★BOXING

【名勝負№42】畑山隆則 vs リック吉村 ~WBA世界ライト級タイトルマッチ 2001.02.17

2019.10.01に行われたWBA世界ライトフライ級タイトルマッチ、スーパー王者 京口紘人 vs 挑戦者 同級1位 久田哲也は、世界挑戦が最初で最後かもしれない34歳久田の大健闘が光りました。

ふと、最初で最後の世界挑戦で輝いたボクサーが他にもいたことを思い出しました。

2001.02.17
WBA世界ライト級タイトルマッチ
王者 畑山 隆則
vs
挑戦者 リック 吉村


坂本博之にKO勝利し勢いに乗る畑山のパワーが勝るのか、テクニックのリック吉村が勝るのか。
日本ボクシング史上で初めて、チケットが1か月前にすべて売り切れるほどの注目を集めた試合。


畑山 隆則(25)

これまでの戦績:24勝(19KO)1敗2引分

1996.03.18 OPBF東洋太平洋王座獲得、3度防衛後返上。

1997.10.05 5度防衛中のWBA世界スーパーフェザー級王者チェ・ヨンスに挑戦。 1-1(116-114,114-114,114-116)で引き分け、王座獲得ならず。

1998.03.29 18戦無敗の日本スーパーフェザー級王者コウジ有沢に挑戦。9RTKOで勝利、王座獲得。(その後返上)
※ 無敗同士の対戦は「史上最大の日本タイトルマッチ」と言われ、期待に違わぬ激闘となり、年間最優秀試合に選ばれた。

1998.09.05 チェ・ヨンスに再挑戦、2-0(116-113,114-114,116-113)で勝利、王座獲得。

1999.06.27 2度目の防衛戦で、ラクバ・シン(モンゴル)に5RTKOで敗れ王座陥落。

この後、引退を宣言するが、「平成のKOキング」と呼ばれた坂本博之との対戦を目指し再起。

2000.06.11 WBAライト級王者ヒルベルト・セラノ(ベネズエラ)に挑戦、8RTKO勝利し王座獲得。勝利者インタビューで坂本との対戦を宣言。

2000.10.11 坂本博之に10RKO勝利、初防衛成功。

この試合が2度目の防衛戦。


リック 吉村(36:米国)

これまでの戦績:38勝(20KO)5敗1引分
 5敗のうち、デビュー後2連敗を含む3敗はキャリア初期のもの。

1990.01.23 日本スーパーライト級王座獲得。その後2度防衛。
1991.03.09 スラフ・ヤノフスキーに0-3(96-100,96-99,94-100)で敗れ王座陥落。

1993.09.13 日本ライト級王座獲得。
1993.12.13 坂本博之に9RTKOで敗れ、王座陥落。

1995.01.07 再び、日本ライト級王座獲得。
2000.11.27 嶋田雄大に3-0(97-96,98-94.96-95)で勝利、22度目の防衛に成功。

今回の試合が、世界初挑戦。



日本ライト級王座を22回防衛しながら、米国軍人であるがゆえにスポンサーに恵まれず、世界挑戦のチャンスが巡ってこなかった吉村。

36歳にして、最初でおそらく最後となるであろう世界挑戦の相手は畑山隆則。

畑山は、スーパーフェザー級王者から陥落後引退しましたが、「平成のKOキング」坂本博之との対戦を目指し再起、WBAライト級王座の初防衛戦で戦い、10RKO勝利し、この試合が2度目の防衛戦。

戦前予想は、坂本に勝利し勢いに乗る畑山が圧倒的に有利。

試合の模様はこちら↓


試合開始からぐいぐい前進してくる畑山に左ジャブで対抗する吉村。
お互いそれほど明確な有効打は無いが、序盤は畑山の積極性が目立つ。
中盤に入り、畑山の手数が減り、吉村がペースを握る。
終盤は、畑山が再び攻勢、吉村も応戦し打ち合いに。

公式の採点は1-1(116-111,112-115,114-114)。

畑山は、吉村の左ジャブや接近した時のクリンチに苦しみましたが、終盤の追い上げで何とか引分に持ち込みました。
吉村は、ホールディングの反則での減点がなければ勝っていた非常に惜しい内容でした。
終盤、畑山の猛攻に守りに入ってしまい、追いつかれてしまいました。

私の採点は、
無題



(→採点方法はこちら)

