boxing 名勝負

【名勝負№45-2】チャベス vs テイラー 、そしてリチャード・スティール ~ WBC・IBF世界スーパーライト級王座統一戦 1990.03.17

1990.03.17
WBC・IBF世界スーパーライト級王座統一戦


WBC王者 フリオ・セサール・チャベス(27:メキシコ)
これまでの戦績:68戦全勝〈55KO〉
vs
IBF王者 メルドリック・テイラー(23:米国)

これまでの戦績:24勝〈14KO〉1分


残りわずか数秒でのチャベスの大逆転KO勝利という、あまりにも劇的な結末。

レフェリーのリチャード・スティールがストップせず再開していれば、まもなく終了のゴングが鳴り、テイラーの勝利となっていたでしょう。

このストップは、スティールがもともとストップの早いレフェリーと言われていたことも含め、様々な議論を呼びました。

もし試合が続行になっていたら、チャベスがとどめの一撃を当てる時間が残っていたかどうかは極めて微妙です。

ただ、その時間がわずかでも残っていたならば、ロープにつかまらなければ立っていられないような状況だったテイラーは、悲劇的な結末を迎える危険性がありました。

スティールは、「あのとき、テイラーに大丈夫かと尋ねたが、彼は答えなかった。もう限界でストップすべき状態だと判断した。時間があろうがなかろうが止める時は止める。人の命より価値のある試合はない。」と語りました。

あのストップに対しては、今でもいろいろな意見があると思いますが、正しい判断と評価すべきストップだったと私は思っています。



KOシーンがボクシングの醍醐味であることに異論はないでしょう。

観客が、わかりやすいKO勝利を求めるのは当然かもしれません。 (特に日本はその傾向が強いような気がします。)

しかし、KOは、しっかりしたレフェリングがなければ、悲惨な結果を招きかねません。

もし、レフェリーのストップが少しでも遅れたら、その後の長い人生に支障をきたすようなパンチを受けるかもしれません。

KOを見たいファン心理があることは理解しますが、ボクサーにとってその代償は小さいものではありません。

スポーツである以上、レフェリーは、勝負が決したと判断できる状況であれば、速やかに試合をストップすることに躊躇があってはいけないと思います。

観客あってのプロスポーツという側面との狭間で、観客が多少消化不良であってもストップするのは実に勇気のいる判断であろうと思いますが、レフェリーの躊躇のあとに残るのは、反撃する意思を失った相手に悲劇的な一撃を与え、そのことで一生精神的な傷を負うかもしれない勝者と、その一撃を浴び崩れ落ち、おそらくはその後輝きを失ってしまうだろう敗者です。

私は、ストップが明らかに遅い過去の試合の動画を見るたび、胸が痛くなります。

ボクシングを愛する者の大多数は、不必要な攻撃の先にある残酷なKOを望んではいないはずです。

残酷なKOは、悲劇しか生みません。

ボクシングは、残酷なKOを見るためのスポーツではないと考えます。

近年は、リング禍防止の観点から、レフェリーは積極的にストップするようになりました。

ストップが早いと批判されても曲げずに信念を貫いたスティールは、その先駆者でした。

スティールが試合後に残した言葉 "No fight is worth a man's life"『人の命より価値のある試合はない。』が尊重され、今につながっているのだと思います。



かの名トレーナー、エディ・タウンゼントもタオルの投入が早いと言われました。

しかし、彼は毅然として、「ボクシングを辞めた後の人生の方が長い。無事に家に帰してあげるのも私の仕事である。」と語っています。

本当に、そのとおりだと思います。




リチャード・スティール: 

中量級のスーパースター、シュガー・レイ・レナード、トーマス・ハーンズ、マービン・ハグラー、ロベルト・デュランらが活躍した1980年代に名レフェリーとして一時代を築き、2014年に、2011年のジョー・コルテス、2013年のミルズ・レーンに続き3人目の国際ボクシング殿堂入りレフェリーとなった。 

1972年から2006年まで507試合、そのうち150試合近い世界戦のレフェリーを務めた。 

日本では、1984.7.5 渡辺二郎vsパヤオ・プーンタラト戦で初来日、その後1999.8.29 ウイラポン・ナコンルアンプロモーションvs辰吉丈一郎戦まで計13試合行っている。 

そのうち5試合が辰吉戦。( vs 薬師寺保栄、 vsビクトル・ラバナレス(2試合)、 vs シリモンコン・ナコントンパークビュー、 vs ウイラポン・ナコンルアンプロモーションⅡ) 

