boxing 世界戦

◆【結果】アルツール・ベテルビエフ vs. アダム・ダイネス ~ WBC・IBF世界ライトヘビー級タイトルマッチ 2021.03.20

2021.03.20
WBC・IBF世界ライトヘビー級タイトルマッチ

王 者 アルツール・ベテルビエフ
vs.
挑戦者 アダム・ダイネス



アルツール・ベテルビエフ(36:ロシア)
これまでの戦績:15戦全勝〈15KO〉

世界選手権ライトヘビー級で、2007年に銀メダル、2009年に金メダル。
2008年北京五輪、2012年ロンドン五輪に出場。
2013年プロデビュー。

2017.11.11 IBF世界ライトヘビー級王座を獲得。その後2度防衛。
2019.10.18 3度目の防衛戦は、WBC王者オレクサンドル・グウォジク(ウクライナ:17戦全勝〈14KO〉)との統一戦。10RTKOで勝利し、2団体統一。


アダム・ダイネス(30:ドイツ)
これまでの戦績:19勝〈10KO〉1敗1引分

IBF世界ライトヘビー級挑戦者決定戦でメン・ファンロン(中国:14戦全勝〈9KO〉)0-3(110-116,109-117,111-115)に敗れる。



ベテルビエフは、2020年03月に行われる予定だったメン・ファンロンとの防衛戦が新型コロナウイルスの影響で延期となり、その後メンがビザを取得できず、相手がアダム・ダイネスに変更に。

ダイネスとの防衛戦は、ベテルビエフの肋骨骨折や新型コロナ感染で何度も延期され、ようやく実現しました。 



ガードを固めて前進しプレッシャーをかけ、パワフルなパンチを的確に打ち込むベテルビエフ。
1R終盤、ベテルビエフの右フックでダイネスがダウン。
2R以降、ダイネスは果敢に反撃するが、ロープ際に押し込まれる場面が徐々に増える。
10R、ベテルビエフの左フックがクリーンヒットしダイネスがダウン、ダイネスのセコンドがタオルを振り、試合終了。

ダイネスはよく粘りましたが、ベテルビエフの順当勝ちでした。

◆【結果】ローレンス・オコリー vs. クジストフ・グロワッキー ~ WBO世界クルーザー級王者決定戦 2021.03.20

2021.03.20
WBO世界クルーザー級王者決定戦

1位 クジストフ・グロワッキー
 vs. 
2位 ローレンス・オコリー


クジストフ・グロワッキー
(34:ポーランド)
これまでの戦績:31勝〈19KO〉2敗

2015.08.14 WBO世界クルーザー級王者(13度防衛中)のマルコ・フック(ドイツ)に挑戦、11RKO勝利で王座獲得。その後1度防衛。

2016.09.17 オレクサンドル・ウシク《2018年に4団体を統一》(ウクライナ)に0-3(111-117,109-119,111-117)で敗れ王座陥落。

2018.11.10 WBO世界クルーザー級暫定王座決定戦・WBSS1回戦で、マクシム・ブラソフ(ロシア)に 3-0(115-112、117-110、118-110)で勝利、王座獲得。(のちに正規王座に認定)

2019.06.15 WBO世界クルーザー級タイトルマッチ・WBC世界クルーザー級王座決定戦・WBSS準決勝で、マイリス・ブリーディス《元WBC世界クルーザー級王者》(ラトビア)に3RTKOで敗れ、王座陥落。

ローレンス・オコリー(28:英国)
これまでの戦績:14戦全勝〈11KO〉

2016年リオ五輪英国代表。

2020.12.12 WBOインターナショナルクルーザー級王座決定戦に勝利。



2019年6月にグロワッキーに勝利し王者となったマイリス・ブリーディスが、WBOが出したグロワッキーとの再戦指令に従わず、WBSS決勝でIBF王者ジュニエール・ドルティコス(キューバ)と対戦することを選んだため、WBOはブリエディスの王座をはく奪。

ブリーディスの王座はく奪から1年半近く経ち、ようやく王座決定戦。

実績ではグロワッキーですが、これまで全勝のオコリー有利とも言われていました。



オコリーが、左ジャブでグロワッキーの接近を阻止、鋭い右を打ち込み優位に。
6R、オコリーの右がヒットし、グロワッキーがダウン。
立ち上がるもレフェリーがカウントアウト。

オコリーが、元王者グロワッキーに何もさせずに完勝、新王者となりました。

◆【結果】ローマン・ゴンサレス vs. ファン・フランシスコ・エストラーダ ~ WBA(super)・WBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ 2021.03.13

2021.03.13
WBA(super)・WBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ


WBAスーパー王者 ローマン・ゴンサレス(33:ニカラグア)
50勝〈41KO〉2敗
vs.
WBC王者 ファン・フランシスコ・エストラーダ
(30:メキシコ)
41勝〈28KO〉3敗



