boxing その他

◆内山高志 vs 八重樫東 ~ WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ?? 2020.07.29

2020.07.29
WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ??

元スーパー王者(11回防衛)
“Knock Out Dynamite” 内山 高志
vs
元リングマガジン世界フライ級王者
元WBA世界ミニマム級王者
元WBC世界フライ級王者
元IBF世界ライトフライ級王者
“激闘王” 八重樫 東


ジャッジ:
元WBAスーパー・IBF世界ライトフライ級統一王者 
田口 良一



スパーリング開始前の2人のシャドーだけで、金の取れるレベルじゃないかと…。
ゾクゾクしました…。

三浦隆司の目を腫らし棄権に追い込んだ、内山の重く速く射程の長い左ジャブが正確にヒット。
顔面へのパンチは加減していたようですが、 ボディはけっこうガチだったようで、3Rに内山が2度のダウンを奪い、WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者のベルトを守りました。

八重樫は、スピードを活かして中に入りたいところでしたが、内山のリーチとジャブに苦しみ、体格差もあり苦戦を強いられました。
拓大の3年先輩に対する遠慮もあったでしょうか。

なお、19年後に再戦予定。



内山は、八重樫のことを「スピードがある」と評価しつつ、引退して3年の40歳の動きではないですね。
現在62kg、スーパーフェザー級の1階級上のライト級(61.24kg)を少しオーバーしている程度。

2019.12.14に行われた田口の引退式でのスパーリングでも、現役時代とほとんど変わらぬ肉体に驚きの声があがり、「酒ばかり飲んでる」と言いつつも相当節制し鍛えているのかと思いきや、「全然体動かしてない」「2日間だけ酒やめただけ」とか、 「本当はフェザー級の体だけど減量が面倒くさかったから、スーパーフェザー級でやってた。」とか…ホンマかいな…。



逆に、その身体能力の高さに驚き、「内山、やっぱスゲェ」と思ってしまいましたね。



内山は、海外に進出しニコラス・ウォータースなどとの対戦を希望していましたが、さまざまな『大人の事情』でなかなか実現しない状況でした。

この試合に勝てばついに念願の米国進出かと思われた、暫定王者ジェスレル・コラレス戦でのKO負けが本当に残念でした。

一度で良いから、本場ラスベガスのリングに立って、派手なKO勝利を見せてもらいたかったですね。

◆ステフェン・フルトン、新型コロナ感染でWBO世界スーパーバンタム級王座決定戦欠場

世界中、新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。
日本も、感染者が増加しているにもかかわらず、「GoToトラベル」というウイルスまき散らし作戦を国が推し進め、更に広がりそうな嫌な予感がします。
観光業界が苦しいのはわかりますが、苦しいのはどの業界も一緒ですし、感染が拡大すれば更に経済に致命的なダメージを受けることになります。
薬やワクチンができてからやってくれと言いたくなります。



世界的には米国やブラジルの感染者数が群を抜いていますが、人口が多い国は感染者数が多いのは当然だと思うので、各国の人口1万人あたりの感染者数を調べてみました。
米国の感染状況も深刻ですが、中近東や南米がかなりヤバいですね。

1


















さらに、4週前の感染者は治癒もしくは死亡したと仮定して、現時点での感染者数を推計してみました。

2













3月末ではヨーロッパ、5月末には中近東に拡大、現時点では南米がかなり厳しい状況になっていることがわかります。
米国はずっと厳しい状況が続いています。



ボクシングは、無観客等の興行が徐々に開催されていますが、ボクサー本人が感染してしまい、試合が中止や変更になるケースが出てきています。

7/14には、予定されていたWBO世界スーパーフェザー級王者ジャメル・ヘリング(米国)vsジョナサン・オケンド(プエルトリコ)が、ヘリングが陽性となったため再度延期になりました。

エマニュエル・ナバレッテ(メキシコ)の王座返上に伴い、8/1に予定されていたWBO世界スーパーバンタム級王座決定戦、同級1位ステフェン・フルトン(米国:18戦全勝〈8KO〉)vs同級2位アンジェロ・レオ(米国:19戦全勝〈9KO〉)は、フルトンが陽性となったため、急きょ、レオの対戦相手が、同日のセミファイナルに出場予定だった同級6位トレメイン・ウィリアムス(米国:19戦全勝〈6KO〉)に変更されました。

ウィリアムスと対戦する予定だったライーズ・アリーム(米国:16戦全勝〈10KO〉)は、相手がいなくなってしまったのかと思いましたが、WBA7位マーカス・ベイツ(米国:11勝〈8KO〉1敗1分) とWBA世界スーパーバンタム級王座挑戦者決定戦を行うようです。

試合に向けて必死に練習し苦しい減量に耐えてきたボクサーの皆さんは、急に相手が変わり大変だと思いますが、このようなことはこれからも出てきそうです。
1日も早い終息を願うばかりです。

◆堀川謙一、「世界」の可能性は?

