★BOXING

◆注目!元WBAスーパー・IBF統一スーパーウェルター級王者 ジャレット・ハード vs フランシスコ・サンタナ ~ 2020.01.25

2020.01.25

元WBAスーパー・IBF統一スーパーウェルター級王者
ジャレット・ハード
vs
フランシスコ・サンタナ



ジャレット・ハード (29:米国)
これまでの戦績:23勝〈16KO〉1敗

2017.02.25 IBFスーパーウェルター級王座決定戦で、《2018.12にジャーメル・チャーロに勝ちWBC王者となる》トニー・ハリソン(米国)に9RTKO勝利、王座獲得。

2017.10.14 《元WBA王者(4度防衛)》オースティン・トラウト(米国)に10RRTDで勝利、初防衛。

2018.04.07 WBAスーパー王座を7度防衛中のエリスランディ・ララ(キューバ)に2-1(114-113,114-113,113-114)で勝利、2団体統一。

2018.12.01 ジェイソン・ウェルボーン(英国)に4RKO勝利、WBAスーパー王座初防衛、IBF王座3度目の防衛。

2019.05.11 ジュリアン・ウィリアムス(米国)に 0-3(111-116,112-115,112-115) で敗れ王座陥落。

今回の試合が再起第1戦。




フランシスコ・サンタナ (33:米国)
これまでの戦績:25勝〈12KO〉7敗

2011.05.13 《のちにジャレット・ハードを破りWBAスーパー・IBF王者となる》ジュリアン・ウィリアムス(米国:6戦全勝〈4KO〉)と引分け。

2011.10.07 《のちのWBC王者》ジャーメル・チャーロ(米国:15戦全勝〈7KO〉)に0-3で敗れる。

2013.12.06 《元WBA王者》ヨアキム・アルシン(カナダ)に3-0(99-90,99-90,100-89)で勝利。

2015.04.25 《のちのWBO王者》サダム・アリ(米国:21戦全勝〈13KO〉)に0-3(93-97,90-100,93-97)で敗れる。

2016.07.23 《2018.10にWBOウェルター級王者テレンス・クロフォード(米国)に挑戦(12RTKO負け)する》ホセ・ベナヴィデス(米国:24戦全勝〈16KO〉)に0-3で敗れる。

2018.04.27 《2017.05.20にWBC・WBO統一スーパーライト級王者テレンス・クロフォード(米国) に挑戦、10RRTDで敗れた》フェリックス・ディアズ(ドミニカ共和国:19勝〈9KO〉2敗1引分)に、2-0(96-94,98-92.95-95)で勝利。

動画は、0-3(92-98,94-95,92-97)で敗れた、2019.03.09 アベル・ラモス(米国)戦。




ハードは、階級違うんじゃないのかと思うほどの恵まれた体格を活かし、ぐいぐい攻撃するスタイルで強豪を倒してきましたが、接近戦のテクニックで上回るジュリアン・ウイリアムズに敗れ王座陥落となりました。

サンタナは、ガードを固めて前進し接近戦を挑むスタイルで、敗戦が多いものの王者クラスとの対戦経験もあり、決して簡単な相手ではないと思います。

ただ、身長・リーチともハードが大きく上回っており、パワーでもハードが勝っていると思いますので、サンタナにとっては、鋭く踏み込んで接近戦に持ちこめるかどうかが鍵になりそうです。

予想は、やはり、ハードのKO勝利でしょうか。

◆WBO最新ランキング 2020.01

WBOの最新ランキングです。表の右欄は先月からの比較などです。
※ 一部簡略化(各階級10位(日本人ランカーは15位)まで記載)していますので、詳細はWBOのホームページをご確認ください。

ヘビー級:
12/21にダニエル・デュボア(英国)に敗れた藤本京太郎が15位からランク外に。

クルーザー級:
WBOが指令した前王者クシシュトフ・グウォヴァツキ(ポーランド)との再戦指令に従わず、WBSS決勝戦のユニエル・ドルティコス(キューバ)との試合を優先したマイリス・ブリエディス(ラトビア)の王座剥奪。

