2019.06.19
WBO世界スーパーフライ級王座決定戦
アストン・パリクテ
vs 
井岡 一翔


ニエテスが、王座決定戦で引き分けたパリクテとの再戦の前に井岡と王座決定戦を行い、勝利しWBO王者となるも、パリクテとの再戦をせず返上。 井岡とパリクテが王座を争うことになりました。


井岡 一翔(30)

これまでの戦績:23勝(13KO)2敗

2011.02.11 WBCミニマム級王者オーレードン・シッサマーチャイ(タイ)に挑戦、5RTKO勝利し王座獲得。

2011.08.10 フアン・エルナンデス(メキシコ)に3-0(116-112,117-111,118-111)で勝利、初防衛。

2011.12.31 ヨードグン・トーチャルンチャイ(タイ)に1RTKO勝利、2度目の防衛。

2012.06.20 WBA王者八重樫東と統一戦。 3-0(115-114,115-113,115-113)で勝利、2団体統一王者に。(後に返上)

2012.12.31 WBAライトフライ級王座決定戦で、ホセ・アルフレド・ロドリゲス(メキシコ)に6RTKO勝利、王座獲得。その後3度防衛。

2014.05.07 IBFフライ級王者アムナット・ルエンロン(タイ)に挑戦、 1-2(108-119,114-113,112-115) で敗れる。

2015.04.22 WBAフライ級王者フアン・カルロス・レベコ(アルゼンチン)に挑戦、2-0(114-114,116-113,115-113)で勝利、王座獲得。その後5度防衛。

2018.09.08 元WBCスーパーフライ級王者カルロス・クアドラス(メキシコ)に勝利した強豪マックウィリアムズ・アローヨ(プエルトリコ)に 3-0(99-90,97-92,97-92)で勝利。



2018.12.31 WBO世スーパーフライ級王座決定戦で、3階級王者ドニー・ニエテス(フィリピン)に1-2(110-118,112-116,116-112)で惜敗。


アストン・パリクテ(28:フィリピン)

これまでの戦績:25勝(21KO)2敗1引分

2018.09.08 WBOスーパーフライ級王座決定戦で、3階級王者ドニー・ニエテス(フィリピン)と1-1(116-112,110-118,114-114)の引き分け。惜しくも王座獲得ならず。



2019.01.31 この試合まで20勝無敗2分のホセ・マルティネス(プエルトリコ)を2RKO。





引退前は、ワクワクするマッチメイクが少なかった井岡ですが、復帰後はアローヨ、ニエテス、パリクテと、強豪とのタフな試合が続きます。

井上尚弥のような派手さはないものの、緻密なボクシングは一級品ですから、ここは4階級制覇をぜひ達成してほしいものです。

井岡が、強打を振り回してくるパリクテをテクニックで上回ることができるか注目です。







 
 
 
応援のクリックありがとうございます

にほんブログ村>