2021.01.23
WBO世界スーパーバンタム級タイトルマッチ

王 者 アンジェロ・レオ
vs.
挑戦者 スティーブン・フルトン



アンジェロ・レオ(26:米国)
これまでの戦績:20戦全勝〈9KO〉

2019.12.28 WBO傘下のNABOスーパーバンタム級王座決定戦で、2度世界戦を経験しているセサール・フアレス(メキシコ)に11RTKO勝利、王座獲得。(のちに返上)

2020.08.01 WBO世界スーパーバンタム級王座決定戦でトラマイン・ウィリアムズ(米国)に3-0(117-111,118-110,118-110)で勝利、王座獲得。


スティーブン・フルトン(26:米国)
これまでの戦績:18戦全勝〈8KO〉

2019.05.11 元WBOバンタム級王者パウルス・アムブンタ(ナミビア)に3-0(120-107,120-107,120-107)で勝利、マイナー団体IBO世界スーパーバンタム級王座獲得。

2020.01.25 WBOインターコンチネンタルスーパーバンタム級王座決定戦で2020/01/25 アルノルド・ケガイ(ウクライナ16勝〈10KO〉1分)に3-0(117-111,116-112,117-111で勝利。

2020.08.01にアンジェロ・レオとWBO世界スーパーバンタム級王座決定戦を行う予定だったが、フルトンが新型コロナウイルス陽性となったため、トレメイン・ウィリアムズ(米国)が代役でレオと対戦した。



フルトンが堅いディフェンスでレオのパワフルな攻撃をしのぎ、優勢に試合を進めました。
採点は、3-0(118-110,119-109,119-109)でフルトンが勝利、王座を奪取しました。
頭をつけての接近戦やクリンチが多く、やや盛り上がりに欠ける内容だったような気がします。







 
 
 

にほんブログ村>