WBAの最新ランキングです。表の右欄は先月からの比較などです。
※ 統一王者等は「Super」欄に記載、各階級10位まで(日本人ランカーは15位)の記載としている等、一部簡略化していますので、詳細はWBAの公式ホームページをご確認ください。


クルーザー級:
4/17に挑戦者決定戦で5位ディオン・ニコルソンを破った6位エフェトボル・アポチが5ランクアップ、1位に。
敗れたニコルソンは6ランクダウン、11位に。

ウェルター級:
4/10に、10位エイマンタス・スタニオニスが14位トーマス・ドゥロルメに勝利、9ランクアップし1位に。
3/20に元世界王者モーリス・フッカーを破ってWBOインターナショナル・ウェルター級王者となったヴァージル・オルティスJr.はゴールド王者のまま。

ライト級:
5/29にWBC王者デヴィン・ヘイニーに挑戦予定のホルヘ・リナレスが先月4位からランク外に。

フェザー級:
大沢宏晋が4ランクダウン、6位に。

スーパーバンタム級:
岩佐亮佑が4ランクダウン、13位に。

バンタム級:
4/24に西田凌佑に敗れた比嘉大吾が先月6位からランク外に。
代わりにエマヌエル・ロドリゲスがランクイン。

スーパーフライ級:
4/3にWBOインターナショナル王者決定戦で、WBA10位のパブロ・カリージョに勝利した4階級王者ドニー・ニエテスが10位にランクイン。
カリージョは先月10位からランク外に。

ライトフライ級:
5/8に、WBO王者エルウィン・ソトに挑戦する高山勝成が先月5位からランク外に。
堀川謙一が1ランクダウン、13位に。

◆ランキング表はこちら






 
 
 

にほんブログ村>