米国で行われた辰吉戦でもレフェリーを務めており、辰吉とは縁が深い。

【名勝負№45】フリオ・セサール・チャベス vs メルドリック・テイラー ~ WBC・IBF世界スーパーライト級王座統一戦 1990.03.17

1990.03.17
WBC・IBF世界スーパーライト級王座統一戦

WBC王者 フリオ・セサール・チャベス
vs
IBF王者 メルドリック・テイラー


この試合は、『The Ring』の1990年ファイト・オブ・ザ・イヤーに選出されました。


フリオ・セサール・チャベス(27:メキシコ)
これまでの戦績:68戦全勝〈55KO〉

1984年にWBCスーパーフェザー級王座を獲得、その後9度防衛。

1987.11.21 WBAライト級王者エドウィン・ロサリオ(プエルトリコ)に挑戦、11RTKO勝利で王座獲得。

1988.10.29 2度目の防衛戦は、WBC王者ホセ・ルイス・ラミレス(メキシコ)との統一戦。 11R負傷判定で勝利、統一王者に。(のちに返上)

1989.5.13 WBCスーパーライト級王者ロジャー・メイウェザー(米国)に挑戦、10RRTD勝利で王座獲得。その後2度防衛中。


メルドリック・テイラー(23:米国)
これまでの戦績:24勝〈14KO〉1分

1988年9月にIBF王座を獲得、その後2度防衛中。



テイラーのハンドスピードが速く、鋭いジャブがチャベスの顔面を捕える。

チャベスは、じわじわプレッシャーをかけるが、テイラーはフットワークでかわす。

動きの速いテイラーをなかなか捕まえることができないチャベスだが、重いパンチでテイラーにダメージを与え、テイラーの顔面が徐々に腫れる。

無敵のチャベスを相手に、手数とスピードで勝るテイラーが優勢を保ち試合が進む。

11Rまでの公式採点は、2-1(104-105,107-102,108-101)でテイラー。

おそらく、ほとんどの観客が「まさか、あのチャベスが負けるのか…」と思いながら迎えたであろう12R、最後にドラマが待っていた。

残り24秒、チャベスのワンツーでテイラーがぐらつく。
テイラーは必死に打ち返すが、チャベスの右でテイラーがダウン。 残り17秒。

何とか立ち上がるが、ロープにつかまり朦朧としているテイラー。
カウント8の後、「大丈夫か?」と2度尋ねるレフェリーのリチャード・スティール。
反応しないテイラー。
次の瞬間、スティールが腕を広げ、試合終了を宣告。

このとき、残り4秒…。
(一般には残り2秒と言われてますが、動画では4秒のときにストップしています。)


劇的な逆転KOとなりました。

テイラーにとっては、あまりに無情なストップでした。

残り時間たった数秒でのストップは、チャベスの無敗記録に忖度したのではないか等、様々な議論を呼びました。

【名勝負№44】デオンテイ・ワイルダー vs ルイス・オルティス Ⅰ ~ WBC世界ヘビー級タイトルマッチ 2018.03.03

2018.03.03
WBC世界ヘビー級タイトルマッチ
王 者 デオンテイ・ワイルダー
vs
挑戦者 ルイス・オルティス


2019.11.23に再戦が行われます。
初戦は激闘でした。


デオンテイ・ワイルダー(33:米国)
これまでの戦績:39勝(38KO)

2008年北京五輪銅メダリスト。

2015.01.17 WBC世界ヘビー級王者バーメイン・スタイバーン(カナダ) に挑戦、3-0(118-109,119-108,120-107)で勝利、王座獲得。キャリア初の判定勝利、デビューからの連続KO勝利は32でストップ。
その後6度防衛。


ルイス・オルティス(39:キューバ)
これまでの戦績:28勝(24KO)2無効試合

2014.09.11 WBA世界ヘビー級暫定王座決定戦でラティーフ・カヨデ(ナイジェリア)に1RTKO勝利し暫定王座を獲得するが、違反薬物が検出され無効試合に。

2015.10.17 WBA世界ヘビー級暫定王座決定戦で、マティアス・アリエル・ビドンド(アルゼンチン)に3RKO勝利、暫定王座獲得。 

※ 2度目の防衛戦で、契約金で揉め対戦を拒否したことから、暫定王座を剥奪される。

※ 2017.11.4にワイルダーへの挑戦が決まったが、9月に行われたドーピングで薬物が検出され、試合は中止に。


ドーピングや契約拒否でゴタゴタの多いオルティスですが、ワイルダーとの無敗同士の対決は、注目を集めました。



オルティスの踏込みが鋭く、ジャブも速い。
ワイルダーは、ジャブでけん制しつつ慎重な立ち上がり。

序盤は、オルティスがじわじわプレッシャーをかけ優勢に試合を進める。

5R、ワイルダーの右ストレートからの連打で、オルティスがダウン。

7Rには、オルティスが猛反撃、ワイルダーをダウン寸前に追い込む。

10R、ワイルダーの連打が炸裂、オルティスがダウン。
オルティス立ち上がるもダメージ残り、ワイルダが猛攻、オルティスが再びダウンしたところでレフェリーがストップ。



