2022.06.14
日本ライト級タイトルマッチ

王者 宇津木 秀

10戦全勝〈8KO〉
vs.
挑戦者 富岡 樹
7勝〈2KO〉5敗1分

宇津木は、アマチュアで、2017年度日本社会人トーナメント優勝など、108戦81勝。
2020.02.08に日本ライト級王者の鈴木雅弘(7戦全勝〈4KO〉)に挑戦、9RTKO勝利で王座獲得。

一方の富岡はこれまで5敗していますが、OPBF王者の中谷正義《のちに世界4団体ライト級統一王者テオフィモ・ロペスや元世界3階級王者ワシル・ロマチェンコと対戦》、元日本スーパーライト級王者の岡田博喜、日本ライト級王者の吉野修一郎といった強豪が含まれており、敗れた相手の戦績の合計は63勝4敗。
吉野からはダウンを奪うなど大善戦しており、戦績の数字だけで実力を低く見ることはできません。





元トップアマで快進撃を続ける宇津木と、敗れてはいるものの強敵に立ち向かってきた富岡との激突は好ファイト必至と思われました。

前半は、富岡がジャブを的確にヒット、プレスをかける宇津木に接近戦でも打ち負けず、やや優勢に試合を進め、5R終了後の公開採点では三者とも48-47で富岡。

6R以降、やや疲れが見え始めた富岡に対し宇津木が更にプレスを強め、8Rに連打で富岡をふらつかせたところでレフェリーストップ。

スタミナで勝る宇津木が、8RTKO勝利で初防衛に成功しました。
ライト級は世界のレベルが非常に高く、日本国内にも中谷や吉野といった強豪がいますが、宇津木がどこまで行けるか注目です。

富岡は、王座獲得はなりませんでしたが、序盤の戦いは素晴らしく大善戦でした。
また、強豪との熱い戦いを期待したいところです。

それにしても、染谷路朗レフェリーは本当に安定感あります。
ストップのタイミングが、いつも絶妙ですね。






 
 
 

にほんブログ村>