2019.11.30
WBO世界バンタム級タイトルマッチ

王 者 ゾラニ・テテ (31:南アフリカ)
28勝(21KO)3敗
vs
暫定王者 ジョンリエル・カシメロ (29:フィリピン)
28勝(19KO)4敗


テテがアウトボクシングでカシメロをかわしきれるか、そしてカシメロが強引に攻めてテテを崩すことができるかに注目。




1R、2R
予想通りテテがジャブで距離をとって、カシメロもなかなか入っていけない。
カシメロが踏み込んで行っても、テテはバックステップでかわし、距離が縮まらない。
盛り上がりに欠けるテテペースの試合になりつつある。

3R
カシメロの右がテテのテンプルにクリーンヒット、テテがダウン。
立ち上がり再開となったが、足元はおぼつかない。
カシメロの連打で2度目のダウン、これも立ち上がり再開となったが、カシメロが猛攻をしかけたところで、レフェリーが割って入って終了。

テテがふらついていましたから、1回目のダウンで止めても良かったような気がしますね。

カシメロは、井上尚弥と同様、階級を上げてどんどんパワーアップしているような気がします。
テテを一発で粉砕したパワーは、かなりのものでしょう。

フィリピン選手としてマニー・パッキャオ、ノニト・ドネア、ドニー・ニエテスに続き4人目の3階級制覇王者となったカシメロは、試合後に「次は井上とやりたい。」とWBAスーパー・IBF同級王者井上尚弥との王座統一戦をアピール。

井上尚弥を中心に、バンタム級戦線はますます盛り上がってきそうです。








 
 
 

にほんブログ村>