新型コロナ、収まる気配ないですね。
再び、ボクシングの興行にも影響が出てきました。

5月22日と23日に墨田区総合体育館で開催される予定だった以下の試合は、緊急事態宣言発令に伴い体育館が休館になるため中止、6月、7月の後楽園ホールでの興行に延期されるようです。

日本ミニマム級タイトルマッチ
王 者 谷口 将隆
vs.
挑戦者 仲島 辰郎

WBOアジアパシフィック&日本スーパーフライ級タイトルマッチ
WBOアジアパシフィック・日本王者 福永 亮次
vs.
挑戦者 藤井 貴博

WBOアジアパシフィック・ミニマム級タイトルマッチ
王 者 重岡 銀次朗
vs.
挑戦者 川満 俊輝

日本バンタム級王者決定戦
1位 澤田 京介
vs.
2位 定常 育郎

日本スーパーライト級ユースタイトルマッチ
王 者 佐々木 尽
vs.
挑戦者 湯場 海樹

他に予定されている興行は、 緊急事態宣言延長にあたりイベントの規制が緩和されたため、有観客(収容人数の半分)で開催されるようなので、以下のタイトルマッチは予定通り行われるようですね。

5.19 日本ミドル級タイトルマッチ
王 者 竹迫 司登
vs.
挑戦者 国元 陸

5.20 OPBF&WBOアジアパシフィック・ウェルター級タイトルマッチ
OPBF王者 豊嶋 亮太
vs.
WBOアジアパシフィック王者 別府 優樹

5.21 OPBF&WBOアジアパシフィック・フェザー級タイトルマッチ
OPBF王者 清水 聡
vs.
WBOアジアパシフィック王者 森 武蔵



国は、飲食店を悪者にして、時短とか酒類提供禁止とかピントの合わないコロナ対策で補償金垂れ流しです。
コロナ対策として一番重要なのは、マスクを外したり他人の飛沫を浴びる環境にいないようにすることのはずで、国や報道機関はそれを徹底的に発信するべきなのに、まったく情報発信能力がない状態。
ピントのずれた対策をいくら講じても、本質から外れた情報をいくら流しても、収まるはずがありません。

国が飲食店を悪者にするから、外ならいいんでしょとか言って、路上で飲んだり、バーベキューしたりして感染広げるおバカさんが出てくる始末です。
今感染したらろくに治療も受けられないかもしれないのに、そんなことも想像できず酒飲んで騒いでいる頭の悪い人がいるのは、悲しいとしか言えません。

本当は、国民一人一人が本質を見極め、正しい方向に応用して対応すべきなのですけど、逆ですね。

飲食4人以下で黙食をと言われても、根拠に乏しいのが透けて見えますから、だんだん言うこと聞かなくなってきていますね。
2人でも3人でも、飛沫かけ合う状況を作らないようにというならわかりますが、 全然説得力がありません。
こんな感じでは、収まるものも収まりません。

あくまでざっくりした推計値ですが、現在の日本の感染状況は、英国やメキシコを上回ってきている状況です。
2

上のグラフの右隅を拡大したものが、下のグラフです。
3


オリンピックも無理でしょうね。
国は、オリンピックを開催したいなら、もっときちんとした対策を講じ徹底的に抑えこむべきでした。

中途半端な状態で無理矢理始めた「GOTO・・・」も、愚策としか言えません。

今となっては、ワクチン接種が進み、徐々に終息に向かうことを祈るしかありませんね…。







 
 
 

にほんブログ村>