boxing 名勝負・迷勝負

◆【名勝負№93】細川バレンタイン vs. ディスティノ・ジャパン ~ 日本スーパーライト級タイトルマッチ 2018.05.07

2018.05.07
日本スーパーライト級タイトルマッチ

王 者 細川 バレンタイン
 vs. 
挑戦者 ディスティノ・ジャパン


細川 バレンタイン(37)
これまでの戦績:22勝〈9KO〉6敗3引分

2008年に日本ライト級新人王獲得。

2013.02.11 : 日本スーパーライト級王者《2度防衛中》の岩渕真也に挑戦、8RTKOで敗れる。

2013.08.18 : OPBFスーパーライト級王者キム・ミヌク(韓国)に挑戦、11RTKOで敗れる。

2016.11.01 : 日本スーパーライト級王者《5度防衛中》の岡田博樹喜に挑戦、0-3(91-99,92-98,92-98)で敗れる。

2017.12.14 : 日本スーパーライト級王者《1度防衛中》の麻生興一に挑戦、3-0で勝利、ついに日本王者に。


ディスティノ・ジャパン(34:ドミニカ共和国)
これまでの戦績:24勝〈22KO〉3敗2引分

2004年アテネ五輪のドミニカ共和国代表。

2009年にドミニカ共和国スーパーライト級王座獲得。(1度防衛)

2016年から、日本を主戦場に。

2017.12.08 : 2017年度日本スーパーライト級最強挑戦者決定戦で勝利、王座挑戦権獲得。



3度目の挑戦で日本王者となった細川の初防衛戦の相手は、 身長差が11cmあり、24勝中22KOと強打を誇るディスティノ・ジャパン。

細川にとっては、非常に危険な相手に思えました。



開始から、細川が積極的に攻撃。

4R、ディスティノ・ジャパンの左フックで細川がダウン、その後、細川の右フックがディスティノ・ジャパンのテンプルにヒット、ダウンを奪い返す。

ディスティノ・ジャパンのダメージが大きく、5R以降もやや足元がふらつき、細川が優勢に試合を進める。

7R、細川のカウンターがクリーンヒット、ディスティノ・ジャパンがダウン、レフェリーがカウント途中でストップ。

見事なTKO勝利で細川が初防衛成功。

世界とのレベルの差はあっても、やはり日本タイトルマッチは熱い試合が多いです。



細川は、3度目の防衛戦で井上浩樹に敗れ王座から陥落。

その後、2020年9月にWBOアジアパシフィック・OPBF・日本ライト級王者吉野修一郎に挑むも、0-3(109-119,109-119,108-120)で敗れました。

2021.07.03に前WBO世界スーパーフェザー級王者伊藤雅雪と対戦予定となっています。

2020.12.26にOPBFスーパーフェザー級王者三代大訓に敗れた伊藤との、ライト級での生き残りをかけた一戦は要注目です。

◆【名勝負№92】マーク・ジョン・ヤップ vs. 益田健太郎 ~ OPBFバンタム級タイトルマッチ 2017.07.30

2017.07.30
OPBFバンタム級タイトルマッチ

王 者 マーク・ジョン・ヤップ(28:フィリピン)
26勝〈12KO〉12敗
vs.
挑戦者 益田 健太郎(34)
27勝〈15KO〉7敗

ヤップは、2016年11月にOPBFバンタム級王者の山本隆寛に挑戦し5RTKOで勝利、王座を奪取。
この試合が初防衛戦。

益田は、2014年に日本バンタム級王座を獲得、3度目の防衛戦で大森将平に3RTKOで敗れ陥落、 2016年3月に再び王座を獲得し2度防衛後返上、OPBF王座に挑みます。



1Rに益田が3度のダウンを奪う。

2R、益田は、圧倒的優位に立ちながら手数が少なく、ヤップは徐々に回復。

3R、スピードが回復してきたヤップのパンチが当たりはじめ、益田がふらつく。

4R、ヤップが連打でダウンを奪い、一気に追撃、再び益田がダウンしたところでレフェリーストップ。

劇的な逆転KO勝利で、ヤップが初防衛に成功しました。

◆【名勝負№91】マシュー・サード・ムハマド vs. ヤキ・ロペス ~ WBC世界ライトヘビー級タイトルマッチ 1980.07.13

1980.07.13
WBC世界ライトヘビー級タイトルマッチ


王 者 マシュー・サード・ムハマド(米国:26)
26勝〈18KO〉3敗2分
vs.
挑戦者 ヤキ・ロペス(メキシコ:29)
49勝〈33KO〉9敗

両者は1978.10.24にNABF北米王者だったムハマドの3度目の防衛戦で対戦。
3Rにロペスがダウン、序盤はムハマドが優位に立つも、中盤以降ロペスが徐々に挽回、ほぼ互角で迎えた11R、ムハマドの連打でロペスがふらついたところでレフェリーストップ。

