boxing 世界戦

◆井上尚弥 vs ジョンリエル・カシメロ、4/25開催濃厚!

米国の「BoxingScene.com」が、トップランク社と契約したWBAスーパー・IBFバンタム級王者の井上尚弥の初戦は、4/25にラスベガスで、WBOバンタム級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)との統一戦となる可能性が高いと報じました。

これまで、対戦候補としては、カシメロのほか、WBC王者ノルディ・ウーバーリ(フランス)やIBF1位のマイケル・ダスマリナス(フィリピン)が挙がっていました。

ウーバーリにはノニト・ドネア(フィリピン)が挑戦することがほぼ確定でしたので、残るカシメロとダスマリナスのどちらかという状況になっていましたが、やはりカシメロですか。

IBFが指名試合にこだわった場合、井上がカシメロとの統一戦を選べば、最悪の場合IBF王座が剥奪となる恐れもありましたが、団体統一戦ということで特例として回避できたようですから、せっかく獲得した王座を手放さなくてもよくなりました。

カシメロに勝てば3団体の王者となり、夢の4団体統一に向けて一歩前進します。

その後は、ダスマリナスとの指名試合が入るかどうかわかりませんが、WBC王者との統一戦になれば、盛り上がること間違いなしです。

2/8にWBAの正規王者決定戦が、ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)とリボリオ・ソリス(ベネズエラ)との間で行われますが、この王者との対戦は最後でしょうね。

正式発表はまだですが、楽しみです。


【結果!】ジュリアン・ウィリアムス vs ジェイソン・ロサリオ ~ WBAスーパー・IBF世界スーパーウェルター級タイトルマッチ 2020.01.18

2020.01.18
WBAスーパー・IBF世界スーパーウェルター級タイトルマッチ


王 者 ジュリアン・ウィリアムス (29:米国)
27勝〈16KO〉1敗1引分1NC
vs
挑戦者 ジェイソン・ロサリオ (24:ドミニカ共和国)
19勝〈13KO〉1敗1引分

無題











1R 開始からウイリアムスが手数とスピードで上回り、左ジャブ、ワンツーでペースを握る。

2R ロサリオも、ガードを固めプレッシャーをかけワイルドに反撃、終盤に右からの連打がヒット。

3R、4R ウイリアムスが左ジャブ・ワンツーで立て直す。ウイリアムスの右がクリーンヒット。

5R ロサリオの左フックがヒット、一気の猛攻でレフェリーがストップ。 ロサリオが、見事なKO勝利。



ウィリアムスのスピードと手数に苦しみつつも、多少の被弾を恐れず前進して反撃したロサリオが番狂わせを起こしました。

ウイリアムスは、不利予想の中でジャレット・ハード(米国)に勝利し王者となり、そのウイリアムスにロサリオがアップセット、ウイリアムスは1度も防衛できずに陥落。

スーパーウェルター級は、一層混戦模様になってきました。

◆注目! ダニエル・ローマン vs ムロジョン・アフマダリエフ ~ WBAスーパー・IBFスーパーバンタム級タイトルマッチ 2020.01.30

2020.01.30 
WBAスーパー・IBFスーパーバンタム級タイトルマッチ

王 者 ダニエル・ローマン

vs
挑戦者 WBA1位 ムロジョン・アフマダリエフ



ダニエル・ローマン (29:米国)
これまでの戦績:27勝〈10KO〉2敗1引分

2017.09.03 WBAスーパーバンタム級王者の久保隼(12戦全勝〈9KO〉)に挑戦、9RTKO勝利、王座獲得。

2018.02.28 松本亮(21勝〈19KO〉1敗)に3-0(118-110、119-109、119-109) で勝利、初防衛。

2018.06.16 モイセス・フローレス(メキシコ:25戦全勝〈17KO〉)に3-0(116-112,118-110,120-108)で勝利、2度目の防衛。

2018.10.06 ギャビン・マクドネル(英国:20勝〈5KO〉1敗2分)《2度目の世界挑戦。1度目は2017年にレイ・バルガスに0-2で敗戦》に10RTKO勝利、3度目の防衛。

2019.04.26 4度目の防衛戦は、IBF王者TJ・ドヘニー(アイルランド:21戦全勝〈15KO〉)との統一戦。2-0(116-110,116-110,113-113) で勝利、2団体統一。



練習中に左肩を負傷、2019.09.13に予定していたムロジョン・アフマダリエフとの防衛戦は中止。


ムロジョン・アフマダリエフ (25:ウズベキウタン)
これまでの戦績:7戦全勝〈6KO〉

2015年世界選手権で銀メダル、2016年リオ五輪で銅メダル、アマ通算300勝15敗。

2018.11.24 世界ランカーのイサック・サラテ(米国)に9RTKO勝利。
無題











2019.04.26 カルロス・カールソン(メキシコ)《2016年にWBCバンタム級王者の山中慎介に挑戦、7RTKO負け》に3RKO勝利。


ローマンの怪我で延期になっていた指名試合。

アマで輝かしい実績を持つアフマダリエフは、プロではまだ実績が少なく実力未知数ですが、 前後のフットワークが非常に良く、相手のパンチはバックステップでかわし、速い踏み込みから思い切ってパンチを振ってきます。

