The RINGの、2022.11.12付ランキングです。
※ ランキングは不定期で更新されていますが、このブログではおおむね月に1回程度更新しています。

◆ランキング表はこちら
※ 表の右欄は、2022.10.15からの変動等です。
※ The RINGが認定していない王座も追記しています。
※ (S):スーパー王座、(F):フランチャイズ王座、(暫):暫定王座。

Pound For Pound:
11/5に、1位のヒルベルト・ラミレスに勝利し王座防衛に成功したWBA(super)王者ドミトリー・ビボルが、1ランクアップし6位に。

クルーザー級
11/19に約3年ぶりの防衛戦を行うアルセン・グラムイリアンが、7位にランクイン。

ライトヘビー級:
11/5に、1位のWBA(super)王者ドミトリー・ビボルが、ヒルベルト・ラミレスに勝利し王座防衛に成功。
敗れたラミレスは、1ランクダウンし4位に。

スーパーミドル級:
11/5に、アイドス・イエルボスヌイに勝利し王座防衛に成功したWBA王者デイビッド・モレルが、2ランクアップし4位に。

ミドル級:
11/12に、5位のWBO王者ジャニベック・アリムハヌリが、デンゼル・ベントレーに勝利し王座防衛に成功。

ライト級:
10/29にジョセフ・ディアスに勝利したウィリアム・セペダが、1ランクアップし6位に。
敗れたディアスは、4ランクダウンし10位に。

スーパーフェザー級:
11/5に、IBF王者決定戦でシャフカッツ・ラヒモフがゼルファ・バレットに勝利し新王者に。

バンタム級:
10/15に、1位のエマヌエル・ロドリゲスがゲイリー・アントニオ・ラッセルに勝利。
敗れたラッセルは、3ランクダウンし7位に。

スーパーフライ級:
WBOフライ級王座を返上した中谷潤人が、11/1にフランシスコ・ロドリゲスJrに勝利、フライ級1位からスーパーフライ級7位にランクイン。
敗れたロドリゲスは、3ランクダウンし10位に。

フライ級:
11/1にフェリックス・アルバラードに勝利し王座防衛に成功したIBF王者サニー・エドワーズが、2ランクアップし1位に。
ユーリ阿久井政悟が、10位にランクイン。

ライトフライ級:
11/1に岩田翔吉に勝利し防衛に成功したジョナサン・ゴンサレスが、1ランクアップし1位に。
11/1に、RING王者でWBA(super)王者の京口紘人に勝利し王座を統一したWBC王者の寺地拳四朗が新RING王者に。
敗れた京口は、2位に。

ストロー級:
重岡優大が、1ランクアップし9位に。







 
 
 

にほんブログ村>