米国女子ゴルフのメジャータイトル、全米女子プロ選手権で、19歳の畑岡奈紗が2位に入る大健闘でした。

23位からスタート、64で回り10アンダーまでスコアを伸ばし首位に並び、3人で争ったプレーオフに敗れ2位となり、樋口久子以来日本女子41年ぶりのメジャー制覇はなりませんでした。

それにしても、最終日、首位と9打差を追いついたのは、すごいの一言です。 

もし勝っていたら、W杯サッカーどころではない快挙だったのですが、本当に惜しかったですね。