2021.05.01
WBA世界ミドル級王者決定戦


WBA世界スーパーウェルター級王者
エリスランディ・ララ
(38:キューバ)
27勝〈15KO〉3敗3引分
vs.
WBAミドル級6位
トーマス・ラマーナ
(29:米国)
30勝〈12KO〉4敗1分

サウル・アルバレスが返上したスーパー王座に村田諒太が昇格、空いた正規王座の決定戦。

暫定王者のクリス・ユーバンクJr.(英国)を昇格させるかと思いましたが、決定戦でした。

ただ、スーパーウェルター級王者のララとミドル級6位のラマーナで争うのが妥当なのかは疑問です。

そもそも、スーパー王者とか正規王者とかゴールド王者とか、常にいる暫定王者とか、WBAはやりたい放題ですから、多少のことには驚きませんし、何をやっても疑問符だらけですが…。

一番の老舗団体がこんな事していていいのかと思います。
単なる老害になりつつありますね…。



ディフェンスとフットワークは一級品ではあるものの積極性に欠け塩味濃い目の試合が多いララですが、この試合は出だしから左ストレートがクリーンヒット、最後も強烈な左でダウンを奪い、即レフェリーストップ。
あっと言う間の1RTKO勝利で、ララがミドル級王座を獲得しました。







 
 
 

にほんブログ村>