2020.08.01

シーサケット・ソー・ルンビサイ
vs
アムナット・ルエンロン



シーサケット・ソー・ルンビサイ(33:タイ)
47勝(41KO)5敗1分

2013.05.03 WBC世界スーパーフライ級王者 佐藤洋太に挑戦。8RTKO勝利、王座獲得。

2013.11.15 向井寛史に9RTKO勝利、初防衛。

2014.05.31 カルロス・クアドラス(メキシコ)に敗れ王座陥落。

2017.03.18 WBC世界スーパーフライ級王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)に挑戦、2-0(114-112,114-112,113-113)で勝利、王座獲得。

2017.09.09 ローマン・ゴンサレスに4RTKO勝利、初防衛。

2018.02.24 ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)に2-0(115-113,114-114,117-111)で勝利、2度目の防衛。

2018.10.06 イラン・ディアス(メキシコ)に3-0(120-108,119-109,119-109)で勝利、2度目の防衛。

2019.04.26  ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)に0-3(11-2116、14-114117-111)で敗れ王座陥落。


アムナット・ルエンロン(40:タイ)
20勝(6KO)3敗

2014.01.22  IBF世界フライ級王座決定戦で ロッキー・フエンテス(フィリピン)に3-0(117-111,116-112,116-112) で勝利、王座獲得。

2014.05.07 井岡 一翔に2-1(119-108,113-114,115-112) で勝利、初防衛。 ※井岡は初黒星。

その後、マックウイリアムズ・アローヨ(プエルトリコ)、ゾウ・シミン《のちの元WBO世界フライ級王者》(中国)、ジョンリエル・カシメロ《元IBF世界ライトフライ級王者(》(フィリピン)ら強豪を相手に防衛、防衛回数を5度に伸ばす 。

2016.05.25 アムナットが反則を繰り返し、判定にも疑問符のついたカシメロとの再戦。4RKOで敗れ王座陥落。

その後、2016年のリオ五輪出場や (ライト級2回戦敗退)、2017年の 那須川天心との対戦(4RKO負け)で話題になった。


井岡一翔に初黒星をつけたアムナット。
ローマン・ゴンザレス(ニカラグア)に豪快なKO勝利のシーサケット。 
元世界王者同士の一戦は、4/4に予定されていましたが、新型コロナウィルスの影響で延期となっていました。 

シーサケットは、現在WBC世界ランキング1位、WBO10位。 3度目の世界王者に向け、負けられない一戦。

アムナットは40歳、年齢的にはかなり厳しくなってますが、ここで世界ランキングを奪い、最後のチャンスをつかめるか注目。 



前半はアムナットがうまく距離を取りやや優勢でしたが、中盤からシーサケットがじわじわプレッシャーをかけてポイントを奪いました。

結果は、シーサケットが3-0(97-94,96-93,99-91)で勝利。

アムナットは 後半は失速してしましましたが、思った以上に良い動きでした。
タイ国人同士の対戦だからでしょうか、 露骨な反則もやらなかったですね。

シーサケットは、再び世界戦戦に乗り込むことになりますが、対戦相手は誰になるでしょうか。
今後に注目です。







 
 
 

にほんブログ村>