2018年06月

【結果】W杯、日本 vs ポーランド

W杯一次リーグ最終戦、決勝トーナメント進出を賭けた大一番。
相手は世界ランク8位のポーランド。
すでに2敗し敗退が決定してますが、全然油断できない相手。

日本は、これまでの2試合の先発6人を入れ替え、フレッシュな布陣。
前半は良く動き、ほぼ互角の素晴らしい試合。

一転、後半は足が止まり、自陣ゴール近くでの不用意なファウルで与えたフリーキックから失点しました。
敗色濃厚で、もう一試合のコロンビア vs セネガルが0-0の同点でしたので、一次リーグ敗退かと思われましたが、勝てば自力で突破、引き分けだと日本がもし追いついたら敗退となるコロンビアが先制、わずかな望みが出てきました。

コロンビアがそのまま勝利すれば、日本もセネガルをかわして決勝トーナメント進出できるので、最後は、無理に攻めずにボールをキープして終了。

思惑通り、コロンビア勝利で、日本はフェアプレーポイントの差で、薄氷の進出となりました。

戦前、日本は1試合でも引き分ければ御の字と思っていましたので、まさかの突破です。

試合後、日本がコロンビアの勝利に頼り、点を取りにいかなかったことに賛否が分かれています。
ただ、決勝トーナメントに行けるかどうかの場面で、危険を冒して点を取りに行き、逆に取られでもしたらなんにもなりませんから、批判を恐れず決断した西野監督のファインプレーと言えるでしょう。

もともと、日本人は、「神様、仏様」と他力本願の国民性ですし、どんなに批判されようとも、勝ち抜くための一つの戦術ですから。

これで、日本のサッカーは面白くないとか、潔くないというなら、見なきゃいいんです。

プロ野球では、シーズン終盤に自分のチームの選手とタイトルを争っている打者がいたら、露骨にフォアボール攻めにしたり、逆に試合に出さずに打率を維持したりしてます。
たかが国内の年間タイトル争いでも、これだけファンの気持ちを踏みにじるプレーをしている国です。

野球で言えば、昔、高校野球で、星稜高校の松井を連続敬遠した明徳高校に対し賛否両論がありました。
あのときは、高校野球は、そこまで勝負だけを優先すべきではなく、正々堂々と戦ってほしかったと思いました。
目先の1勝のために松井から「逃げた」とレッテルを貼られる生徒たちの今後の人生を考えたとき、良い判断を監督がしたとは思えませんでした。
しかし、明徳が勝利し、勝つためには仕方がないとの声も結構あり、不思議に思ったことを思い出します。

今回の件を強く非難する人は、こういうことをどう見ていたのでしょうか。

ボクシングでも、最終ラウンドでポイントで大きくリードしていたら、ガードががら空きになるほどむやみに攻めたりはしませんからね。

今回のプレーで、非難をおそれず勝負に徹した日本に、これまでにはなかったたくましさを感じます。

次戦は、強豪ベルギーで、勝ち目はほとんどないだろうと思いますが、時間稼ぎのパスもする必要はなくなりますから、思い切り戦って大番狂わせを起こしてほしいものです。


【結果】W杯第2戦、日本vsセネガル

 今日0時から行われた、W杯第2戦となるセネガル戦。
日本はよく粘り2-2の引分となりました。

セネガルは体が大きくスピードがあり、ロングパスからの縦の速攻が鋭く、日本はなかなが対応できませんでしたが、しっかりとパスを回し2得点を挙げる素晴らしい内容でした。

欲を言えば、最初の失点が明らかにGK川嶋のミスで、やらなくて良い点だったことでしょうか。
ただ、そのようなミスをしないチームであれば、世界ランキング61位にとどまっていないと思うので、やむを得ないのでしょう。

これで、一次リーグ突破に大きく前進しました。
最終戦の相手は、2連敗で一時リーグ敗退が決まっているポーランドですが、世界ランキングでグループ内最上位ですから、簡単な相手ではありません。
おそらく負け、良くて引分と思いますが、セネガルがコロンビアに勝ては日本は負けても一次リーグ突破なので、セネガルに頑張ってもらいたいですね。

