2021.09.25
WBA(super)・IBF・WBO世界ヘビー級タイトルマッチ

王 者 アンソニー・ジョシュア
(31:英国)
これまでの戦績:24勝〈22KO〉1敗
vs.
挑戦者 オレクサンドル・ウシク 
(34:ウクライナ)
これまでの戦績:18戦全勝〈13KO〉



序盤は、ウシクが上体のスピーディな動きでジョシュアのジャブをかわし、踏み込んでこつこつパンチを当てる。

中盤以降、ジョシュアが手数を増やしペースを握ったかに見えたが、終盤はウシクが攻勢に出て、最終ラウンドは連打でジョシュアをロープ際に詰める。

公式採点は、3-0(117-111、116-112、115-113)でウシク。

私の採点 (→採点方法はこちら)は、

無題


1



ジョシュアのジャブをかわし続けたウシクのスピードとディフェンスの勝利でした。

ジョシュアが、体格差を活かして、チゾラのようにガードを固めて体ごとプレッシャーをかければ、もっと違った展開になったと思いますが、 打たれ脆いジョシュアは、被弾する危険性が高い戦法を避け、遠くで闘うことを選択したのだと思います。

ジョシュアにとっての誤算は、ウシクのディフェンスが素晴らしくジャブをほとんどヒットすることができなかったことでしょうか。
逆に、ウシクは、ほぼ想定通りの戦いができたのだと思います。

すでに、ジョシュアは、再戦条項を行使しウシクとの再戦に臨む考えを明らかにしているようです。
次戦は、ジョシュアがもっと積極的な戦い方をすると思うので、かなり激しい試合になりそうな気がします。







 
 
 

にほんブログ村>