当時は、試合を見ていて、終わった瞬間、「畑山、負けたな…。」と思いました。
あらためて見てみると、畑山もかなり反撃していて、ほぼ互角の内容に思いました。
吉村のパンチがもっと当たっていたような記憶でしたが…。



後のインタビューで「坂本戦で燃え尽きていたのは否めない」と語った畑山。
確かに、拳の怪我の影響もあったとはいえ、やや精彩を欠いたぎりぎりの引き分け防衛でした。

ただ、吉村が、予想をはるかに超える善戦だったことに間違いはないでしょう。


【結果】ゲンナジー・ゴロフキン vs セルゲイ・デレビャンチェンコ ~IBF世界ミドル級王座決定戦 2019.10.05

2019.10.05
IBF世界ミドル級王座決定戦
1位 セルゲイ・デレビャンチェンコ
vs
3位 ゲンナジー・ゴロフキン



セルゲイ・デレビャンチェンコ(33:ウクライナ)

これまでの戦績:13勝(10KO)1敗

2018.10.27 IBF世界ミドル級王座決定戦でダニエル・ジェイコブス(米国)に 1-2(114-113,112-115,112-115)で敗れる。

2019.04.13 元WBA世界スーパーウェルター級王者ジャック・クルカイ(ドイツ) に3-0(116-112,115-113,116-112)で勝利。


ゲンナジー・ゴロフキン(37:カザフスタン)

これまでの戦績:39勝(35KO)1敗1引分

2010年にWBA王座を獲得以降、IBF、WBCを統一。

2017.03.18 ゴロフキンがスーパー王者に格上げとなった後、WBA正規王者となり4度防衛していたダニエル・ジェイコブス(米国)に3-0 (114-113,115-112,115-112)で勝利、3団体統一王座を防衛。
 
2017.09.16 スーパーウェルター級・ミドル級の2階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)と対戦、1-1(110-118,115-113,114-114)で引分け防衛。

2018.09.15 サウル・アルバレスと再戦、0-2(113-115,114-114,113-115)で敗れ王座陥落。

アルバレスに敗れるまでミドル級に8年間に亘り君臨、ミドル級王者歴代最多タイにならぶ 20戦連続防衛、史上最多タイの17戦連続KO勝利を達成。



  IBF王座は、2015.10.17に、ゴロフキンがデビッド・レミュー(カナダ)に8RTKOで勝利し統一王座に吸収していましたが、昨年来、複雑な経過をたどっています。

まず、ゴロフキンがデレビャンチェンコとの指名試合を回避し王座剥奪される。

2018.10.27 ダニエル・ジェイコブス(米国)とデレビャンチェンコが決定戦を行い、ジェイコブスが勝利し王者に。

2019.05.04 ゴロフキンに勝利しWBA・WBC統一王者となっていたサウル・アルバレスがジェイコブスに勝利し3団体を統一。

その後、デレビャンチェンコとの防衛戦が期限までにまとまらなかったため王座剥奪となる。

その結果、ゴロフキンとデレビャンチェンコが王座決定戦を行うことになりました。



戦前予想は圧倒的にゴロフキン有利ですが、ゴロフキンに0-3 (113-114,112-115,112-115) の接戦で敗れたジェイコブスは、デレビャンチェンコには2-1(113-114,115-112,115-112)で僅差の勝利で、ほぼ互角と見られるだけに、そう簡単な相手ではないとも言われていました。

試合の模様はこちら↓
無題












【試合経過】
1Rにゴロフキンが連打でダウンを奪う。
3Rあたりから、デレビャンチェンコが軽快に動き、手数で優勢に。
中盤は、デレビャンチェンコのペースで進む。
終盤、ゴロフキンがじわじわ前進しプレッシャーをかけるが、大振りのパンチはデレビャンチェンコにかわされ、逆に細かいパンチを浴びる場面も。

【結果】 
3-0(115-112,115-112,114-113)でゴロフキン。
採点が割れた微妙なラウンドが多く、ボクシングシーンは115-112でデレビャンチェンコを支持するなど、ゴロフキンにとっては薄氷の勝利でした。

私の採点は、
1
(→採点方法はこちら)

