The RINGの、2022.01.01付ランキングです。
※ ランキングは不定期で更新されていますが、このブログではおおむね月に1回程度更新しています。

◆ランキング表はこちら
※ 表の右欄は、2021.12.04からの変動等です。
※ The RINGが認定していない王座でも追記しているものがあります。
※ (S)はスーパー王座、(F)はフランチャイズ王座、(暫)は暫定王座。

ライトヘビー級:
12/11に、WBA(super)王者ドミトリー・ビボルがウマール・サラモフに勝利、10度目の防衛に成功。

ミドル級:
WBA挑戦者決定戦でセルゲイ・デレビャンチェンコを破ったカルロス・アダメスが8位にランクイン。敗れたデレビャンチェンコは5ランクダウン、9位に。
村田諒太が1ランクアップ、5位に。

スーパーウェルター級:
WBA挑戦者決定戦で勝利したイズライル・マドリモフが9位にランクイン。

ウェルター級:
12/11にコンチネンタル王座の6度目の防衛に成功したコナー・ベンが9位にランクイン。
12.11に、WBO6位のクドラティロ・アブドゥカホロフを破ったコディ・クローリーが10位にランクイン。

ライト級:
12/にWBA王者ジェルボンテ・デイビスに挑戦、善戦したイサック・クルスが3ランクアップ、6位に。12/11にワシル・ロマチェンコに敗れたリチャード・コミーが4ランクダウン、9位に。


スーパーバンタム級:
12/11にIBF挑戦者決定戦で勅使河原弘晶を破ったマーロン・タパレスが9位にランクイン。
勅使河原は7位からランク外に。

バンタム級:
12/14に、WBA(super)・IBF王者の井上尚弥が、アラン・ディパエンに勝利、WBA6度目、IBF4度目の防衛に成功。
12/11に、WBC王者のノニト・ドネアが暫定王者レイマート・ガバリョを破り初防衛に成功。

スーパーフライ級:
12/31に、WBO王者の井岡一翔が福永亮次に勝利、4度目の防衛に成功。

フライ級:
12/11にジェイソン・ママに勝利、IBF王座の初防衛に成功したサニー・エドワーズが1ランクアップし3位に。

ストロー級:
12/14にウィルフレド・メンデスに勝利、WBO王座を獲得した谷口将隆が4ランクアップ、4位に。
敗れたメンデスは1ランクダウン、5位に。
ビック・サルダールに勝利、WBA王座を獲得したエリック・ロサが8位にランクイン。
敗れたサルダールは4ランクダウン、9位に。
重岡銀次朗が1ランクダウン、10位に。
重岡優大が10位からランク外に。12/14に、
WBA(super)王者のノックアウト・CPフレッシュマートが、ロベルト・パラデロに勝利、14度目の防衛に成功。






 
 
 

にほんブログ村>