最近の採点方法は10点法で、基本的に、ラウンドごとに優劣をつけるのが主流ですよね。
で、ちょっとでも優勢なら10-9。
かなり優勢でも10-9。
ダウンとったら10-8。
ダウン2回とったら10-7。
私は10-6はこれまで見たことがありませんが、ダウン2回とって反則の減点があったりすれば見ることがあるかもしれませんね。
これじゃあ、はっきり言って4点法ですし。残りの6点は意味ないです…。

たとえば、ダウンを取ったラウンドが4つあって、残り8ラウンドはとても微妙な10-9で取られたとしたら、採点はドローです。
うーん。こんな採点では、試合内容をきちんと反映できませんよね。

まあ、以前と違い、ジョー小泉さんも言っている通り、「明らかに取ったラウンドも僅差で取ったラウンドも同じ」ルールでやってるんだから仕方ないですが、採点の幅のなさが物議を醸す判定を生む要因にもなっているのではないかと思います。

ということで、私は、今の採点を基本的に倍にすれば良いのではと思います。

多少優劣があった程度なら10-9。
はっきり優劣がある時は10-8。
ダウンとったら10-6。
ダウン2回とったら10-4。

も少し応用して、ダウンしてなくても一方的であれば、また、ダウンとってもスリップ程度であれば10-7でいかがでしょうか。
さらに応用して、ダウン1回とって、その後もほぼ一方的に攻めたら、ダウンで4点、はっきり優勢で2点を加え10-4とか。
ダウン2回とって、更に相手がへろへろになるまで攻めたときは10-2とか。
ダウン1回とったけど、反撃にあってかなり劣勢になったら、8-6ですかね。

お互いに有効打がなく差のないラウンドは、やはり10-10ということで。
ただ、かなり打ち合って互角であれば、ダメージの程度で9-9とか、8-8もありかと。

ただ、10点法は、どちらかを10にするのが基本らしいので、この採点方法は通常だとありえないですが…。

こんな感じにすると、試合の内容を反映できて、優劣がはっきり出るような気がします。

そういえば、以前、微妙なラウンドは10-9.5みたいなことも実験的に行われたことがありますが、浸透しませんでしたね。
計算が面倒だからでしょうか…。

ジャッジが相手を取り違えてとんでもない誤審になったタイトルマッチもあり、ジャッジちゃんとしろよ、とあきれてしまうレベルですから、私の採点方法は複雑すぎますかね。。。






 
 
応援のクリックありがとうございます

にほんブログ村>