ゴロフキンはパワフルなパンチを当ててはいましたが、全体的な印象としてはデレビャンチェンコのほうが良かった感じでした。

ゴロフキンもさすがに衰えたのかとも思いましたが、デレビャンチェンコの動きが良く、そう見えたのかもしれません。

勝利し王座についたゴロフキンは、年齢的にあまり時間が残されていないだけに次の対戦相手が気になるところです。
また、アルバレスと決着をつける時が来るのかも注目です。

【結果】中谷潤人 vs ミラン・メリンド

114ポンド契約10回戦
前日本フライ級王者 中谷 潤人
vs
元IBF世界ライトフライ級王者 ミラン・メリンド



中谷 潤人(21)

これまでの戦績:19戦全勝(14KO)

2018.04.15 世界ランカーのマリオ・アンドラーデ(メキシコ)に8R負傷判定 3-0(80-72,79-74,80-73)で勝利、世界ランキング入り。
 
2019.02.02 黒田雅之が返上した日本フライ級王座を、望月直樹と争い、9RTKO勝利で王座獲得。
(2019.07.23 日本王座返上。)

現在、WBA2位、WBC3位、IBF11位、WBO3位。



ミラン・メリンド(31:フィリピン)

これまでの戦績:37勝(13KO)4敗

2013.07.27 WBAスーパー・WBO世界フライ級王者フアン・エストラーダに挑戦、0-3(109-117,109-118,109-118)で敗れる。

2015.05.30 IBF世界ライトフライ級王者ハビエル・メンドサ(メキシコ)に挑戦、6R負傷判定 0-3(53-59,52-60,52-60)で敗れる。

2016.11.26 八重樫東の怪我により設置されたIBF世界ライトフライ級暫定王座をファーラン・サックリン・ジュニア(タイ)と争い、3-0(115-113×2,117-111)で勝利し王座獲得。

2017.05.21 正規王者の八重樫東と王座統一戦。1RTKO勝利で王座統一に成功。

2017.09.16 元WBA世界ミニマム級スーパー王者ヘッキー・ブドラーに2-1(117-110,115-112,113-115)で勝利、2度目の防衛に成功。

2017.12.31 WBA世界ライトフライ級王者の田口良一と王座統一戦。0-3(111-117×2,112-116)で敗れる。

2018.10.07 WBC世界ライトフライ級王者拳四朗に挑戦、7RTKO負け。



中谷にとっては世界前哨戦となる、経験豊富な元IBFライトフライ級王者ミランドとの、内容が問われる試合。



結果は、中谷が6RTKOで勝利。
メリンドに、ほぼなにもさせない快勝でした。

これで、世界に一歩近づきました。


ちなみに、現在のフライ級世界王者は、
WBAがアルテム・ダラキアン(ウクライナ)19戦全勝(14KO)、3度防衛中。
IBFはモルティ・ムザラネ(南アフリカ共和国)38勝(25KO)2敗、2度防衛中。
WBOは、田中恒成 14戦全勝(8KO)、2度防衛中。 

WBCは、2019.08.31に行われた、王者チャーリー・エドワーズ(英国)と1位フリオ・セサール・マルティネス(メキシコ)の試合で、マルティネスが3RKOしたものの、ダウン後の攻撃で無効試合となり、再戦の予定でしたが、エドワーズが減量苦を理由に10月に王座返上したため、空位となりました。
マルティネスと、2位の前王者クリストファーロサレス(ニカラグア)の王座決定戦になりそうです。

WBCでは中谷は3位ですから、もしかしたら近いうちに挑戦のチャンスが巡ってくる可能性もあるかもしれません。


◆京口 vs 久田 激闘を終えて…

昨日行われたWBA世界ライトフライ級タイトルマッチは、京口紘人が判定で久田哲也に勝利し、防衛を果たしました。

京口のパワーが上回り、早いラウンドでのKOもあるかと思われた試合。
しかし、試合が始まってみると互角の打ち合いで、2Rには京口の膝が揺れる予想外の展開。
最後まで壮絶な打ち合いを繰り広げました。

紆余曲折の末に日本人で最も遅い46戦目での世界挑戦にたどり着いた久田の意気込みは並々ならぬものがあったでしょう。
久田の勝利への執念が、TV解説の長谷川穂積氏が「もうすぐ35歳でできるボクシングではない。」と驚いた激しい打撃戦を可能にしたのかもしれません。

8Rまでの公式の採点は1-0(77-75,76-76,76-76)で京口リードと僅差だっただけに、久田にとっては9Rのダウンが悔やまれます。

最後に勝負を分けたのは、戦前予想されたパワーの差ではなく、スタミナの差でした。
京口は、久田の攻撃に苦しみながらも、最後までパンチを出し続けました。

京口は、「自分の中でいいキャリアになった。強い選手だった」。
一方、敗れた久田は、引退をほのめかしつつ、「めっちゃしんどかったけど、最後まで諦めんでやれた。やっぱりチャンピオンは強かった。」



マスコミの扱いは残念ながら大きくはありませんが、ボクシングファンの間では長く語り継がれる名勝負であったと思います。

日本人対決では、これまで、辰吉丈一郎vs薬師寺保栄、井岡一翔vs八重樫東、田中恒成vs木村翔などの名勝負がありますが、この試合も、その一つに数えて良いでしょう。

京口は、他団体との王座統一戦を視野に入れながら、「ファンに期待される試合が実現できるよう、もっともっと努力するだけ」「もっと上に行くのが自分に課されていることだと思う」と、謙虚で前向きな発言。

昨日の一戦は予想以上の苦戦でしたが、これを糧に更に強い王者になっていくことを期待したいところです。

敗れたはしたものの、強打の京口と果敢に打ち合った久田は、家族の皆さんには「とてもかっこいいパパ」に見えたのではないでしょうか。
年齢を考えると最初にして最後になるかもしれない世界挑戦で、驚くほどの輝きを見せてくれました。

ボクシングファンで良かったと思う素晴らしい試合を見せてくれた両者に感謝。

【結果】京口紘人 vs 久田哲也 ~ WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ 2019.10.01

2019.10.01
WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ
スーパー王者 京口 紘人
vs
挑戦者 同級1位 久田 哲也

緊張気味ながら引き締まった良い表情の久田。
対照的に落ち着いた表情の京口。

京口のパワーに久田がどう対抗できるか注目。

試合の模様はこちら。↓


1R:京口が鋭いジャブを見せる。京口のパワーに久田が押される展開が予想されたが、久田は下がらず、互角の滑り出し。

2R:京口が徐々にプレッシャーをかけるが、久田のカウンターで京口の腰が落ちる。

3R:京口、体を振りながらジャブで立て直しを図る。

4R:京口がガードを固めじわじわプレッシャーをかけ、手数を出す。久田はやや攻撃が単調か。

5R:久田のカウンタを警戒してか、得意のボディが当たる距離になかなか入れない京口。お互いディフェンスが堅く、クリーンヒットを許さない。

6R:京口のカウンターがヒット、久田がぐらつくが必死に反撃。

7R:久田の右アッパーがクリーンヒット。両者手を休めることがない凄まじい打ち合い。

8R:久田がアッパーを混ぜながら攻撃。京口も手を休めない。

9R:京口の右アッパーから右フックで久田ダウン、京口が一気に攻勢をかけるが久田が粘る。

10R:久田が前進し細かいパンチで反撃するが、ラウンド終盤に京口のパンチがクリーンヒット。

11R:京口の手数が多く久田が押され気味。久田はやや疲れが出てきたか。

12R:ポイントでは不利な久田が必死の攻撃。京口は足を使ってかわす。

フルラウンド、両者全く手を休めず、クリンチのない凄まじい打ち合いで試合終了。

素晴らしい激闘でした。



公式の採点は、3-0(115-112,116-111,117-110)で京口の防衛。

私の採点は、
京口・久田


(→採点方法はこちら)


久田は、敗れはしたものの素晴らしい闘志を見せてくれました。
京口は、なかなか思ったとおりのボクシングができない中でも、攻撃の多彩さと手数で上回りました。

久田の健闘を讃え、久田の分まで頑張ると言った京口。
これからもっと強い素晴らしいチャンピオンになっていってくれると思います。

管理人:ボクオタおやじ
輪島功一、大場政夫、具志堅用高…。少年時代に往年の名ボクサーをテレビで見て、胸が高鳴りました。以来40年以上ボクシングオタクです。
過去の名勝負なども取り上げていこうと思います。
おことわり
選手名等は敬称略とさせていただいております。
私の採点方法
ちょっと変わった独自の採点方法で勝手に楽しんでます。
⇒詳しくはこちら
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
QRコード
QRコード
アーカイブ
  • ライブドアブログ