The RINGの、2021.02.13付ランキングです。
表の右欄は2021.01.16付との比較です。

※ ランキングは不定期で更新されていますが、このブログではおおむね月に1回程度更新しています。
※ 暫定王座(WBAを除く)等、TheRINGが認めていない王座も追記しています。
※ ボクサー名は、BoxRecの記載に合わせています。


スーパーミドル級:
1/30にIBF王者カレブ・プラントに挑戦し敗れたカレブ・トゥルアックスが6位からランク外に。
デビュー以来16連続1RKO勝利のエドガー・バーランガが10位にランクイン。

スーパーウェルター級(ジュニアミドル級):
2/13にWBO王者パトリック・テイシェイラを破り王座を獲得したブライアン・カルロス・カスターニョが2ランクアップし3位に。
敗れたテイシェイラは前回9位からランク外に。
WBA2位、WBC8位のセバスチャン・フンドラが10位にランクイン。

スーパーフェザー級(ジュニアライト級):
IBF王者ジョセフ・ディアス(体重超過で王座はく奪)と引き分けたシャフカット・ラキモフが6位にランクイン。
10位だったアンドリュー・カンシオがランク外に。

フェザー級:
2/13に、ジョシュ・ウォーリントンにTKO勝利のマウリシオ・ララが4位にランクイン。
敗れたウォーリントンは前回1位から4ランクダウンし5位に。

スーパーバンタム級(ジュニアフェザー級):
フェザー級に上げたレイ・バルガスが、前回1位からランク外に。
1/23にWBO王者アンジェロ・レオを破って王座を獲得したスティーブン・フルトンが7ランクアップし3位に。
8位だった亀田和毅がランク外に。
WBA1位(暫定王者)のライーズ・アリームが8位にランクイン。
WBAゴールド王者のロニー・リオスが10位にランクイン。

バンタム級:
2/13に、ロニー・リオスに敗れたオスカル・ネグレテが9位からランク外に。
WBA1位のゲイリー・アントニオ・ラッセルが10位にランクイン。

◆ランキング表はこちら







 
 
 

にほんブログ村>