木村翔が1ランクダウン、加納陸が2ランクダウン。

◆ランキング表はこちら

◆WBA 最新ランキング 2020.12

WBAの最新ランキングです。表の右欄は先月からの比較などです。
※ 統一王者等は「Super」欄に記載、また、正規の運用と思われない暫定王座は表示していない、各階級10位まで(日本人ランカーは15位)の記載としている等、一部簡略化していますので、詳細はWBAの公式ホームページをご確認ください。

ヘビー級:
WBAスーパー・IBF・WBO王者アンソニージョシュアがクブラト・プレフに勝利し防衛成功。

スーパーミドル級:
スーパーミドル級正規王者・ミドル級スーパー王者のサウル・アルバレスが、スーパー王者カラム・スミスに勝利、スーパー王者に。敗れたスミスは8位に。

ミドル級:
サウル・アルバレスがスーパー王座を返上。

スーパーウェルター級:
挑戦者決定戦でハビブ・アーメド(ガーナ)に2RTKO勝利のセバスチャン・フンドラが5ランクアップし2位に。

スーパーフェザー級:
尾川堅一が2ランクアップ、5位に。
12/12に、1位クリス・コルバートに敗れたハイメ・アルボレタが6ランクダウンし10位に。

フェザー級:
WBCの挑戦者決定戦に勝利したエドゥアルド・ラミレスが12ランクアップし1位に。
大沢宏晋が1ランクダウン、2位に。
亀田和毅が3ランクダウン、12位に。

バンタム級:
12/19に、WBC暫定王者決定戦でエマヌエル・ロドリゲスに勝利のレイマート・ガバリョが除外。(先月1位)
比嘉大吾が2ランクアップし8位に。

スーパーフライ級:
石田匠が13位にランクイン。

ライトフライ級:
12/27に世界ランカー小西怜弥に勝利した高山勝成が4位にランクイン。
12/26に日本王座の防衛に成功した矢吹正道が7位にランクイン。
木村翔が1ランクダウン、9位に。
堀川謙一が1ランクダウン、13位に。

ミニマム級:
重岡銀次朗が3ランクダウン、10位に。

◆ランキング表はこちら

◆The RING 最新ランキング 2020.12.19

The RINGの、2020.12.19付ランキングです。
表の右欄は2020.11.14付との比較です。

※ ランキングは不定期で更新されていますが、このブログではおおむね月に1回程度更新しています。
※ 暫定王座(WBAを除く)等、TheRINGが認めていない王座も追記しています。
※ ボクサー名は、BoxRecの記載に合わせています。


ヘビー級:
アンソニー・ジョシュアに挑戦し敗れたクブラト・プレフが10位からランク外に。
アレクサンドル・ウシクが10位にランクイン。

スーパーミドル級:
12/19に、サウル・アルバレスがカラム・スミスに勝利しWBAスーパー王座、WBC王座獲得。
スミスは4位に。

ミドル級:
ゲンナディ・ゴロフキンに挑戦し敗れたカミル・シェレメタが6位からランク外に。

ウェルター級:
エロール・スペンスJr.に挑戦し敗れたダニー・ガルシアが1ランクダウンし7位に。

ライト級:
フェリックス・ヴェルデホに勝った中谷正義が10位にランクイン。

スーパーフェザー級(ジュニアライト級):
シャクール・スティーブンソンが7位にランクイン、クリス・コルバートが8位にランクイン。
伊藤雅雪が2ランクダウンし9位に。

ストロー級(ミニマム級、ミニフライ級):
チャヤポーン・ムーンスリーからWBC王座を奪取したパンヤ・プラダブスリが2位にランクイン。
敗れたチャヤポーンは3位にダウン。

◆ランキング表はこちら

管理人:ボクヲタおやじ
輪島功一、大場政夫、具志堅用高…。少年時代に往年の名ボクサーをテレビで見て、胸が高鳴りました。以来40年以上ボクシングヲタクです。
過去の名勝負なども取り上げていこうと思います。
おことわり
選手名等は敬称略とさせていただいております。
あしからずご了承ください。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
私の採点方法
ちょっと変わった独自の採点方法で勝手に楽しんでます。
⇒詳しくはこちら
月別アーカイブ
Boxingオタクのsports観戦記 - にほんブログ村
お気に入りサイト
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