◆注目! 井上拓真 vs マーク・ジョン・ヤップ ~WBC世界バンタム級王座挑戦者決定戦 2018.09.11

2018.09.11 WBC世界バンタム級王座挑戦者決定戦
3位 マーク・ジョン・ヤップ(フィリピン)
vs
9位 井上 拓真



井上 拓真はこれまで11戦全勝(3KO)。

2016年12月、当時のWBO世界バンタム級王者マーロン・タパレス(フィリピン)への挑戦が右拳の負傷でキャンセルとなって1年9か月、ようやくチャンスが巡ってきました。

デビュー戦で日本ランカー(のちにWBO世界ミニマム王者となる福原辰弥)と戦って以来、骨のある強い相手と戦いが多く、KO率は低いですが、けっしてパンチのない選手ではありません。

昨年8月の、けがからの復帰戦は現日本S・フライ級王者の久高寛之、同年12月には元日本バンタム級王者の益田健太郎(新日本木村)に勝利。



ヤップは、これまで29勝(14KO)12敗。
このところ10連勝、東洋太平洋王座を3度防衛中。



ヤップのほうがパワーはありそうですが、スピードでは井上が上回りそうです。
タイプがかなり違う二人ですが、どのような試合になるでしょうか。 

【名勝負13】大場政夫 vs 花形進 ~1972.03.04 WBA世界フライ級タイトルマッチ 1972.03.04

1972.03.04
WBA世界フライ級タイトルマッチ
王者 大場 政夫
vs
挑戦者 花形 進 



大場3度目の防衛戦。
花形は、これまで34勝10敗8引分
3度目の世界挑戦。

この二人は、1968.9.2に対戦、花形が判定勝ちしています。



大場はこつこつと手を出し、花形は派手なパンチで応戦、殆どのラウンドが差をつけにくい僅差の試合となりました。
後半、やや優勢に試合を進めた大場が2-0(71-71、74-69、72-68) の判定で勝利、防衛成功。

私の採点は、
1972.03.04 大場・花形




甲乙つけがたい、好試合でした。

◆ルイス・ネリ、出場停止は6か月に。WBSS参加か?

WBCは、2018.03.01の山中慎介とのタイトルマッチで体重超過のため王座剥奪となったルイス・ネリを、(山中戦から)6カ月の資格停止とすると発表。 

最初から減量する気がなく大幅な体重超過をやらかしたネリに、JBCは日本での活動を永久停止、WBCも「無期限」の出場停止処分となっていましたが、ずいぶんと甘い処分となりました。
6か月って、世界戦ならこの程度の間隔が空くことは珍しくないので、処分していないに等しいです。

これは、秋から開催予定のWBSSバンタム級にネリが参加する可能性が出てきたことを意味します。

ただ、ネリの参加をWBSS主催者が良しとするのかどうかわかりませんし、日本では試合ができないこともネックになりそうです。

山中に勝った2試合は、ドーピングと体重超過。
公平な状態でもネリが勝っていたという声もありますが、自ら進んでやらかした奴を私は評価しません。
世界のトップを争う戦いにふさわしくありません。

ネリが井上尚弥と戦って、ボコボコに叩きのめされるのを見たいという気もしないでもないですが、万が一、井上がやられたら一生腹立つと思うし、ネリの顔も見たくないので、参加しないでほしいですね。
参加するとしても、ゾラニ・テテあたりにさっさとやっつけてもらうぐらいでちょうど良いでしょう。

管理人:ボクオタおやじ
輪島功一、大場政夫、具志堅用高…。少年時代に往年の名ボクサーをテレビで見て、胸が高鳴りました。以来40年以上ボクシングオタクです。
過去の名勝負なども取り上げていこうと思います。
おことわり
選手名等は敬称略とさせていただいております。
私の採点方法
ちょっと変わった独自の採点方法で勝手に楽しんでます。
⇒詳しくはこちら
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
お気に入りサイト
最新コメント
月別アーカイブ
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