2021.04.08 
日本ウェルター級タイトルマッチ

IBF世界6位
王 者 小原 佳太
vs.
挑戦者 坂井 祥紀


小原 佳太(34)
これまでの戦績:23勝〈21KO〉4敗1引分

2013.04.08 日本スーパーライト級王座獲得。(2度防衛後返上)

2014.04.14 OPBF東洋太平洋太平洋スーパーライト級王座獲得。(2度防衛後返上)

2015.11.07 IBFスーパーライト級挑戦者決定戦でワルテル・カスティージョ(ニカラグア)に1-0(115-113,114-114,114-114)で引分け。 
※ カスティージョが再戦を辞退、小原が挑戦者に。

2016.09.09 IBFスーパーライト級王者《1度防衛中》のエドゥアールト・トロヤノフスキ(ロシア:24戦全勝〈21KO〉)に挑戦、2RTKOで敗れる。

2017.08.10 WBOアジア太平洋ウェルター級王座を獲得。

2018.04.12 アルビン・ラガンベイ(フィリピン:9勝〈8KO〉2敗)に2RKOで敗れ、2度目の防衛に失敗、王座陥落。

2018.08.09 アルビン・ラガンベイに挑戦、3RTKOで雪辱、再びWBOアジア太平洋王者に。

2019.03.30 IBF世界ウェルター級挑戦者決定戦で、クァドラティロ・アブドゥカハロフ(ウズベキスタン:15戦全勝〈9KO〉)に0-3(110-118,111-117,113-115)で敗れる。

2020.02.01 次の世界レベルの試合のチャンスを待つ間、格下の外国人ボクサーと戦うよりもモチベーションの高い日本ランカーと戦うほうがためになると考え、日本ウェルター級王者《1度防衛中》の永野祐樹に挑戦。7RTKOで勝利、王座獲得。



坂井 祥紀(30)
これまでの戦績:25勝〈13KO〉11敗2引分

デビューからメキシコを拠点に活躍。

2015.09.12 WBCスーパーライト級ユース王座決定戦で、ハビエル・メルカド(メキシコ)に10RKO勝利、王座獲得。(のちに返上)

2019.04.25 WBC米大陸ウェルター級王者アレクシス・ロチャ(米国:12戦全勝〈8KO〉)に挑戦、0-3(93-97,91-99,93-97)で敗れる。

2018年4月以降4試合に連敗、メキシコでの練習環境が悪化、2019年11月に、しっかり調整できる日本に帰国。
帰国後は、2連勝。




小原は、永野戦では、中盤やや粘られたものの世界ランカーの貫録を見せKO勝利。
世界トップレベルの壁は高いものの、モチベーションは落ちていない様子。

この小原に対し、メキシコの厳しい環境で戦ってきた坂井がどこまで粘れるか、楽しみな一戦です。







 
 
 

にほんブログ村>