boxing 試合結果

◆【結果】ワシル・ロマチェンコ vs. テオフィモ・ロペス ~ WBAスーパー・WBCフランチャイズ・IBF・WBO世界ライト級王座統一戦 2020.10.17

2020.10.17
WBAスーパー・WBCフランチャイズ・IBF・WBO世界ライト級王座統一戦

WBAスーパー・WBCフランチャイズ・WBO王者
ワシル・ロマチェンコ

vs.
IBF王者 
テオフィモ・ロペス



序盤は、ロペスが積極的に手を出し、ロマチェンコはじっくり観察。
ロペスのパンチは当たっていないが、ロマチェンコは手数が少なすぎ。
ほとんど差がないラウンドが多いが、ロペスにポイントがつきそう。

中盤に入っても、ロマチェンコはかなり警戒を続け、いつもの連打が出ない。
ロペスも、ロマチェンコのフットワークについて行けず、お互いに有効打がほとんどないラウンド が続く。

8R以降、ロマチェンコがギアを上げ、距離を詰めて高速の連打。
ロペスも打ち返すが、単発でなかなかヒットしない。

11R、ロマチェンコが更にギアを上げる。
ロマチェンコの高速連打に後退するロペス。

お互いスピードがあり緊張感のある試合は、決定的な場面を作れないまま試合終了。
前半はロペス、後半はロマチェンコが挽回。

私の採点 (→採点方法はこちら)は、
無題



後半はロマチェンコが明確に攻勢だったので、ロマチェンコの勝利と思いました。

しかし、公式の採点は、3-0(119-109,117-111,116-112)でロペス。
一瞬、耳を疑いました…。

ロペスは、前進してパワフルなパンチを出してはいたものの、ガードの上だったり、バックステップでかわされたりで、ほとんどヒットしていませんでしたが…。

ただ、ロマチェンコは、特に前半は手数が少なすぎ、ギアを上げるのも遅かった。

ラウンドマストシステムではごくわずかの差でも1ポイントですから、試合全体の印象と採点はかなり食い違うこともありますが、 採点では有効打が最優先であることを考えると、ロペス勝利はちょっと疑問ですし、119-109としたジャッジはさすがにどうかと思います。 

当たってなくても手を出していたほうにポイントが付くのなら、ジャッジはド素人でもできそうな気がします。

コロナ禍で入出国がなかなか自由にならないとはいえ、3人とも米国のジャッジというのも、ありえないでしょうね…。

ロマチェンコ優勢とした WOWOW解説のジョー小泉、西岡利晃は、「ロマチェンコ有利の先入観から、ミスリードしてしまったかもしれない。」としつつ、やはり納得がいかない様子。

 個人的には採点に疑問が残るものの、ロマチェンコに自由にボクシングをさせず勝利を手にしたロペスは見事4団体制覇。

防衛戦を行っていくのか、ライト級は厳しいと言われているので階級を上げるのか、ロマチェンコとの再戦があるのか、今後の動向に注目です。

あと、ロペスに善戦した中谷正義、復活してくれないかな…。

◆【結果】エマヌエル・ナバレッテ vs. ルーベン・ヴィラ ~ WBO世界フェザー級王者決定戦 2020.10.09

2020.10.09
WBO世界フェザー級王者決定戦

前WBO世界スーパーバンタム級王者
1位 エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)
これまでの戦績:30勝〈26KO〉1敗
vs.
2位 ルーベン・ヴィラ(米国)
これまでの戦績:18戦全勝〈5KO〉





ナバレッテが1Rに左アッパー、4Rに左フックでダウンを奪いましたが、中盤以降は、手数は出すもののやや雑な攻撃になり詰め切れませんでした。

ヴィラは、終盤は、動き回ってカウンターをヒットしたものの、ナバレッテのパワーと手数に押される展開が続きました。

結果は、3-0(115-111,114-112,114-112)でナバレッテが勝利、新王者に。

終盤はヴィラにポイントが流れ、意外に僅差でしたが、パワフルなナバレッテの快勝だったと思います。

◆【結果】尾川堅一 vs. 西谷和宏 ~ 世界ランカー対決 2020.10.02

2020.10.02

世界スーパーフェザー級 IBF3位、WBA8位、WBO9位
尾川 堅一
vs.
世界スーパーフェザー級 IBF8位
西谷 和宏
 


西谷が3Rにダウンを奪ったものの、4Rに尾川が反撃し西谷がダウン。
その後は、尾川が優勢に試合を進め、3-0(97-91×3)で勝利。

世界ランカー同士のサバイバルマッチを制した尾川は、世界王座に向けて一歩前進。
ただ、世界戦でなぜ禁止薬物が検出されたか判然としないままで、微妙な感じではありますが…。