ロペスに勝利した後WBC王者となったムハマドの4度目の防衛戦で、再びロペスが挑戦。



序盤は、前進するムハマドにロペスのカウンターがヒット、ロペスのペースで試合が進む。
中盤以降、ムハマドが徐々に反撃。
ほぼ互角で迎えた14R、ムハマドの連打でロペスが4度ダウン、レフェリーストップ。

両者とも、打たれたら打ち返す好ファイト。
特に8Rは、形勢がめまぐるしく入れまわる激闘でした。

この試合は、The RingのFight of the yearに選ばれています。

◆【名勝負№90】小林弘 vs. 西城正三 ~ 1970.12.03

1970.12.03

WBA世界スーパーフェザー級王者 小林 弘
vs.
WBA世界フェザー級王者 西城 正三



小林 弘(26)
これまでの戦績:59勝〈10KO〉8敗4引分

1963.08.19 デビュー後19連勝で日本フェザー級王座に挑むも失敗。

1964.04.26 ノンタイトル戦で東洋フェザー級チャンピオン関光徳に判定勝ち、世界ランキング入り。
1964.09.28 日本王座獲得。その後7度防衛。

1967.12.14 WBA/WBC世界スーパーフェザー級王者「精密機械」沼田義明に挑戦、12RKO勝利で王座獲得。
 2度防衛後、WBCとWBAとの分裂によりWBC王座ははく奪されたが、WBA王座を5度防衛中。


西城 正三(23)
これまでの戦績:27勝〈8KO〉5敗2引分

1968.06.06 : WBA世界フェザー級王者ラウル・ロハス(米国:34勝〈22KO〉1敗1分)とノンタイトル戦で2-0(8-2,5-4,5-5)の勝利。

1968.09.27 : WBA世界フェザー級王者ラウル・ロハス(米国)に挑戦、3-0(9-5,12-3,10-5)で勝利、王座獲得。日本人初の海外での世界王座奪取。 1968.11.18 : 帰国第1戦は、昭和43年度の年間最高試合となった、フィリピン同級王者フラッシュ・ベサンデ(18勝〈3KO〉5敗2分)とのノンタイトル戦。
1969.02.09 : ペドロ・ゴメス(ベネズエラ)に3-0(74-68,74-71,74-69)で勝利、初防衛。
その後、ホセ・ルイス・ピメンテル(メキシコ)に2RKO、ゴドフリー・スティーブンス(チリ)に3-0(74-64,73-66,74-66)、フランキー・クロフォード(米国)に2-0(70-67,71-70,69-69)で勝利、防衛回数を4度に伸ばす。



キャリア前半で5敗したものの、その後世界戦5試合を含め13連勝と勢いに乗る西城に、世界王座を5度防衛中の小林。

日本ボクシング史上初の現役世界王者同士の対戦、しかもノンタイトル戦。
今では考えられません。



 解説は、元WBA・WBC世界フライ級王者の海老原博幸。
ゲストが豪華で、プロ野球のレジェンド長嶋茂雄と1970年10月にWBA世界フライ級王座を獲得した大場政夫ですね。

立ち上がりは、互いに速いジャブの応酬で主導権争い。
2R以降、力みからか大振りが目立つ西城に対し、小林が適確にジャブやカウンターを当て、西城の前進を止める。 
中盤に入り、展開を変えたい西城が時折距離を詰め激しい打ち合いに。
小林が右目の上をカットした影響か、左ジャブが当たりだし攻撃にリズムが出てくる西城。
目が離せない打ち合いが続き、終了のゴング。

王者同士のプライドがぶつかった戦いは、 2-1(48-46,48-49,49-46)で小林の勝利。

私の採点 (→採点方法はこちら)は、
3




◆【名勝負№89】ペドロ・ゲバラ vs. 木村悠 ~ WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ 2015.11.28

