2020.10.17
WBAスーパー・WBCフランチャイズ・IBF・WBO世界ライト級王座統一戦

WBAスーパー・WBCフランチャイズ・WBO王者
ワシル・ロマチェンコ

vs.
IBF王者 
テオフィモ・ロペス


さあ、いよいよ明日に迫りました。

両者とも前日計量を無事にパス、また、いまのところ両陣営とも新型コロナの影響もないようです。
この2人の世紀の対決が実現することに感謝して観戦したいと思います。



やはり、世界的に注目の一戦、様々な予想があふれています。

IBF挑戦者決定戦でロペスと対戦、採点は差がついたものの内容的にはほぼ互角と言われた中谷正義は、「ロペスはパンチがあり、ディフェンスがうまかった」「ロペスが勝つには前半KO。長引けばKOされる可能性が高い」。


ロペスは、IBF王座を奪取したリチャード・カミー戦では2RTKO勝利でしたが、カミーのジャブを結構もらっていて、ディフェンスはやや甘く見えたのですが、実際戦った中谷のコメントと動画を見ているだけの印象はかなり違います。



私は、ロマチェンコが、攻防一体のステップワークと的確な連打でロペスを封じるだろうと思っています。
普通に考えれば、大方の予想通り、長丁場になればなるほどロマチェンコ有利でしょう。

ロペスに勝機があるとすれば、大振りにならずにパンチを当てることができるかどうか。
ロペスの耐久力も、かなり試合を左右する要素になりそうです。



中谷のように、「ロペスに勝機があるとすれば前半。後半になればなるほどテクニックや経験に勝るロマチェンコが有利」との予想が大勢。
私の素人予想は少し異なりますが、果たしてどんな試合になるでしょうか。

一瞬も目の離せない、緊張感のある試合になるのは間違いないでしょう。
楽しみです。







 
 
 

にほんブログ村>