boxing 注目の試合等

◆【結果】アンディ・ルイスJr. vs. クリス・アリオーラ ~ WBA世界ヘビー級王座挑戦者決定戦 2021.05.01

2021.05.01
WBA世界ヘビー級王座挑戦者決定戦


WBA5位、WBC4位、WBO5位
アンディ・ルイス Jr.
(31:米国)
33勝〈22KO〉2敗
 vs. 
WBA8位
クリス・アリオーラ
(40:米国)
38勝〈33KO〉6敗1引分

2019年6月に、3団体王者アンソニー・ジョシュア(英国)に番狂わせの7RTKO勝利、一躍注目されたアンディ・ルイス Jr.。

調整不足で精彩を欠き王座から陥落したジョシュアとの再戦以来1年半ぶりのリングの相手は、3度の世界戦経験を持つベテラン、クリス・アリオーラ。

ルイスにとって、再びベルト獲得を目指すためには、負けられない一戦。

2Rにアリオーラの右でルイスがダウン、3Rにもアリオーラの左でルイスの腰が落ちる場面がありましたが、それ以外は、手数の少ないアリオーラに対し、手数やスピードで上回るルイスが優勢に試合を進め、3-0(118-109,118-109,117-110)で勝利。

◆16戦連続1RKO勝利エドガー・バーランガ vs. デモンド・ニコルソン ~ 2021.04.24

2021.04.24
スーパーミドル級 8R


エドガー・バーランガ
16戦全勝〈16KO〉
vs.
デモンド・ニコルソン
23勝〈20KO〉3敗1分

バーランガは、 1RKO記録を16に伸ばし、ランキングがWBA5位、WBO8位まで上がってきました。 1RKOが続くのか注目。
 

相手のレベルが地域王者クラスまで上がってくると、さすがのバーランガも1Rで終わらせることはできませんでした。
結果は、3-0(79-69,79-68,79-68)でバーランガの勝利。
4度ダウンを奪われながらも、ニコルソンが良く粘りました。


◆【結果】比嘉大吾 vs. 西田凌佑 ~ WBOアジアパシフィック・バンタム級タイトルマッチ 2021.04.24

2021.04.24
WBOアジアパシフィック・バンタム級タイトルマッチ

WBA6位、WBC12位、IBF12位、WBO7位
王 者 比嘉 大吾
(25)
これまでの戦績:17勝〈17KO〉1敗1引分
vs
挑戦者 西田 凌佑
(24)
3戦全勝〈1KO〉



西田がリーチの差を活かして、ジャブで距離を取る。
比嘉は、強引に前進して強打を振るうが、力みが目立ち、また距離を詰め切れず空転。

西田は、比嘉が止まるとジャブやワンツー、比嘉が接近してくればカウンターとフットワーク、さらに距離が縮まれば果敢に応戦しつつクリンチでうまくかわす。

比嘉は西田とのリーチ差を埋められず、終盤はお互い疲れからかクリンチの場面が増え、西田優勢の展開のまま試合終了のゴング。

公式採点は、3-0(118-110,117-111,117-111)で西田が勝利、ジムの先輩ストロング小林佑樹が奪われたベルトを奪還。

私の採点 (→採点方法はこちら)は、
無題

2



比嘉は、リーチ差で強打が届かず、また、西田に比べ戦術の「引き出し」が少なく、展開を変えることはできませんでした。
比嘉は、再起第2戦の堤聖也や今日の西田のようにジャブで牽制されると、リーチ差や体格差がはっきり出てしまいます。
一瞬の踏み込みのスピードがもっと速くならなければ、やはりバンタム級では体が小さく、厳しいのかもしれません。

西田は、比嘉の動きに合わせたボクシングがしっかりできていました。
普段はスーパーバンタム級ですが今日はバンタム級で減量が苦しかったようで、終盤スタミナが切れた感もありましたが、主導権を比嘉に渡しませんでした。
かなり比嘉を研究してきたのだろうと思わせる素晴らしいボクシングでした。
わずか4戦で一気に地域王者まで駆け上がり、おそらく4団体の世界ランキングにも入ってくると思われます。
特に、今日の試合内容だと、WBOはかなり上位にランクインする可能性もあるのではないかと思います。
無名の存在から、大森将平、比嘉を破る2試合続けての番狂わせで、一気に注目される存在になってきました。
今後の活躍を期待したいところです。

◆注目!比嘉大吾 vs. 西田凌佑 ~ WBOアジアパシフィック・バンタム級タイトルマッチ 2021.04.24

2021.04.24
WBOアジアパシフィック・バンタム級タイトルマッチ

WBA6位、WBC12位、IBF12位、WBO7位
王 者 比嘉 大吾
vs
挑戦者 西田 凌佑


比嘉 大吾(25)
これまでの戦績:17勝〈17KO〉1敗1引分

2016.07.02 OPBF東洋太平洋フライ級王座獲得。(1度防衛)

2017.05.20 WBC世界フライ級王者フアン・エルナンデス(メキシコ)に挑戦、6RTKO勝利で王座獲得。

2017.10.22 トマ・マソン(フランス)に7RTKO勝利、初防衛。

2018.02.04 元WBO世界ミニマム級王者、元WBO世界ライトフライ級暫定王者のモイセス・フェンテス(メキシコ)に1RKO勝利、2度目の防衛。
連続KO勝利数で日本タイ記録、デビュー戦からの連続KO勝利数で日本新記録を樹立。