ライトヘビー級:
サウル・アルバレス(メキシコ)が王座返上。

バンタム級:
ノニト・ドネア(フィリピン)が4位にランクイン。
12/28のIBFスーパーフライ級挑戦者決定戦で敗れた石田匠が3位からランク外に。

フライ級:
田中恒成がスーパー王者に認定されるというニュースが流れましたが、ランキングに反映されるのは来月ですね。
12位だったアジア太平洋王者の坂下優友がランク外に。

ライトフライ級:
13位だったアジア太平洋王者の富田大樹(14勝〈5KO〉1敗)がランク外に。


2001 WBO

◆井上尚弥 vs ジョンリエル・カシメロ、4/25開催濃厚!

米国の「BoxingScene.com」が、トップランク社と契約したWBAスーパー・IBFバンタム級王者の井上尚弥の初戦は、4/25にラスベガスで、WBOバンタム級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)との統一戦となる可能性が高いと報じました。

これまで、対戦候補としては、カシメロのほか、WBC王者ノルディ・ウーバーリ(フランス)やIBF1位のマイケル・ダスマリナス(フィリピン)が挙がっていました。

ウーバーリにはノニト・ドネア(フィリピン)が挑戦することがほぼ確定でしたので、残るカシメロとダスマリナスのどちらかという状況になっていましたが、やはりカシメロですか。

IBFが指名試合にこだわった場合、井上がカシメロとの統一戦を選べば、最悪の場合IBF王座が剥奪となる恐れもありましたが、団体統一戦ということで特例として回避できたようですから、せっかく獲得した王座を手放さなくてもよくなりました。

カシメロに勝てば3団体の王者となり、夢の4団体統一に向けて一歩前進します。

その後は、ダスマリナスとの指名試合が入るかどうかわかりませんが、WBC王者との統一戦になれば、盛り上がること間違いなしです。

2/8にWBAの正規王者決定戦が、ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)とリボリオ・ソリス(ベネズエラ)との間で行われますが、この王者との対戦は最後でしょうね。

正式発表はまだですが、楽しみです。


◆注目!2階級王者ダニー・ガルシア vs イヴァン・レドカッチ ~ 2020.01.25

2020.01.25

元WBAスーパー・WBC世界スーパーライト級王者
元WBC世界ウェルター級王者
ダニー・ガルシア
vs
イヴァン・レドカッチ


ダニー・ガルシア (31:米国)
これまでの戦績:35勝〈21KO〉2敗

2012.03.24 WBCスーパーライト級王者《4階級王者、通算14回防衛》エリック・モラレス(メキシコ:52勝〈36KO〉7敗)に挑戦、3-0(117-110,116-112,118-109)で勝利、王座獲得。

2012.07.14 WBAスーパー王者《5度防衛中》アミール・カーン(英国:26勝〈18KO〉2敗)との統一戦。4RKO勝利、王座統一。

2012.10.20 エリックモラレスとの再戦。4RKO勝利で王座防衛。

2013.04.27 《元2階級王者》ザブ・ジュダー(米国:42勝〈29KO〉7敗)に3-0(116-111,114-112,115-112)で勝利、WBA2度目、WBC3度目の防衛。

2013.09.14 WBC暫定王者《2度防衛中。のちにWBAウェルター王座獲得し2階級制覇》ルーカス・マティセー(アルゼンチン:34勝〈32KO〉2敗)に3-0(114-112,115-111,114-112)で勝利、WBA3度目、WBC4度目の防衛。

2014.03.15 マウリシオ・エレラ(米国)に2-0(116-112,116-112,114-114)で勝利、WBA4度目、WBC5度目の防衛。(のちに返上)

2015.04.11 《IBFスーパーライト級王者》ラモン・ピーターソン(米国)とノンタイトル戦。2-0(114-114,115-113,115-113)で勝利。