中盤からは、どちらが倒れてもおかしくない激しい打ち合いになりました。

オルティスのプレッシャーに後退する場面が目立ったワイルダーは、薄氷の勝利でした。

オルティスにとっては、優勢に試合を進めていただけに、惜しい試合を落としました。

ただ、9Rまでの公式の採点は、三者とも85-84でワイルダー。ちょっと疑義ありというところでしょうか。

動画の中での採点は、8Rまで77-73でオルティス。
無題3













私の採点は、
無題


(→採点方法はこちら)


【名勝負 №43】コウジ有沢 vs 畑山隆則 ~ 1998.03.29 日本スーパーフェザー級タイトルマッチ

1998.03.29 
日本スーパーフェザー級タイトルマッチ
王者 コウジ 有沢
vs
挑戦者 畑山 隆則



コウジ有沢(26)

この試合までの戦績:18戦全勝(15KO)

甘いマスクに似合わぬハードパンチャー。
スロースターターで、序盤のダウンや大ピンチをしのいでの逆転勝利が多く、八重樫東に勝るとも劣らない激闘王。

1996.04.08 日本スーパーフェザー級王座を獲得。
12連続KOで日本タイトル5度防衛中。
もちろん日本タイトル戦6試合はすべてKO勝利。

この試合が6度目の防衛戦。


畑山隆則(22)

この試合までの戦績:21戦20勝(16KO)1分

1996.03.18 OPBF東洋太平洋王座を獲得。
3度防衛に成功。

1997.10.5 WBA世界スーパーフェザー級王者チェ・ヨンス(韓国)に挑戦。
1-1(114-116,114-114,116-114) の引き分けで王座獲得ならず。

この試合が、再起戦。



再起戦としては、普通は安全な相手を選ぶところですが、畑山は、モチベーションを高めるため、日本スーパーフェザー級王者コウジ有沢を相手に選びました。

コウジが王者、畑山が挑戦者ですが、畑山は元OPBF東洋太平洋王者で世界ランキング3位、コウジは世界ランキング外で、畑山のほうが格上でした。

畑山は、世界再挑戦に向けてあえて難敵を選び、コウジにとって、勝てば念願の世界ランキングを手にし世界挑戦の可能性が出てくる一戦は、日本タイトルマッチとしてはTVで異例の生中継、また、両者のファイトマネーも破格で、「史上最大の日本タイトルマッチ」と呼ばれました。

この試合に、余計な解説は不要です。
日本中のボクシングファンの期待に違わぬ、熱い戦いでした。




結果は、畑山が9RTKO勝利。

8Rまでの私の採点は、
無題2

数字にしてまうと畑山の圧勝ですが、熱い男同士の魂のぶつかり合いには、数字では語り尽くせないものがあります。

勝利者インタビューで、畑山は「(世界王者の)チェより強い。今まで僕の中で最強の相手だった」と敗者を称えました。

敗れて王座から陥落したコウジは、その後、再び日本タイトルを獲得し6度防衛しましたが、残念ながら世界挑戦は叶いませんでした。

しかし、国内の強豪と激闘を繰り広げ、ファンの記憶に残る名選手と言えるでしょう。

【名勝負№42】畑山隆則 vs リック吉村 ~WBA世界ライト級タイトルマッチ 2001.02.17

2019.10.01に行われたWBA世界ライトフライ級タイトルマッチ、スーパー王者 京口紘人 vs 挑戦者 同級1位 久田哲也は、世界挑戦が最初で最後かもしれない34歳久田の大健闘が光りました。

ふと、最初で最後の世界挑戦で輝いたボクサーが他にもいたことを思い出しました。

2001.02.17
WBA世界ライト級タイトルマッチ
王者 畑山 隆則
vs
挑戦者 リック 吉村


坂本博之にKO勝利し勢いに乗る畑山のパワーが勝るのか、テクニックのリック吉村が勝るのか。
日本ボクシング史上で初めて、チケットが1か月前にすべて売り切れるほどの注目を集めた試合。


