2020.01.18
WBAスーパー・IBF世界スーパーウェルター級タイトルマッチ
王 者 ジュリアン・ウィリアムス
vs
挑戦者 ジェイソン・ロサリオ



ジュリアン・ウイリアムス (29:米国)
これまでの戦績:27勝〈16KO〉1敗1引分1NC

2016.12.10 IBFスーパーウェルター級王者ジャモール・チャーロ(米国:24戦全勝〈18KO〉)《現WBCミドル級王者》に挑戦、5RKOで敗れる。

2019.05.11 WBA(スーパー)・IBF統一王者ジャレット・ハード(米国:23戦全勝〈16KO〉)に挑戦。体格で勝るハードに押し負けず、接近戦でも細かい連打を的確にヒット、2Rにはダウンを奪い、不利予想を覆し 3-0 (116-111,115-112,115-112)で勝利、王座獲得。今回の試合が、初防衛戦。





ジェイソン・ロサリオ (24:ドミニカ共和国)
これまでの戦績:19勝〈13KO〉1敗1引分

2019.04.20 ホルヘ・コタ(メキシコ:28勝〈25KO〉)《現WBA6位》に2-1で勝利。

今回の試合が世界初挑戦。

動画は、2018.08.24 ジャモンテイ・クラーク(米国:13戦全勝〈7KO〉)戦。

現在、ロサリオはWBA9位。
これまで世界王者クラスとの対戦実績はなく、 動画を見ていても、フットワークをあまり使わず、スピードもそれほど感じませんが、 ガードを固めて前進しじわじわプレッシャーをかけるタイプでしょうか。



ウィリアムスもロサリオも、似たタイプに見えますが、 ウィリアムスのハンドスピードやパワーが上回っているような気がしますので、ウィリアムス有利でしょう。







 
 
 

にほんブログ村>