西谷は、ダウンを先に奪いながら詰め切れず。

採点では6ポイント差がつきましたが、最後まで緊張感のある好ファイトでした。


◆【結果】イヴァン・バランチク vs. ホセ・セペダ ~ WBC世界スーパーライト級挑戦者決定戦 2020.10.03

2020.10.03
WBC世界スーパーライト級挑戦者決定戦

世界スーパーライト級 WBC2位、WBO3位
ホセ・セペダ
vs.
世界スーパーライト級 IBF4位、WBC6位
イヴァン・バランチク 


ホセ・セペダ(31:メキシコ)
これまでの戦績:32勝〈25KO〉2敗2NC

2015.07.11 WBO世界ライト級王座決定戦で、テリー・フラナガン(英国:27戦全勝〈10KO〉)と対戦。2Rに肩を脱臼し棄権。

2019.02.10 WBC世界スーパーライト級王者ホセ・カルロス・ラミレス《現WBC&WBO王者》(米国)に挑戦、0-2(114-114,112-116,113-115)で敗れる。

2019.09.14 ホセ・ペドラザ《2階級制覇王者》(プエルトリコ)に3-0(97-93,97-93,97-93)で勝利。


イヴァン・バランチク(27:ベラルーシ)
これまでの戦績:20勝〈13KO〉1敗

2019.05.18 IBF世界スーパーライト級王座決定戦/WBSSシーズン2スーパーライト級準々決勝で、アントニー・ジギ(スウェーデン:21勝〈7KO〉1分)と対戦、7RRTD勝利、王座獲得。

2019.05.18 IBF世界スーパーライト級タイトルマッチ/WBSSシーズン2スーパーライト級準決勝で、ジョシュ・テイラー(英国:14戦全勝〈12KO〉)に0-3(111-115,109-117,111-115)でキャリア初黒星を喫し、王座陥落、WBSS敗退。



パワフルにパンチを振り回すバランチクに対し、丁寧に反撃するゼペダ。

5Rの間に両者4回ずつダウンの応酬の末、セペダのTKO勝利。

今年のKnock Out of the Year候補になりそうな激闘でした。

漫画でも、現実味がなさすぎて描かないレベルの大乱戦でした。

続きを読む

◆【結果】ブランドン・フィゲロア vs. ダミアン・バスケス ~ WBA世界スーパーバンタム級タイトルマッチ 2020.09.26

2020.09.26
WBA世界スーパーバンタム級タイトルマッチ

王 者 ブランドン・フィゲロア
vs.
挑戦者 ダミアン・バスケス



フィゲロアが終始優勢。

バスケスは、時折反撃するもフィゲロアのプレッシャーを跳ね返せず、中盤には右目が腫れ、10Rにフィゲロアが連打したところでレフェリーストップ。

ルイス・ネリーがフィゲロアと戦いたいと言っていたようですが、挑戦権を得たダニエル・ローマンとの対戦が先でしょうね。

ただ、フェゲロアにしてもローマンにしても、タフで粘り強いスタイルなので、ネリーにとっては厳しい相手になりそうです。

管理人:ボクオタおやじ
輪島功一、大場政夫、具志堅用高…。少年時代に往年の名ボクサーをテレビで見て、胸が高鳴りました。以来40年以上ボクシングオタクです。
過去の名勝負なども取り上げていこうと思います。
おことわり
選手名等は敬称略とさせていただいております。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
私の採点方法
ちょっと変わった独自の採点方法で勝手に楽しんでます。
⇒詳しくはこちら
月別アーカイブ
Boxingオタクのsports観戦記 - にほんブログ村
お気に入りサイト
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