boxing 注目の試合等

◆【結果】野中悠樹 vs. 越川孝紀 ~ WBOアジアパシフィック・ミドル級タイトルマッチ 2021.07.23

2021.7.23 
WBOアジアパシフィック・ミドル級タイトルマッチ

王 者 野中 悠樹
vs.
挑戦者 越川 孝紀



野中 悠樹(43)
これまでの戦績:34勝〈10KO〉10敗3引分

2007.10.29:OPBFスーパーウェルター級王座決定戦で日高和彦(のちに飛天かずひこに改名)に 0-3(112-116,111-116,113-116)で敗れる。

2008.09.22:日本スーパーウェルター級王座獲得。(2度防衛)

2009.06.20:OPBFスーパーウェルター級王者(2度防衛中)の飛天かずひこに挑戦、8R負傷判定 3-0(77-74,77-74,77-75)で勝利、王座獲得。

2009.11.01:柴田明雄に0-3(113-117,113-116,114-116)で敗れ、OPBF王座・日本王座陥落。

2014.08.10:日本スーパーウェルター級王者決定戦で長島謙吾に3-0(99-91,98-92,97-93)で勝利、王座獲得。6度防衛後返上。

2019.02.24:OPBF・WBOアジアパシフィック・ミドル級王者の細川チャーリー忍に3-0(114-112,114-112,115-111)で勝利、2団体の王座獲得。(OPBF王座は、後に返上)

WBOアジアパシフィック王座を1度防衛中。

柴田に敗れて以降の約12年間では、15勝2敗1分。
敗戦は、世界ランカークラスのデニス・ホーガン(アイルランド)、井上岳志のみ。


越川 孝紀(30)
これまでの戦績:9勝〈6KO〉2敗

2008年度インターハイでライトウェルター級優勝。
2010年度の全日本選手権でライトウェルター級準優勝。

2019.11.02:日本スーパーウェルター級王者の松永宏信に挑戦、4RTKOで敗れる。


※ 試合開始は、2:37:26。


開始直後、慎重な野中に越川が積極的にプレッシャーをかけるが、 2R以降は、打っては左右によく動く野中に対し越川は的を絞れず手数も減り、 野中のペースに。
時折打ち合いつつも、野中が優勢のまま試合終了。

公式の採点は、3-0(119-109,119-109,115-113)で野中が勝利、2度目の防衛に成功。

私の採点 (→採点方法はこちら)は、
3

4



野中の足が最後まで動くのか心配でしたが、スタミナありました。
43歳であれだけ動き続けることができるのはすごいですね。

1999年11月にデビュー、プロボクサー生活22年目、43歳となってもなお、世界を狙う気持ちは衰えない野中。
ミドル級世界王座への道は相当遠いと思われますが、今後、世界ランカーとの厳しいマッチメイクを勝ち抜くことができれば、世界挑戦の可能性はゼロではないかもしれません。

個人的には、まず、OPBF・日本王者の竹迫司登との対戦を観たいですが…。

大ベテランの今後に注目です。


◆【結果】加納陸 vs. 榮拓海 ~ WBOアジアパシフィック・ライトフライ級タイトルマッチ 2021.07.23

2021.07.23
WBOアジアパシフィック・ライトフライ級タイトルマッチ

王 者 加納 陸
vs.
挑戦者 榮 拓海


加納 陸(23)
これまでの戦績:17勝〈8KO〉4敗1引分

2016.05.08:OPBFミニマム級暫定王座決定戦で、メルリト・サビーリョ《元WBO世界ミニマム級王者》(フィリピン)に2-1(117-111,117-111,113-115)で勝利。

2016.08.20:WBO世界ミニマム級王座決定戦で、高山勝成《3団体で世界ミニマム級王座を獲得》に6R負傷判定0-3(56-59,56-58,55-59)で敗れる。

