boxing 名勝負

【名勝負№32】具志堅用高 vs リゴベルト・マルカーノ ~1977.05.22 WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ

1977.05.22
WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ
王者 具志堅 用高
vs 
挑戦者 リゴベルト・マルカーノ


具志堅用高(21)

この試合までの戦績:10戦全勝(6KO)

1976.10.10  WBA世界ライトフライ級王者フアン・ホセ・グスマン(ドミニカ共和国)に挑戦、7RKOで勝利し王座獲得。
9戦目での世界王座奪取は当時の国内最短記録。

1977.01.30 ハイメ・リオスに2-1(70-67,73-67,67-71)で勝利、初防衛。

この試合が2度目の防衛戦。


リゴベルト・マルカーノ(27:ベネズエラ)

この試合までの戦績:16勝(9KO)2敗

1975.06.21 WBA世界ライトフライ級挑戦者決定戦でフアン・カヒーニャ(ニカラグア)に2-1(116-113,114-115,116-114)で勝利、挑戦権獲得。

1975.08.23 WBA世界ライトフライ級王座決定戦でハイメ・リオス(パナマ)に0-3(141-148,143-147,141-148)で敗れる。 

その後8連勝。

この試合が2度目の世界挑戦。



序盤、マルカーノはスピードがあり、強打の具志堅と時折激しく打ち合い、緊張感のある展開。

中盤以降は、具志堅のパンチが効いてきたのか、スタミナがないのか、マルカーノは明らかにスピードが落ち、具志堅優勢となりました。

この試合も具志堅の快勝と思いますが、公式の採点は2-1(70-69,75-67,68-72)。

ちなみに、私の採点は、
無題




具志堅は、2度目の防衛に成功。

【名勝負№31】具志堅用高 vs ハイメ・リオス ~1977.01.30 WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ

1977.01.30
WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ
王者 具志堅 用高
vs
挑戦者 ハイメ・リオス



具志堅用高(21)

この試合までの戦績:9戦全勝(6KO)

当時のプロはフライ級が最軽量級であり、具志堅もフライ級で戦わざるを得ず体格差に苦しみましたが、1975年にジュニアフライ級(現ライトフライ級)が新設され、具志堅は、世界10位にランクイン。

1976.01.23 世界同級3位のセサール・ゴメス・キー(アメリカ)と世界王座挑戦者決定戦。
14戦全勝(12KO)の強打者キーに対し、具志堅は2回にダウンを奪った後も終始圧倒して7回KO勝利。

1976.10.10  WBA世界ライトフライ級王者フアン・ホセ・グスマン(ドミニカ共和国)に挑戦、21勝(18KO)1敗、(BoxRecでは25勝(20KO)1敗)、うち初回KO勝ちが11度で”リトル・フォアマン"の異名を持つグスマンの強打にひるむことなく、3度ダウンを奪い7RKOで勝利し王座獲得。



9戦目での世界王座奪取は当時の国内最短記録。

具志堅がグスマンからタイトルを奪った試合は素晴らしいKO勝利でしたが、ジムの宣伝文句である「100年に1人の逸材」は、流石にまだ大げさに感じました。

しかし、その後具志堅は、ライトフライ級が新設されたばかりの階級で選手層が非常に薄かったことも幸運であったと思いますが、13回防衛という未だ破られていない大記録を打ち立てることになり、「100年に1人の逸材」は本物だったと思いました。

そんな輝かしい防衛記録のスタートとなったのがこの試合。


ハイメ・リオス(23:パナマ)

この試合までの戦績:18勝(8KO)2敗1引分

1975.08.23 リゴベルト・マルカーノ(ベネズエラ)に判定勝利、初代のWBAライトフライ級王者に。

1976.01.03 天龍数典を4RKO、初防衛成功。

1976.07.02 ファン・ホセ・グスマンに1-2(145-144,145-146,144-146)の僅差判定で敗れ王座陥落。

この試合で、王座返り咲きを狙う。



具志堅は、3Rにダウンを奪われたが、4R以降は、独特の柔らかいディフェンスをするリオスに対応し快勝。

私の採点は、
無題




公式の採点は、2-1(70-67,73-67,67-71)でした。

この当時はジャッジ2名とレフェリーが採点しており、大抵、ボクサーの国から各1名、残り1名が中立国の構成でした。

当然、自国有利の採点となり、かなり差のある試合でなければ、2-1になるのは珍しくありませんでした。
僅差の試合であれば、中立国のジャッジ(もしくはレフェリー)1人で採点しているのと同じ状況でした。

