2021.09.22
WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ

王 者 寺地 拳四朗
18戦全勝〈10KO〉
vs.
挑戦者 1位 矢吹 正道

12勝〈11KO〉3敗

序盤、ジャブで距離を取る拳四朗に対し、矢吹が的確にパンチをヒットし、ポイントをリード。
中盤はほぼ互角の展開、8R公開採点でも矢吹がリード。
9R、10Rの拳四朗の猛反撃をしのぎ、矢吹の連打がヒットし、レフェリーストップ。

矢吹が10RTKOで、安定王者の拳四朗から見事に王座を奪取!

情報をざっと集めると、こんな展開だったようです。

拳四朗有利と見ていたので、意外な結果でした。
試合の模様は、WOWOWでじっくり観戦したいと思います。



8R終了時の公式採点は、矢吹3-0(79-73,78-74,77-75) 。
ちなみに、日刊スポーツの採点は、77-75で寺地。
試合をまだ見てないので何とも言えないけど、ちょっと違和感。







 
 
 

にほんブログ村>