2017.05.05:WBOアジア太平洋ミニマム級王座決定戦で、ジェリー・トモグダン(フィリピン)に6RKOで敗れる。

2018.08.24:日本ミニマム級王者の小野心に挑戦、8RTKOで敗れる。

2020.11.23:WBOアジアパシフィック・ライトフライ級王座決定戦で、平井亮輝に2-1(116-111,113-114,114-113)で勝利、王座獲得。

榮 拓海(27)
これまでの戦績:22勝〈16KO〉3敗1引分

2013.12.22 全日本ミニマム級新人王獲得。

2016.03.26 日本ミニマム級王者の福原辰弥《2017年にWBO世界王座獲得》に挑戦、0-3(94-98,93-97,93-97)で敗れる。

2018.10.21 日本ミニマム級挑戦者決定戦で田中教仁《2019年に日本王座獲得》に1-2(77-74,76-77,75-76)で敗れる。

その後3連勝。



18歳の若さでOPBF王座を獲得し、おおいに将来が期待されるも、高山との世界戦、WBOアジアパシフィック・ミニマム級王座決定戦、日本王座挑戦で敗れ、苦しい時期が続いた加納ですが、この王座を守れば、WBO王者への挑戦が見えてくるかもしれません。

一方の榮は、下位ではありますが世界ランキングに入っており、さらに上位進出を狙いたいところ。

加納は、WBO5位、IBF11位、榮はWBO15位。
世界に近づくためには絶対に負けられない世界ランカー同士の一戦は 3:46:34に開始。



榮が積極的にパワフルなショートパンチを打ち込み、2Rと5Rにダウンを奪うも、 6R以降は加納が徐々に挽回、9Rに連打で畳みかけレフェリーストップ。
加納の大逆転KO勝利。

8Rまでの公式採点は確認できていませんが、おそらく、榮がリードしていたでしょう。
私の採点 (→採点方法はこちら)は、
1

2



榮は、惜しかったですね。
ダウンを奪った後、一気に畳みかけれなかったのが結果的に響いてしまいました。

それにしても、軽量級とは思えない迫力ある打撃戦でした。


◆【結果】ユーリ阿久井政悟 vs. 桑原拓 ~日本フライ級タイトルマッチ 2021.07.21

2021.07.21
日本フライ級タイトルマッチ

王 者 ユーリ阿久井政悟
vs.
挑戦者 桑原 拓


ユーリ阿久井 政悟(25)
これまでの戦績:15勝〈10KO〉2敗1引分

2017.08.23 中谷潤人《2020年11月にWBO世界フライ級王座獲得》に6RTKOで敗れる。

2018.04.08 矢吹正道《2020年07月に日本ライトフライ級王座獲得》に1RTKO勝利。

2018.10.28 世界ランカーのジェイセベー・アブシード(フィリピン)に8RTKOで敗れる。

2019.10.27 日本フライ級王者決定戦で小坂駿に1RTKO勝利、王座獲得。

2020.10.18 藤北誠也に 3-0(98-92,97-93,99-91)で勝利、初防衛。

桑原 拓(26)
これまでの戦績:8戦全勝〈4KO〉

アマチュアで活躍、東農大卒業後プロ入り。

アマチュアで鍛えたテクニックとスピードが持ち味。

4階級制覇王者で現WBO世界スーパーフライ級王者の井岡一翔と同じ大阪・興国高出身であることから、「井岡2世」と言われる。



1R、阿久井の右ストレートで桑原がダウン。

2R~9R、 阿久井は、桑原のパンチをしっかりガードし、強烈なパンチを打ち込む。
桑原は、フットワークと細かい連打。
9Rを終了して、ほぼ互角。(9Rまでの公式採点は、2-0(86-84,86-84,85-85)で阿久井。)