この試合も、内容は具志堅の快勝だったと思いますが、ジャッジの一人は4ポイント差でリオスです。

今では考えられないですね…。


【名勝負 №30】 パーネル・ウィテカー vs フリオ・セサール・チャベス ~1993.09.10 WBC世界ウェルター級タイトルマッチ

  1993.09.10
WBC世界ウェルター級タイトルマッチ
王者 パーネル・ウィテカー
vs
挑戦者 WBCスーパーライト級王者 フリオ・セサール・チャベス



パーネル・ウィテカー(29:米国)

これまでの戦績:32勝(15KO)1敗

1988.03.12 WBC世界ライト級王者ホセ・ルイス・ラミレス(メキシコ)に挑戦、1-2(117-113,113-118,115-116)で敗れる。

1989.02.18 IBF世界ライト級王者グレグ・ホーゲン(米国)に3-0(120-107,118-109,120-107)で勝利、王座獲得。

1989.08.20 ホセ・ルイス・ラミレス(メキシコ)と再戦。 WBC世界ライト級王座決定戦も兼ねた防衛戦。 3-0(117-111,120-108,120-109)で勝利、WBC王座獲得、IBF王座2度目の防衛に成功。

1990.08.11 WBA王者フアン・ナサリオ(プエルトリコ)と3団体統一戦。 1RKO勝利、WBC3度目、IBF5度目の防衛に成功、WBA王座獲得。 この3団体の王座は、3度防衛し返上。

1992.07.18 IBF世界スーパーライト級王者ラファエル・ピネダ(コロンビア)に挑戦、3-0(116-110,117-108,117-108)で勝利し王座獲得(のちに返上)、2階級制覇達成。

1993.03.06 WBC世界ウェルター級王者ジェームズ・マクガート(米国)に挑戦、 3-0(117-111、115-113、115-114)で勝利し王座獲得、3階級制覇達成。 

この試合が、初防衛戦。


フリオ・セサール・チャベス(31:メキシコ)

これまでの戦績:87戦全勝(72KO)
※動画の試合前の紹介では75KOとなっていますが、BoxRecの数字を採用しました。

1980年2月にデビュー以来13年以上負け知らず、スーパーフェザー級9回、ライト級2回防衛、スーパーライト級を11回防衛中の怪物王者。

この試合で4階級制覇を狙う。



チャベスが、4階級制覇を狙って、フロイド・メイウェザーJrを上回っていたとも言われる芸術的なディフェンスを誇るウィテカーに挑戦。

序盤は、チャベスがプレッシャーをかけ、ウィテカーがかわしながらカウンターや鋭い右のジャブで応戦する展開。

チャベスは積極的に前へ出るが、ウィテカーのディフェンスが上回り有効打を当てることができない。

ウィテカーは、華麗なディフェンスと正確なジャブでチャベスをほぼ完封。

チャベスは、最後までウィテカーのディフェンスを崩すことができないまま試合終了。



私の採点は、
無題




正直、ウィテカーがフルマークに近い内容での勝利と思いますが、公式の採点は、まさかの1-0(115-113,115-115,115-115) でドロー。

チャベスのパンチはほとんど当たっておらず、逆に、ウィテカーはバックステップやサイドステップでチャベスの突進をかわしながらパンチをヒットさせており、なぜこのような結果になったのか理解できませんね。

この試合は米国テキサスで行われましたが、ヒスパニック系移民の多い地域で、ウィテカーのほうがアウェイの状況だったものの、あまりに露骨な地元判定で物議を醸しました。

初防衛に成功したものの、ウィテカーにとっては納得のいかない引分でした。

チャベスは、全勝記録は87で途絶えたものの、無敗を維持しましたが、ウィテカーのスピードに翻弄され、ほぼ一方的な内容だっただけに、難攻不落のチャベスが敗れることも現実味を帯びてきました。