2018.04.15 クリストファー・ロサレス(ニカラグア)に9RTKOで敗れる。
※ 体重超過で王座を剥奪された。(日本人世界王者で初)

2020.02.13 再起戦で6RTKO勝利。

2020.10.26 堤聖也と1-0(96-94,95-95,95-95)の引き分け。

2020.12.31 WBOアジアパシフィック・バンタム級王者(1度防衛中)のストロング小林佑樹に挑戦、5RTKO勝利で王座獲得。


西田 凌佑(24)
3戦全勝〈1KO〉

2020.12.19 元日本王者(1度防衛)で、世界王座挑戦経験があり、多くの強豪と戦ってきた大森将平に3-0(79-73,78-74,78-74)で勝利。



比嘉は、復帰戦はKO勝利したものの、インタビューでは消極的な発言が目立ち、モチベーションもかなり下がっていたように感じました。

その後、復帰2戦目の堤聖也戦は、フットワークの良い堤に苦戦し引き分けに終わりましたが、復帰戦3戦目でようやく比嘉らしさを見せてくれました。

おそらくはいろいろと確執があったであろう白井・具志堅スポーツジムから移籍し、信頼するトレーナーのもとで充実したトレーニングをできるようになったことで、積極的に攻撃する比嘉本来のボクシングが戻ってきたのだと思います。


西田は、進学した近畿大学で、元WBA世界スーパーフライ級王者である名城信男監督の指導を受け、名城が所属していた六島ジムからデビュー。

3戦目で大森、そして4戦目で比嘉。
六島ジムは強気のマッチメイクで知られますが、プロ3戦目で大森との対戦は、さすがに無謀に見えました。
しかし、結果は西田の勝利。その勢いで比嘉に挑戦です。
これもかなり無謀に見えますが、勝つ自信がなければ受けないと思いますし、 敗れたとはいえ実際に戦った小林が何か勝利につながりそうなヒントを持ち帰っている可能性も高いでしょう。

西田は、ここで番狂わせを起こしタイトルを獲得すれば世界ランキングも手にすることになりますから、 気合は十分でしょう。
この自信とモチベーションの高さは、比嘉にとってはかなり不気味に感じるのではないでしょうか。

また、これまでスーパーバンタム級で戦ってきた西田は身長170cm、比嘉は161cm。
比嘉のパワーは、バンタム級では、フライ級のときのような相手を圧倒する爆発力ではなくなったように見えるだけに、この体格差もかなり影響するかもしれません。

比嘉が、西田のジャブをかいくぐって接近し強打をヒットさせることができるか注目です。

実力の違いを見せさらに世界上位を狙いたい比嘉、ジムの先輩である小林の持っていたベルトの奪還を狙う西田。
非常に楽しみな一戦です。


◆【結果】小原佳太 vs. 坂井祥紀 ~日本ウェルター級タイトルマッチ 2021.04.08

2021.04.08 
日本ウェルター級タイトルマッチ

IBF世界6位
王 者 小原 佳太
(34)
23勝〈21KO〉4敗1引分
vs.
挑戦者 坂井 祥紀
(30)
25勝〈13KO〉11敗2引分


Twitterで、田舎住まいの私は試合を見れないとぼやいていたら、「Lovekagurazaka」さんが、FODで配信されると教えてくださったので、さっそく見ました。(配信は5/17まで)



ハンドスピードでは小原が勝り、ボディストレートが効果的。
一方、坂井は重たいジャブを的確にヒット、接近して打ち合いに持ち込む。
一進一退の展開で、終了のゴング。
採点は3-0(96-94,96-94,96-94)で小原がタイトル防衛に成功。
私の採点 (→採点方法はこちら)は、坂井の勝利でした。

1

2



坂井のパンチのほうが正確にヒットしていたと思いましたが、小原のボディストレートも良かったので、小原にポイントが行ったのだと思います。
ただ、坂井は、メキシコ仕込みのタフで粘り強いボクシングで、世界を再び狙う小原に対しほぼ互角に戦いました。
最初から最後まで目が離せない、緊張感のある素晴らしい試合でした。
管理人:ボクヲタおやじ
輪島功一、大場政夫、具志堅用高…。少年時代に往年の名ボクサーをテレビで見て、胸が高鳴りました。以来40年以上ボクシングヲタクです。
過去の名勝負なども取り上げていこうと思います。
おことわり
選手名等は敬称略とさせていただいております。
あしからずご了承ください。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
私の採点方法
ちょっと変わった独自の採点方法で勝手に楽しんでます。
⇒詳しくはこちら
月別アーカイブ
Boxingオタクのsports観戦記 - にほんブログ村
お気に入りサイト
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