10R、 ラスト10秒、阿久井が右ストレートがさく裂し桑原がダウン、レフェリーストップ。

お互いが持ち味を発揮した好ファイトでした。

阿久井は、やはりパワーありますね。

プロではタイトルを獲得していない桑原ですが、井上尚弥のスパーリングパートナーを務めるだけあって、その実力は確かでした。
再起を期待したいところです。


◆【結果】佐々木尽 vs. 湯場海樹 ~ 日本ユース・スーパーライト級タイトルマッチ 2021.07.17

2021.07.17
日本ユース・スーパーライト級タイトルマッチ

王 者 佐々木 尽
(19)
10戦全勝〈9KO〉
vs.
挑戦者 日本ユース・ライト級王者 湯場 海樹(22)
7勝〈5KO〉2引分

パワフルなパンチでKOを量産する佐々木に湯場が1階級上げて挑戦。
日本ボクシング界の将来を担う、期待の若手の激突。

1R 大振りのパンチを振り回してくる佐々木に、湯場の左カウンターがヒット、佐々木がダウン。

2R 湯場の左がヒット、佐々木再びダウン。
湯場の攻勢が続いたが、佐々木の左フックが湯場の顎をとらえ湯場がダウン。
なんとか立ち上がるもふらつく湯場を見て、レフェリーがストップ。
佐々木の大逆転TKO勝利。

2度めのダウンの後は、足元がふらつき絶体絶命の大ピンチだった佐々木ですが、一発で試合をひっくり返しました。

勝者の佐々木は、 IBF8位の平岡アンディ(17戦全勝〈12KO〉) と日本スーパーライト級王座決定戦を行う予定になっています。
これも、楽しみなカードです。

ディフェンス面の課題が見えた佐々木ですが、やはりパワーは魅力です。
平岡アンディ戦でも、そのパワーがさく裂するのか注目です。

湯場は、悔しい敗戦となりましたが、タイミングの良い左カウンターは見事でした。
今後の再起を期待したいところです。



この試合は、A-SIGN.BOXING.COMのYou Tubeチャンネルで生放送されましたが、アンダーカードも派手なKO連発で、非常に盛り上がりました。

以前も書きましたが、何日も経ってからド深夜にメインイベントだけ録画放送みたいな、まったくもってファンのことを考えないTVはさっさと衰退してもらって、今回のようなインターネットを活用した放送が広がり、アンダーカードから見れるようになってくれると、ファンにとってはうれしいですね。

◆【結果】中垣 龍汰朗 vs. 花田歩夢 ~ 日本スーパーフライ級ユース王者決定戦 2021.07.08

2021.07.08
日本スーパーフライ級ユース王者決定戦


中垣 龍汰朗(21)
2戦全勝〈2KO〉
vs.
花田 歩夢(19)
6戦全勝〈4KO〉

アマチュア8冠の中垣は、東京五輪予選で敗れ東農大を中退しプロ入り、デビュー後2連勝。

一方の花田は、中学卒業後メキシコに渡り16歳でプロデビュー、4試合戦ったのち日本に戻りました。
2021.04.24に行われたWBC世界ライトフライ級タイトルマッチ、寺地拳四朗 vs. 久田哲也のアンダーカードでマンモス和則と対戦、3-0(58-55,57-56,57-56)で勝利。
この試合も放送されたのでご覧になった方も多いでしょう。

私は初めて花田を見ましたが、終盤はタフな相手に苦しみましたが、序盤の 切れやスピードは素晴らしく、将来が楽しみなボクサーだと感じました。

輝かしい経歴を持ち順調なスタートを切った中垣、あえて厳しい環境のメキシコを選び鍛えてきた花田、今、戦わせるのがもったいないと思うほどの、将来の日本ボクシング界を背負っていくであろう期待の新鋭2人の激突。



カウンターをおそれず積極的に攻撃する花田、花田の隙をついてうまく攻撃する中垣。
期待通りの、緊張感あふれる好ファイトでした。
最後まで、どちらが勝つかわからない接戦。
公式の採点は、中垣1-0(78-74,76-76,76-76)で引き分け。

私の採点 (→採点方法はこちら)は、

6

7



78-74は、ちょっと微妙な感じがします…。

この二人が、将来、もっと大きなタイトルを懸けて対戦することを期待したいところです。


管理人:ボクヲタおやじ
輪島功一、大場政夫、具志堅用高…。少年時代に往年の名ボクサーをテレビで見て、胸が高鳴りました。以来40年以上ボクシングヲタクです。
過去の名勝負なども取り上げていこうと思います。
おことわり
選手名等は敬称略とさせていただいております。
あしからずご了承ください。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
私の採点方法
ちょっと変わった独自の採点方法で勝手に楽しんでます。
⇒詳しくはこちら
月別アーカイブ
Boxingオタクのsports観戦記 - にほんブログ村
お気に入りサイト
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