予想どおり、フルラウンドに亘り激しい打ち合い。
お互いに決定的な場面を作ることはできず、微妙な差のラウンドが多く、かなり難しい判定に。
適確にコンビネーションを当てていたゴンサレスがやや優勢かと思いましたが、結果は、エストラーダが2-1(117-111,115-113,113-115)で勝利、2団体を統一。

私の採点 (→採点方法はこちら)は107-104でゴンサレス。
採点表はこちら

117-111エストラーダはありえないような気がします。

◆【結果】京口紘人 vs. アクセル・アラゴン・ヴェガ ~ WBA(super)世界ライトフライ級タイトルマッチ 2021.03.13

2021.3.13 
WBA(super)世界ライトフライ級タイトルマッチ

スーパー王者 京口 紘人

14戦全勝〈9KO〉
vs.
挑戦者 アクセル・アラゴン・ヴェガ(20:メキシコ)
14勝〈8KO〉3敗1引分



京口が遠い距離でヴェガの接近を許さない戦いをすると思っていましたが、2Rはほぼ頭をつけての接近戦になるなど予想と違う展開でした。

3R以降は、時折接近を許しながらも離れて戦う場面が増え、京口のボディがかなりヒットしていたので、少しづつ京口が主導権を握りつつあるかと思った5R、ヴェガが突如痛がり背を向けて戦意喪失、京口が攻め込んだところにレフェリーが割って入って試合終了。

京口のボディが遅れて効いたのかと思いましたが、ヴェガの右が京口の頭に当たり、拳を痛めたようです。

京口にとっては、やや消化不良でしたが、米国デビューを勝利で飾りました。

◆注目!京口紘人 vs. アクセル・アラゴン・ヴェガ ~ WBA(super)世界ライトフライ級タイトルマッチ 2021.03.13

2021.3.13 
WBA(super)世界ライトフライ級タイトルマッチ

スーパー王者 京口 紘人
vs.
挑戦者 アクセル・アラゴン・ヴェガ



京口 紘人(26)
これまでの戦績:14戦全勝〈9KO〉

2017.07.23 IBFミニマム級王者ホセ・アルグメド(メキシコ)に3-0(116-111,116-111,115-112)で勝利、王座獲得。
2度防衛後、返上。

2018.12.31 WBAライトフライ級スーパー王者へッキー・ブドラー(南アフリカ)に10RTKで勝利、王座獲得。2階級制覇。

2019.06.19 サタンムアンレック・CPフレッシュマート(タイ)に 3-0(117-111,117-111,117-112)で勝利、初防衛。

2019.10.01 久田 哲也に3-0(117-110,116-111,115-112)で勝利、2度目の防衛。

2020.11.03 タノンサック・シムシー(タイ)との3度目の防衛戦が、京口が新型コロナに感染し中止に。


アクセル・アラゴン・ヴェガ(20:メキシコ)
これまでの戦績:14勝〈8KO〉3敗1引分

2019.10.26 WBO世界ミニマム級王者ウィルフレド・メンデス(プエルトリコ)に挑戦、7R負傷判定1-2(67-66,65-68,66-67)で敗れる。
※ メンデスとは、2018.09.28 NABO北米ミニマム級王座決定戦でも対戦、0-3(92-98,91-99,90-100)で敗れている。

2020.08.21 WBA中央アメリカライトフライ級王座決定戦で、2度世界挑戦経験のあるサウル・フアレス(メキシコ)に3-0(100-90,100-90,98-92)で勝利、王座獲得。


ヴェガは2016年に16歳でプロデビューし、まだ20歳。
世界レベルでの実績は少なく実力は未知数のところがありますが、 鋭く踏み込んで思い切り良く振ってくるパンチはスピードがあり、油断できない相手のような気がします。
また、パンチと一緒に頭が入ってくる感じなので、結構やりづらいかもしれません。

BoxRecでは、ヴェガは身長146cm、リーチが147cm。
京口は身長162cm、リーチ163cm。
体格差がかなりありますから、ジャブでしっかり距離を保ち、接近してきたらアッパーみたいな感じでしょうか。
京口が得意とするボディブローは、ヴェガの頭が邪魔な感じなので打ちづらいかもしれませんが、もし当たるようなら、決着は早いかもしれません。

京口は、昨年12月に英国の大手プロモーションのマッチルーム・ボクシングと契約。
米国デビュー戦となるこの試合を、しっかり印象に残る勝利で飾ってほしいところです。

京口と、 メインで登場するローマン・ゴンサレスとの合同練習の様子が動画配信されています。
流れるような動きを見せるロマゴンにも目が行ってしまいますね…。



管理人:ボクヲタおやじ
輪島功一、大場政夫、具志堅用高…。少年時代に往年の名ボクサーをテレビで見て、胸が高鳴りました。以来40年以上ボクシングヲタクです。
過去の名勝負なども取り上げていこうと思います。
おことわり
選手名等は敬称略とさせていただいております。
あしからずご了承ください。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
私の採点方法
ちょっと変わった独自の採点方法で勝手に楽しんでます。
⇒詳しくはこちら
月別アーカイブ
Boxingオタクのsports観戦記 - にほんブログ村
お気に入りサイト
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