2021.06.12
WBO世界スーパーフェザー級暫定王者決定戦

1位 前WBO世界フェザー級王者 
シャクール・スティーブンソン
(23:米国)
15戦全勝〈8KO〉
vs.
2位 
ジェレミア・ナカティラ
(31:ナミビア)
21勝〈17KO〉1敗



カウンターを狙うスティーブンソン、スティーブンソンのハンドスピードに対応できず攻めることのできないナカティラ。

レフェリーに何度も注意されるほどお互いにパンチを出さずにらみ合っている時間が長く、時々スティーブンソンが出す左ストレートが当たる展開が続き、終了のゴング。

4Rのダウンも、ひっかけてナカティラがバランスを崩して倒れた感じで、全体的にはまったく盛り上がらない、スティーブンソンらしい試合内容でした。

結果は、スティーブンソンがフルマークで勝利、暫定王者に。

このスタイルでは、スティーブンソンは人気でないでしょうね…。








 
 
 

にほんブログ村>