2020.07.25
OPBF東洋太平洋ライトフライ級王座決定戦


堀川 謙一(40)
40勝〈13KO〉16敗1分
vs
冨田 大樹(22)
14勝〈5KO〉1敗

堀川が10RTKO勝利で王座獲得。



2019年2月に日本ボクシング史上最年長の41歳2か月でOPBF東洋太平洋スーパーウェルター級王者となった野中悠樹にはかないませんが、40歳4か月での東洋太平洋タイトル獲得はすばらしい記録です。

世界ランカー同士の対決を制し、堀川はさらに世界ランキングが上がりそうです。
世界挑戦も夢ではないかもしれません。

日本人の世界王座獲得の最年長記録は、2016.9.16 ウーゴ・ルイス(メキシコ)に勝利しWBC世界スーパーバンタム級王者となった長谷川穂積の35歳9か月。

堀川がもし世界王座を獲得できれば、大幅に記録を更新することになります。

ちなみに、 ライトフライ級の世界王者は、
WBA(ス-パー) 京口紘人
WBA(レギュラー)カルロス・カニサレス(ベネズエラ)
WBC 寺地拳四朗
IBF フェリックス・アルバラード(ニカラグア)
WBO エルウィン・ソト(メキシコ)

新型コロナの影響で外国のボクサーとの対戦が難しく、拳四朗と京口は防衛戦がなかなかできない状況になっていると思われます。
二人の統一戦の話題もありますが、まだ早いと言うか、もったいない感じです。

新型コロナの影響が長引きそうな雰囲気で、国内での対戦のほうが具体化しそうですから、ここは、拳四朗か京口に堀川が挑戦できないだろうかと思いますね。

堀川にとってかなり厳しい戦いになることは間違いないですが、昨日のコンディションであれば戦えると思います。
世のオジサンたちに夢を与える戦いの実現を期待したいところです。

ライトフライ級は、木村翔、久田哲也、矢吹正道、小西伶弥が世界ランキングに入っていますので、なかなか難しいかもしれませんが…。

◆日本の1R連続KO記録は9試合。

エドガー・バーランガが14連続1RKO勝利で話題になりましたが、日本の記録は丸山大輔の9試合連続です。

丸山は、1999年6月から2002年3月にかけて、デビューから9試合連続の1RKO勝利。
1RKOは10戦目で途切れましたが、KO勝利を続け、13試合連続KO勝利を記録。
2005年8月にOPBF東洋太平洋王者の有永政幸に挑戦し9RKO負け。

丸山に次ぐのは、雄二ゴメス。
5戦目で阪東ヒーローに1RKO勝利し東日本フェザー級新人王に。
(敗れた阪東は、2005年に、1R立っていられたら100万円の企画で16連続1RKO勝利を狙うエドウィン・バレロと戦ってます。)
全日本フェザー級新人王決定戦も1RKO勝利、その後も5試合連続で1RKO勝利し、7試合連続1RKO勝利達成。



その後、2001年3月に日本フェザー級王座を獲得するも初防衛に失敗。
その後2度日本フェザー級王座に挑みましたが、KOで敗れました。

雄二ゴメスは、21勝のうち20勝がKOで、うち12試合が1RKOです。
相手をなぎ倒すような豪快なKOが魅力のゴメスですが、反面打たれもろく、敗れた5試合のうち4試合がKO負けで、うち1Rが2度。
勝つのも負けるのも、ほとんどKOでした。



どんなに力量差のある相手ばかりでも、連続して1RKOするのはそう簡単なことではないとは思いますが、 このような記録は、相手を選んで作りに行くこともできる記録なので、評価は難しいですね。

ちなみに、丸山の9試合の相手は、デビュー戦が4人、未勝利4人、1勝1人ですから、かなり微妙です。

雄二ゴメスは、新人王のトーナメントがスタートですから、内容では、丸山より価値のある記録と言えるでしょうね。
あくまでも、数ではなく、内容が重要ですね。

◆米国ボクシング興行、前途多難…。

多くの試合が、新型コロナの影響で延期や中止になり、無観客試合等の対応をしながら徐々に開催され始めました。

ただ、もとどおりの状況になるにはまだまだ時間がかかるどころか、状況は悪化しているので、目処が立たないと考えたほうが良いのかもしれません。

新型コロナの感染状況について、感染者数は人口が多ければ当然多いですし、現在の感染状況がよくわからないので、ちょっと調べてみました。

感染者は、4週間後には治癒もしくは死亡していると仮定し、その週までの累計感染者数から4週間前の累計感染者数を差し引いた数値を現在の感染者数とし、その国の人口1万人あたりの感染者数を計算しました。

無題















7/17現在で、米国が約42.4人、メキシコが約12.4人、日本が約0.5人。
うーん。米国が6月中旬から再び増加傾向で、こりゃアカンという感じですね…。
日本は、米国やメキシコに比べると少ないものの、5/1に0.92人まで上昇、6/12には0.09人に減少しましたが、再び上昇中。

井上尚弥vsジョンリエル・カシメロの米国開催なんて、無理のように感じます。
この状況だと、日本でやるしかないですが、外国との行き来が制限されている状況が緩和されるのはまだまだ先になりそうで、これも難しいでしょうね。
井上尚弥は、いつリングに上がれるのでしょうか…。

日本国内で日本人同士の試合をするぐらいしかなさそうなので、井岡一翔vs田中恒成は、是非実現してほしいところです。

管理人:ボクオタおやじ
輪島功一、大場政夫、具志堅用高…。少年時代に往年の名ボクサーをテレビで見て、胸が高鳴りました。以来40年以上ボクシングオタクです。
過去の名勝負なども取り上げていこうと思います。
おことわり
選手名等は敬称略とさせていただいております。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
私の採点方法
ちょっと変わった独自の採点方法で勝手に楽しんでます。
⇒詳しくはこちら
月別アーカイブ
Boxingオタクのsports観戦記 - にほんブログ村
お気に入りサイト
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