決して楽な相手ではなさそうな気がしますし、いまのところ、ローマンがやや不利の予想になっているようです。

ローマンがアフマダリエフをどのように攻略するのか注目です。

◆注目!テヴィン・ファーマー vs ジョセフ・ディアス ~ IBF世界スーパーフェザー級タイトルマッチ 2020.01.30

2020.01.30
IBF世界スーパーフェザー級タイトルマッチ
王 者 テヴィン・ファーマー
vs
挑戦者 ジョセフ・ディアス



テヴィン・ファーマー (29:米国)
これまでの戦績:30勝〈6KO〉4敗1引分1NC

2017年4月に上腕の怪我・手術、7月には銃撃されるという苦難を乗り越え辿り着いたIBFスーパーフェザー級王座決定戦で尾川堅一に1-2で敗れたが、尾川から薬物が検出され、無効試合に。

2018.08.03 IBFスーパーフェザー級王座決定戦でビリー・ディブ(オーストラリア)《元IBFフェザー級王者》に 3-0(118-109,119-108,120-107)で勝利、王座獲得。
現在、4度防衛中。

動画は初防衛戦のジェームス・テニーソン(英国)戦。
無題











ジョセフ・ディアス (27:米国)
これまでの戦績:30勝〈15KO〉1敗

2018.05.19 WBCフェザー級王者ゲイリー・ラッセルJr(米国)に挑戦、0-3(113-115,111-117,111-117)で敗れる。

2018.08.11 WBAフェザー級王者ヘスス・M・ロハス(プエルトリコ)に挑戦、計量超過。試合は3-0(115-113,116-112,117-111)でディアスの勝利。

 



2018年10月、12月、2019年は3月、9月と、ハイペースで防衛戦を行っているファーマーの5度目の防衛戦。

判定勝利が多いが、殆どが大差の勝利。
パワーは無いが卓越したディフェンスで防衛を重ねているファーマー。

ディアスは、2015年に現WBA王者レネ・アルバラード(ニカラグア)に3-0で勝利、2016年9月に、前WBA王者アンドリュー・カンシオ(米国)に9RTKO勝利しており、王者クラスの実力を充分に持っている油断できない相手。

ファーマーが、テクニックでさばききれるか注目です。

◆注目!ジュリアン・ウィリアムス vs ジェイソン・ロサリオ ~WBAスーパー・IBF世界スーパーウェルター級タイトルマッチ 2020.01.18

2020.01.18
WBAスーパー・IBF世界スーパーウェルター級タイトルマッチ
王 者 ジュリアン・ウィリアムス
vs
挑戦者 ジェイソン・ロサリオ



ジュリアン・ウイリアムス (29:米国)
これまでの戦績:27勝〈16KO〉1敗1引分1NC

2016.12.10 IBFスーパーウェルター級王者ジャモール・チャーロ(米国:24戦全勝〈18KO〉)《現WBCミドル級王者》に挑戦、5RKOで敗れる。

2019.05.11 WBA(スーパー)・IBF統一王者ジャレット・ハード(米国:23戦全勝〈16KO〉)に挑戦。体格で勝るハードに押し負けず、接近戦でも細かい連打を的確にヒット、2Rにはダウンを奪い、不利予想を覆し 3-0 (116-111,115-112,115-112)で勝利、王座獲得。今回の試合が、初防衛戦。





ジェイソン・ロサリオ (24:ドミニカ共和国)
これまでの戦績:19勝〈13KO〉1敗1引分

2019.04.20 ホルヘ・コタ(メキシコ:28勝〈25KO〉)《現WBA6位》に2-1で勝利。

今回の試合が世界初挑戦。

動画は、2018.08.24 ジャモンテイ・クラーク(米国:13戦全勝〈7KO〉)戦。

現在、ロサリオはWBA9位。
これまで世界王者クラスとの対戦実績はなく、 動画を見ていても、フットワークをあまり使わず、スピードもそれほど感じませんが、 ガードを固めて前進しじわじわプレッシャーをかけるタイプでしょうか。



ウィリアムスもロサリオも、似たタイプに見えますが、 ウィリアムスのハンドスピードやパワーが上回っているような気がしますので、ウィリアムス有利でしょう。

管理人:ボクオタおやじ
輪島功一、大場政夫、具志堅用高…。少年時代に往年の名ボクサーをテレビで見て、胸が高鳴りました。以来40年以上ボクシングオタクです。
過去の名勝負なども取り上げていこうと思います。
おことわり
選手名等は敬称略とさせていただいております。
私の採点方法
ちょっと変わった独自の採点方法で勝手に楽しんでます。
⇒詳しくはこちら
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

お気に入りサイト
記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