2015.08.01 《元WBAウェルター級王者、元2階級王者》ポール・マリナッジ(米国)に9RTKO勝利。

2016.01.23 WBC世界ウェルター級王座決定戦で、《元4階級王者》ロバート・ゲレーロ(米国33勝〈18KO〉3敗1分)に 3-0(116-112,116-112,116-112)で勝利、王座獲得。

2017.03.04 WBA王者《6度防衛中》キース・サーマン(米国:27戦全勝〈22KO〉)と統一戦。1-2(112-116,113-115,115-113)で敗れる。

2018.02.17 《元WBAライト級王者》ブランドン・リオス(米国)に9RTKO勝利。

2018.09.08 WBC世界ウェルター級王座決定戦で、《元IBF王者》ショーン・ポーター(米国:28勝〈17KO〉2敗1分)に0-3(112-116,113-115,113-115)で敗れる。

無題














イヴァン・レドカッチ (33:ウクライナ)
これまでの戦績:23勝〈18KO〉4敗1引分1NC

2015.06.13 WBC世界ライト級挑戦者決定戦で《のちのWBC王者》デジャン・ツラティカニン(モンテネグロ:20戦全勝〈13KO〉)に4RTKO負け。

2016.07.30 《現IBFスーパーフェザー級王者》テヴィン・ファーマーに 0-3(90-98,90-98,89-99)で敗れる。

2017.05.02 《元スーパーフェザー級王者》アルヘニス・メンデス(ドミニカ共和国)に1-2(95-94,93-96,94-95)で敗れる。

2017.12.15 2度世界挑戦経験のあるジョン・モリナ(米国)に4RKO負け。

2019.06.01 《元2階級王者》デボン・アレキサンダー(米国)に6RKO勝利。

無題


















ガルシアは、WBC・IBF統一王者エロール・スペンスJrへの挑戦が噂されていましたが、スペンスが交通事故により長期離脱となったことでセットされた一戦。

WBCは暫定王座を設置しない方向のようなので、この試合に勝てば次戦でスペンスへの挑戦となりそうです。

思い切りの良いパワフルな左右フックのカウンターと打たれ強さで多くの強豪を破ってきたガルシアは、スピードがありフットワークを使うボクサーをやや苦手にしている印象はありますが、レドカッチはオーソドックスなスタイルなのでかみ合うでしょうね。

レドカッチは元王者のアレキサンダーに勝利し勢いがありますが、やはり、予想はガルシアのKO勝利です。

さて結果や如何に。 

◆WBC 最新ランキング 2020.01

WBCの最新ランキングです。表の右欄は先月からの比較などです。
※ ダイアモンド王座は表示していない、正規の運用と思われない暫定王座は表示していない、各階級10位(日本人ランカーは15位)までの記載としている等、一部簡略化していますので、詳細はWBCの公式ホームページをご確認ください。

スーパーウェルター級:
トニー・ハリソンに雪辱したジャーメル・チャーロ(米国)が王座咲き。 敗れたハリソンは3位。
井上岳志が15位にランクイン。

ライト級:
吉野修一郎が15位にランクイン。

フェザー級:
スーパーバンタム級4位だった亀田和毅が15位にランクイン。

スーパーバンタム級:
12/31のWBOアジア太平洋スーパーバンタム級王座決定戦で1RTKO負けした久我勇作が8位からランク外に。

スーパーフライ級:
12/28のIBF世界スーパーフライ級挑戦者決定戦で敗れた石田匠が3ランクダウン。

フライ級:
フリオ・セサール・マルティネス(メキシコ)が王座決定戦で勝利し王座獲得。
敗れたクリストファー・ロサレス(ニカラグア)は6位にダウン。

ライトフライ級:
矢吹正道(10勝〈10KO〉3敗)が12位にランクイン。

ミニマム級:
ライトフライ級4位だった高橋悠斗が5位にランクイン。
ただし、高橋は現日本ライトフライ級王者で3月に矢吹正道の挑戦を受ける予定。
重岡銀次朗が14位にランクイン。

2001 WBC

管理人:ボクオタおやじ
輪島功一、大場政夫、具志堅用高…。少年時代に往年の名ボクサーをテレビで見て、胸が高鳴りました。以来40年以上ボクシングオタクです。
過去の名勝負なども取り上げていこうと思います。
おことわり
選手名等は敬称略とさせていただいております。
私の採点方法
ちょっと変わった独自の採点方法で勝手に楽しんでます。
⇒詳しくはこちら
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

お気に入りサイト
記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