畑山 隆則(25)

これまでの戦績:24勝(19KO)1敗2引分

1996.03.18 OPBF東洋太平洋王座獲得、3度防衛後返上。

1997.10.05 5度防衛中のWBA世界スーパーフェザー級王者チェ・ヨンスに挑戦。 1-1(116-114,114-114,114-116)で引き分け、王座獲得ならず。

1998.03.29 18戦無敗の日本スーパーフェザー級王者コウジ有沢に挑戦。9RTKOで勝利、王座獲得。(その後返上)
※ 無敗同士の対戦は「史上最大の日本タイトルマッチ」と言われ、期待に違わぬ激闘となり、年間最優秀試合に選ばれた。

1998.09.05 チェ・ヨンスに再挑戦、2-0(116-113,114-114,116-113)で勝利、王座獲得。

1999.06.27 2度目の防衛戦で、ラクバ・シン(モンゴル)に5RTKOで敗れ王座陥落。

この後、引退を宣言するが、「平成のKOキング」と呼ばれた坂本博之との対戦を目指し再起。

2000.06.11 WBAライト級王者ヒルベルト・セラノ(ベネズエラ)に挑戦、8RTKO勝利し王座獲得。勝利者インタビューで坂本との対戦を宣言。

2000.10.11 坂本博之に10RKO勝利、初防衛成功。

この試合が2度目の防衛戦。


リック 吉村(36:米国)

これまでの戦績:38勝(20KO)5敗1引分
 5敗のうち、デビュー後2連敗を含む3敗はキャリア初期のもの。

1990.01.23 日本スーパーライト級王座獲得。その後2度防衛。
1991.03.09 スラフ・ヤノフスキーに0-3(96-100,96-99,94-100)で敗れ王座陥落。

1993.09.13 日本ライト級王座獲得。
1993.12.13 坂本博之に9RTKOで敗れ、王座陥落。

1995.01.07 再び、日本ライト級王座獲得。
2000.11.27 嶋田雄大に3-0(97-96,98-94.96-95)で勝利、22度目の防衛に成功。

今回の試合が、世界初挑戦。



日本ライト級王座を22回防衛しながら、米国軍人であるがゆえにスポンサーに恵まれず、世界挑戦のチャンスが巡ってこなかった吉村。

36歳にして、最初でおそらく最後となるであろう世界挑戦の相手は畑山隆則。

畑山は、スーパーフェザー級王者から陥落後引退しましたが、「平成のKOキング」坂本博之との対戦を目指し再起、WBAライト級王座の初防衛戦で戦い、10RKO勝利し、この試合が2度目の防衛戦。

戦前予想は、坂本に勝利し勢いに乗る畑山が圧倒的に有利。

試合の模様はこちら↓


試合開始からぐいぐい前進してくる畑山に左ジャブで対抗する吉村。
お互いそれほど明確な有効打は無いが、序盤は畑山の積極性が目立つ。
中盤に入り、畑山の手数が減り、吉村がペースを握る。
終盤は、畑山が再び攻勢、吉村も応戦し打ち合いに。

公式の採点は1-1(116-111,112-115,114-114)。

畑山は、吉村の左ジャブや接近した時のクリンチに苦しみましたが、終盤の追い上げで何とか引分に持ち込みました。
吉村は、ホールディングの反則での減点がなければ勝っていた非常に惜しい内容でした。
終盤、畑山の猛攻に守りに入ってしまい、追いつかれてしまいました。

私の採点は、
無題



(→採点方法はこちら)

当時は、試合を見ていて、終わった瞬間、「畑山、負けたな…。」と思いました。
あらためて見てみると、畑山もかなり反撃していて、ほぼ互角の内容に思いました。
吉村のパンチがもっと当たっていたような記憶でしたが…。



後のインタビューで「坂本戦で燃え尽きていたのは否めない」と語った畑山。
確かに、拳の怪我の影響もあったとはいえ、やや精彩を欠いたぎりぎりの引き分け防衛でした。

ただ、吉村が、予想をはるかに超える善戦だったことに間違いはないでしょう。


管理人:ボクオタおやじ
輪島功一、大場政夫、具志堅用高…。少年時代に往年の名ボクサーをテレビで見て、胸が高鳴りました。以来40年以上ボクシングオタクです。
過去の名勝負なども取り上げていこうと思います。
おことわり
選手名等は敬称略とさせていただいております。
私の採点方法
ちょっと変わった独自の採点方法で勝手に楽しんでます。
⇒詳しくはこちら
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

お気に入りサイト
記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