【名勝負 №29】 J・C・チャベス vs F・ランドール ~ 1994.01.29 WBC世界スーパーライト級タイトルマッチ

1994.01.29
WBC世界スーパーライト級タイトルマッチ
王者 フリオ・セサール・チャベス
vs
挑戦者 フランキー・ランドール



フリオ・セサール・チャベス(31:メキシコ)

この試合までの戦績:89勝(74KO)1引分

1980年2月にデビュー以来14年近く負け知らず、スーパーフェザー級9回、ライト級2回、スーパーライト級12回防衛の怪物王者。

この試合が13度目の防衛戦。


フランキー・ランドール(32:米国)

この試合までの戦績:48勝(39KO)2敗1引分

この試合が世界初挑戦。

 

1R、2Rは、チャベスがやや様子見で、手数少ない。
ランドールはチャベスが前進してくるところに正確で速いジャブ、カウンターで対抗。

3R以降、チャベスは徐々にプレッシャーを強め、ボディブローを中心に重いパンチを繰り出す。
ランドールも果敢に応戦。

中盤以降は打ち合いが増え、チャベスのパワーがやや上回っている感じだが、微妙なラウンドが多い。

8R、ランドールがチャンスをつかみ連打。

10R、チャベスは前進してプレッシャーをかけ続けるが、ランドールを捕まえきれず。

11R、ランドールの右ストレートがクリーンヒット、チャベスがキャリア初のダウン。

チャベスは必死に反撃するが、ランドールは足を使いチャベスに決定打を許さず試合終了。



結果は、2-1(113-114,114-113,116-111)でランドールが勝利し王座を奪取。
結果を見ると、チャベスにとっては7R、11Rの減点が痛かったことになります。

チャベスの無敗記録は90で途切れることとなりました。

ちなみに、私の採点は、
無題1




接戦でしたが、11Rのダウンで勝負ありと見ました。

【迷勝負 №2】F・ランドール vs J・M・コッジ ~1996.01.13 WBA世界スーパーライト級タイトルマッチ

1996.01.13 
WBA世界スーパーライト級タイトルマッチ
王者 フランキー・ランドール
vs
挑戦者 フアン・マルティン・コッジ



1994.09.17 王者コッジにランドールが挑戦、3-0(116-108、116-108、115-109) でランドールが勝利し、タイトル奪取。
過去記事:【名勝負 №28】 J・M・コッジ vs F・ランドール ~ 1994.09.17 WBA世界スーパーライト級タイトルマッチ

その後、ランドールは2度防衛。
3度目の防衛戦で再びコッジと対戦。



初戦同様、ランドールがスピードのあるパンチでやや優勢。
ただ、接近した場面ではコッジがやや有利か。

3R、ランドールが足を滑らせバランスを崩したところにコッジのパンチが当たり、ランドールがダウン。 
その後は再びランドールがやや優勢の展開に。

5R、両者の頭が当たりコッジが崩れ落ちる。
暫くすれば回復するかと思いきや、コッジは立ち上がることができないどころか寝込んでしまう。
とうとう酸素吸入しちゃってるし、担架運び込まれちゃってるし…。

確かに、かなり激しく頭が当たりましたが、この状態はちょっと信用できません。
演技に見えます。しかも過剰すぎます。

結局、このまま試合は終了。
4R終了時点での採点で、0-3(38-39,37-38,37-38)でランドールは敗れました。

コッジは、倒し倒されのスリリングで面白い試合が多いのですが、この試合でのコッジは褒めることができません。

エデル・ゴンサレス戦は周囲のインチキでしたが、今回は本人がインチキな感じでした。

ランドールは、全く納得のいかない敗戦となりました。

この後、両者は、1996.08.16にダイレクトリマッチ。
3-0(117-111,115-112,114-113)でランドールが雪辱、王座に返り咲きました。
管理人:ボクオタおやじ
輪島功一、大場政夫、具志堅用高…。少年時代に往年の名ボクサーをテレビで見て、胸が高鳴りました。以来40年以上ボクシングオタクです。
過去の名勝負や他のいろんなスポーツも取り上げていこうと思います。
【選手名等は敬称略とさせていただきます。】

私の採点方法
ちょっと変わった採点方法で勝手に楽しんでます。
⇒詳しくはこちら
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント