★BOXING

【名勝負№82】クレイジー・キム vs ハビエル・アルベルト・ママニ ~ 2006.10.26

 2006.10.26

WBC世界スーパーウェルター級8位
クレイジー・キム

25勝〈22KO〉3分
vs
WBA世界スーパーウェルター級8位
WBC世界スーパーウェルター級13位
ハビエル・アルベルト・ママニ(アルゼンチン)

29勝〈16KO〉)5敗1分

キムは、これまで3度日本スーパーウェルター級王者に挑戦(大東旭、河合丈矢、吉野弘幸)し敗れていましたが、2002.10.10 王者河合丈矢の目の病気により設置された暫定王座決定戦で、石田順裕《のちにWBA世界スーパーウェルター級暫定王座獲得》に3-0(97-96,97-95,97-94)で勝利、王座獲得(のちに正規王座に認定)。

その後急成長し、OPBF東洋太平洋王座やWBCアジア王座を獲得。
吉野に敗れてからは17連勝。  

日本王座は石田との再戦を含め6度防衛し返上。
OPBF東洋太平洋王座は、3度防衛し返上。
WBCアジアスーパーウェルター級王座は1度防衛し返上。

スーパーウェルター級は、世界的には非常に層が厚く(ちなみに、この当時のWBC王者がオスカー・デラホーヤ)、 日本人にとって世界王座はかなり遠い階級ですが、実績のある世界ランカーであるママニに勝ち更にランキングが上がれば、わずかながら世界挑戦の可能性も出てくるかもと思われた重要な一戦。

一方、2006年6月にWBA世界王座挑戦者決定戦で敗れ、巻き返しを図るママニ。



スピードとフットワークはママニだが、キムはじわじわプレッシャーをかけボディブローをヒット。
ママニは長い腕から鋭いカウンターを繰り出すが、キムはうまくかわす。
お互いにディフェンスが良く、拮抗したラウンドが続く。
わずかにキム優勢で迎えた最終10ラウンド中盤、ママニの左がクリーンヒット、ぐらつくキム。
そして試合終了直前、ママニの右がヒット、キムがダウン…。

KOタイム3:09…。
僅差ながら勝利かと思われたキム、わずか残り1秒で無念の逆転KO負け…。
9Rまでの採点は87-86,88-86,88-85でキム。
立ち上がって試合が終わればドローでした…。



その後、キムは、2007.07.17 3階級上のライトヘビー級でOPBF東洋太平洋王者ヒース・ステントン(オーストラリア)に挑戦、3-0(116-112,117-112,118-111) で勝ち王座獲得、ヨネクラジムの先輩西澤ヨシノリが失ったベルトを奪還。

2007.11.20 WBCアジアスーパーミドル級王座決定戦・OPBF東洋太平洋スーパーミドル級暫定王座決定戦でズルフィカル・ジョイ・アリ(フィジー)に6RKO勝利、日本人初のOPBF東洋太平洋3階級制覇、WBCアジア2階級制覇を達成。

このあと、ダニエル・ロベット(オーストラリア)とWBA世界スーパーミドル級王者ダニー・グリーン(オーストラリア)への挑戦者決定戦が行われる予定でしたが、グリーンの引退で消滅…。
世界への道が遠のきました。

2008.07.30 元世界王者の世界ランカー、アンソニー・マンディン《WBAスーパーミドル級王座を2度獲得。1度目は西澤ヨシノリを相手に1回防衛。2度目の王座は4度防衛後に返上。》(オーストラリア)と対戦。
勝てば、世界への道が再び見えてくるところでしたが、ダウンを奪ったものの0-3(92-98,91-98,91-99)で敗れ、引退しました。

◆IBF 最新ランキング 2020.07

IBFの最新ランキングです。
※ 一部簡略化(各階級10位(日本人ランカーは15位)まで記載)していますので、詳細はIBFのホームページをご確認ください。

新型コロナの影響で試合がほとんど行われず、ランキングの変動もなかったのでさぼっていましたが、久々に更新します。
なお、順位変動は、3月との比較です。

スーパーバンタム級:
エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)が返上したWBO王座を8/1に獲得したアンジェロ・レオ(米国)がランキングから除外。
勅使河原弘晶が3ランクアップし3位に。

スーパーフライ級:
7/22に日本王座の初防衛に成功した中川健太(19勝〈12KO〉3敗1分)が3ランクアップ、11位に。

ライトフライ級:
7/25に、OPBF東洋太平洋ライトフライ級王座決定戦で冨田大樹との世界ランカー対決に勝利した堀川謙一が2ランクアップし10位に。


2007 IBF

【名勝負№81】ホルヘ・リナレス vs オスカー・ラリオス ~ WBC世界フェザー級王座決定戦 2007.07.21

2007.07.21
WBC世界フェザー級王座決定戦

ホルヘ・リナレス
vs
オスカー・ラリオス


オスカー・ラリオス(30:メキシコ)
これまでの戦績:59勝〈37KO〉5敗1引分

2001.01.19 WBC世界スーパーバンタム級王者ウィリー・ホーリン(米国)に挑戦、0-3(113-115,113-115,113-115)で敗れる。

2002.05.17 ホーリンの負傷で設置されたWBC世界スーパーバンタム級暫定王座決定戦で、1997年に1RKO負けしているイスラエル・バスケス《のちのWBC・IBF統一世界スーパーバンタム級王者》(メキシコ)に12RTKO勝利、暫定王座獲得。

2度目の防衛戦は正規王者ホーリンとの団体内統一戦。1RKOで雪辱、正規王者に。
この後、防衛回数を9度に伸ばす。
※ 日本人では、福島学(8RTKO)、仲里繁(2回:3-0、3-0)、石井広三(2RTKO)が敗れている。

2005.12.03 イスラエル・バスケスと3度目の対戦。3RTKOで敗れ、10度目の防衛に失敗、王座陥落。

2006.07.02 再起戦は、スーパーフェザー級に階級を上げて、WBCインターナショナルスーパーフェザー級王者マニー・パッキャオ《フライ級・スーパーバンタム級2階級制覇王者。後に6階級制覇》(フィリピン)に挑戦、0-3(106-120,108-118,110-117)で敗れる。
その後、階級をフェザー級に。


ホルヘ・リナレス(21:ベネズエラ)
これまでの戦績:23戦全勝〈14KO〉

これまで、WBAラテンアメリカ王座スーパーバンタム級とフェザー級、WBA中米フェザー級王座を獲得。
世界初挑戦。



これまで4度日本のリングに登場、挑戦者を次々と退けてきたラリオス。
帝拳ジムに所属し、ほとんどの試合を日本で行ってきたリナレス。
日本でも良く知られた2人が、ラスベガスの大舞台のセミファイナルで対戦。
ベテランのラリオスが貫禄を見せるか、ヤングプロスペクトのリナレスの勢いが勝るか注目。



1~3R、リナレスは、ラリオスの前進をバックステップやサイドステップでかわし、的確に高速ジャブや連打を当てる。ラリオスは前進するもパンチの精度が低い。

4~5R、リナレスのスピードに対応したラリオス、徐々にパンチも当たり、ほぼ互角の展開に。

6R、ギアを上げたリナレスの連打がヒット、ラリオスが後退。

8R、リナレスが、強烈なボディブローからの連打。

10R、リナレスの連打で、ラリオスがついにダウン。 立ち上がったが、ダメージが深いとみてレフェリーがストップ。

見事なKO勝利で、リナレスが王座につきました。

公式の9Rまでの採点は、2-1(87-84,85-86,89-82)でリナレス。
ちなみに、私の採点 (→採点方法はこちら)は、
無題







ラリオスは、リナレスの高速パンチをかなり浴びながらも前進し続けました。
非常に勇敢でタフでした。
ラリオスの前進にポイントをつけたジャッジもいました。(ジャッジは有効打が最優先なので、ちょっとおかしいと思いますが…)

なお、ラリオスは、 2008.05.31 リナレスの怪我のため設置された暫定王座決定戦でフェイデル・ビロリア(コロンビア)に5RTKO勝利し、暫定王座を獲得、2階級制覇を達成。
その後1度防衛しています。(リナレスが減量苦を理由に王座を返上したため、正規王者に昇格。)

【名勝負№80】フアン・カルロス・サルガド vs 内山高志 ~ WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ 2010.01.11

2010.01.11
WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ

王 者 フアン・カルロス・サルガド
vs
挑戦者 内山 高志



内山 高志(30)
これまでの戦績:13戦全勝〈10KO〉

アマチュアでは、2001年から3年連続日本選手権ライト級優勝。
2007年9月にOPBF東洋太平洋フェザー級王座獲得、その後5度防衛中。
世界初挑戦。


フアン・カルロス・サルガド(メキシコ:25)
これまでの戦績:21勝〈15KO〉1分

2009.10.10 ホルヘ・リナレス《2階級制覇王者》(ベネズエラ:27戦全勝〈18KO〉)に挑戦、1RTKO勝利し王座獲得。(『The Ring』 2009 Upset of the year )
この試合が初防衛戦。


内山は、破壊力のあるパンチでKOの山を築き、アジアでは無敵でしたが、世界レベルで通用するのか注目。



内山が長いリーチを活かしたジャブと得意の左ボディで有利に試合を進め 、最終ラウンドにサルガドからキャリア初のダウンを奪い、その後、怒涛の連打でレフェリーストップ。

右が、力みからか空振りが多かったものの、最後はパンチの破壊力で試合を決めました。

なお、11Rまでの採点は、3-0(107-102,107-102,106-103)で内山でした。
ちなみに、私の採点 (→採点方法はこちら)は、
無題






見事なKO勝利で王者となった内山は、その後11度防衛する名王者となっていきます。

サルガドは、敗れはしたものの、時折放つボディーブローはなかなか強く、フットワークを使い手数が増えた中盤は、内山が攻めあぐねる場面もありました。

リナレス戦があっという間に終わってしまい、また、内山に敗れ、実力を疑問視する声もありましたが、 この後、2011年9月にIBF王座を獲得し3度防衛、実力を証明しています。

【名勝負№79】ホルヘ・リナレス vs フアン・カルロス・サルガド ~ WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ 2009.10.10

2009.10.10
WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ

王 者 ホルヘ・リナレス
(24:ベネズエラ)
27戦全勝〈18KO〉
vs
挑戦者 フアン・カルロス・サルガド(24:メキシコ)
20勝〈14KO〉1分

リナレスは、 2007.07.21 WBC世界フェザー級王座決定戦で、オスカル・ラリオス(メキシコ)《元WBCスーパーバンタム級王者(9度防衛)、のちにWBCスーパーフェザー級王座を獲得し2階級制覇》に10RTKO勝利、王座獲得。

2007.12.15 ガマリアル・ディアス《2012年に粟生隆寛に3-0で勝利、WBC世界スーパーフェザー級王者となる》(メキシコ)に8RKO勝利、初防衛。

2008.11.28 WBA世界スーパーフェザー級王座決定戦でワイベル・ガルシア(パナマ)に5RTKO勝利で王座獲得し2階級制覇達成。その後1度防衛。

この試合が2度目の防衛戦。

世界戦4試合をすべてKO勝利、破竹の勢いのリナレスに対し、 サルガドは地域王者レベルで、不敗ではあったものの対戦相手に世界レベルの相手はなく、当然、リナレスの圧倒的有利と予想されました。


開始45秒、サルガドの左ロングフック一発で勝負は決しました。
あまりにあっけない幕切れでした。
動画は無音声ですが、実況では、あまりに唐突なダウンに、左フックの返しの空振りした右が当たったと思ったようです。


余裕の勝利が予想されたリナレスが1RTKOで敗れ王座陥落。
この試合は、『The Ring』の2009年「Upset of the year」に選ばれています。
 
この後、 リナレスは、2014年にWBCライト級王者となり、3階級制覇を達成します。
サルガドは、内山との防衛戦へ向かいます。


管理人:ボクオタおやじ
輪島功一、大場政夫、具志堅用高…。少年時代に往年の名ボクサーをテレビで見て、胸が高鳴りました。以来40年以上ボクシングオタクです。
過去の名勝負なども取り上げていこうと思います。
おことわり
選手名等は敬称略とさせていただいております。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
私の採点方法
ちょっと変わった独自の採点方法で勝手に楽しんでます。
⇒詳しくはこちら
月別アーカイブ
Boxingオタクのsports観戦記 - にほんブログ村
お気に入りサイト
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