2015.11.28
WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ

王 者 ペドロ・ゲバラ
vs.
挑戦者 木村 悠


ペドロ・ゲバラ(26:メキシコ)
これまでの戦績:26勝〈17KO〉1敗1引分

2014.12.30 WBC世界ライトフライ級王座決定戦で、ミニマム級、フライ級に続く3階級制覇を狙った八重樫東に7RKO勝利、王座獲得。

2015.04.11 リチャード・クラベラス(フィリピン)に1RTKO勝利。初防衛。

2015.07.04 ガニガン・ロペス《のちにWBC世界ライトフライ級王座獲得》(メキシコ)に3-0(116-112,116-112,117-111)で勝利、2度目の防衛。


木村 悠(32)
これまでの戦績:17勝〈3KO〉2敗1引分

法政大学1年の時に全日本選手権ライトフライ級優勝。

2008.06.21 小野心(ワタナベ)に5RTKOで敗れ、6戦目でプロ初黒星。
その後、「自身を人として成長させ芯から変える」ことを目的に商社に就職。営業マンの仕事とボクシングを両立。

2011.10.15 田口良一《のちのWBAスーパー・IBF世界ライトフライ級王者》に6RTKOで敗れる。

2013.07.06 福原辰弥《のちのWBO世界ミニマム級王者》に3-0(79-73,79-73,79-74)で勝利。

2014.02.01 日本ライトフライ級王座決定戦で堀川謙一《のちに日本王座、OPBF東洋太平洋王座獲得》に2-1(96-95,96-95,94-97)で勝利、王座獲得。3度防衛後返上。



「サラリーマンボクサーが世界挑戦」と話題になった木村は、タイミングの良いカウンターと抜群の距離感で勝利を重ねてきていたものの、17勝3KOの戦績が示す通りパワー不足で、八重樫をKOした左ボディーをはじめ強烈なパンチを打ち込んでくるゲバラには勝てないだろうと言われました。


試合は、立ち上がりから、ゲバラが強烈なパンチをどんどん打ち込み、木村は守勢を余儀なくされ手数が少ない。

序盤は完全にゲバラのペース。
4R終了時の公開採点は、ゲバラ3-0(39-37,39-37,40-36)。

大きくリードされた木村が徐々に反撃、減量苦と言われていたゲバラは中盤からややスローダウンしたものの、  8R終了時の公開採点でもゲバラが2-0(76-76,77-75,79-73)でリード。

その後、スタミナが切れてきたゲバラは足を使ってかわす作戦に出るが、木村の積極性が目立つ形に。
木村は相打ち覚悟で果敢に反撃、木村のボディーブローでゲバラはさらに消耗、木村が徐々にポイントを挽回。

結果は、2-1(115-113,115-113,111-117)で、木村が僅差ながら逆転勝ち。
8R終了時にゲバラ77-75としていたジャッジが、残り4Rすべて木村につけたため逆転。
このジャッジが、1Rゲバラにつけていたら引き分けとなる非常に際どい逆転勝利。

採点に納得がいかないゲバラは、「彼がどうして勝ったのか分からない。外国ではKOしないと勝てないのか。間違った判定だと思う」とコメント。

この試合は、 地上波での放送がなかったため試合内容を確認できずにいましたが、先日、動画を見つけました。
(限定公開となっているため、リンクを貼るのは控えます。)

当時、ゲバラが勝っていたという声も多くありましたが、見てみると、採点は妥当だと思いました。

私の採点 (→採点方法はこちら)は、

無題

1



前半大きくリードされても諦めずに前に出続けた、木村の粘りが光った好ファイトだったと思います。

管理人:ボクヲタおやじ
輪島功一、大場政夫、具志堅用高…。少年時代に往年の名ボクサーをテレビで見て、胸が高鳴りました。以来40年以上ボクシングヲタクです。
過去の名勝負なども取り上げていこうと思います。
おことわり
選手名等は敬称略とさせていただいております。
あしからずご了承ください。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
私の採点方法
ちょっと変わった独自の採点方法で勝手に楽しんでます。
⇒詳しくはこちら
月別アーカイブ
Boxingオタクのsports観戦記 - にほんブログ村
お気に入りサイト
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