2019.11.07 
WBSSバンタム級決勝
WBAスーパー王者 ノニト・ドネア(フィリピン)
vs
WBA・IBF王者 井上尚弥



序盤は、ドネアがじわじわプレッシャーをかけ前進、井上が下がりながらカウンターで応戦する予想外の展開。
井上のパンチのほうが正確だが、ドネアのパンチも井上尚弥を捕えている。

ものすごい緊張感のまま試合が進む。

5R、井上尚弥の右でドネアの腰が落ちる。

8R、ドネアの反撃を受け、2Rにカットした井上の右目の上からの出血がひどくなる。

9R、ドネアの右ストレートで井上がぐらつく大ピンチ。
一瞬たりとも目を離せない凄まじい激闘。

10R、井上が連打で反撃、右でドネアが再びぐらつく。

11R、井上尚弥の左ボディで、ついにドネアがダウン。

12R、井上が攻勢に出るが、ドネアも粘り、ついに試合終了のゴング。


公式の採点は、3-0(116-111,117-109,114-113)で井上尚弥が勝利、WBSS優勝の栄冠を手にしました。

井上は、2Rに右目の上をカット、中盤には鼻血を出し、これまでで最もパンチを受け、最も苦戦した試合でした。

それにしても、ドネアは井上のパンチを相当浴びましたが恐ろしくタフでした。また、パワーでは井上を上回っていたのではないでしょうか。

期待に違わぬ素晴らしい試合でした。





 
 
 
応援のクリックありがとうございます

にほんブログ村>