2020.10.23
WBC世界フライ級タイトルマッチ

王 者 フリオ・セサール・マルティネス
vs.
挑戦者 モイセス・カジェロス



フリオ・セサール・マルティネス(25:メキシコ)
これまでの戦績:16勝(12KO)1敗1NC

2019.03.23 WBC世界フライ級挑戦者決定戦でアンドリュー・セルビー(英国:11戦全勝(6KO))に5RKO勝利。

2019.08.31 WBC世界フライ級王者チャーリー・エドワーズ(英国:15勝(6KO)1敗)に挑戦。
3RKOで勝利したかに見えたが、ダウン後のパンチがあったため無効試合に。

2019.12.20 WBC世界フライ級王座決定戦で元王者のクリストファー・ロサレス(ニカラグア)に9RTKO勝利、王座獲得。
※ エドワーズとの再戦指令が出たが、エドワーズが体重維持が困難として王座返上したため、王座決定戦となった。

2020.02.29 ジェイ・ハリス(英国:17戦全勝(9KO))に3-0(116-111,115-112,118-109)で勝利、初防衛。




モイセス・カジェロス(メキシコ)
これまでの戦績:32勝(17KO)9敗1分

2017.02.26 WBO世界ミニマム級暫定王座決定戦で福原辰弥に0-3(112-116,112-116,115-113)で敗れる。 

2018.03.18 WBO世界ミニマム級王者の山中竜也に挑戦、8RRTDで敗れる。

2018.07.07 ホセ・アルグメド《元IBF世界ミニマム級王者(3度防衛)》(メキシコ)に0-3(90-99,91-97,91-97)で敗れる。


当初対戦予定だったIBO王者・WBC14位のマキシミノ・フローレス(29:メキシコ)が、新型コロナ陽性で、対戦相手がカジェロスに変更になりました。

カジェロスは10月のWBCランキング20位で圏外ですが、事情が事情だけに、特別に対戦が許可されたのでしょうか。

体は小さいものの思い切りよくパワフルなパンチを打ち込み相手を圧倒してきたマルティネスに対し、主にミニマム級で戦い世界戦レベルでは敗れてきたカジェロスの不利は否めないところですが、マルティネスに一泡吹かすことができるでしょうか。







 
 
 

にほんブログ村>