2021.02.13
WBO世界スーパーウェルター級タイトルマッチ

王 者 パトリック・テイシェイラ
vs.
挑戦者 ブライアン・カルロス・カスターノ



パトリック・テイシェイラ(30:ブラジル)
これまでの戦績:31勝〈22KO〉1敗

2019.11.30 : WBO世界スーパーウェルター級暫定王者決定戦で北米王者カルロス・アダメス(ドミニカ共和国:18戦全勝〈14KO〉)と対戦、3-0(116-111,114-113,114-113)で勝利。
※ 王者ハイメ・ムンギア(メキシコ)がミドル級転向を表明したため暫定王座が設置され、ムンギアのミドル級転向とともに正規王者に認定された。


1敗は、2016年に、カーティス・スティーブンス《2013.11 ゲンナディ・ゴロフキンに挑戦し8RTKO負け》(米国:27勝20KO5敗)に敗れたもの。

ブライアン・カルロス・カスターノ(31:アルゼンチン)
これまでの戦績:16勝〈12KO〉1引分

2016.11.26 : WBA世界スーパーウェルター級暫定王座決定戦で、エマニュエル・デ・ヘスス(プエルトリコ)に6RKO勝利、暫定王者に。

2017.07.01 : ミシェル・ソロ(フランス:30勝〈20KO〉1敗1分)2-1(115-113,115-113,112-116)で勝利、初防衛。

2017.10.28 : 正規王者デメトリアス・アンドラーデの王座返上に伴い、カスターノが正規王者に認定。

2018.03.10 : セドリック・ビトゥ(フランス:46勝〈19KO〉2敗)に12RTKO勝利、2度目の防衛。

2019.03.02 : 元WBAスーパー王者(7度防衛)のエリスランディ・ララ(キューバ)と1-1(114-114,113-115,115-113)で引分け、3度目の防衛。(のちに返上)



2020.04.25に予定されていましたが、新型コロナウイルスの影響で延期されていました。

老舗ブックメイカーWilliam HILLのオッズは、テイシェイラ5.00-カスターノ1.17と、カスターノ有利。
これまでの実績を見ても、カスターノ有利は動かないところでしょう。

カスターノは身長171cm、リーチ171cm。
テイシェイラは身長182cm、リーチが194cm。
かなり差がありますが、カスターノは、これまで、身長差のある相手にも鋭い踏み込みで接近し連打で倒してきました。
テイシェイラはガードがやや甘いので、カスターノの怒涛の連打がテイシェイラを圧倒しそうな気がします。

テイシェイラは、23cmあるリーチ差を活かしてカスターノの前進を止めることができれば勝機があると思いますが、はたしてどのような展開になるでしょうか。







 
 
 

にほんブログ村>