2019.02.16
IBF世界スーパーバンタム級王座 指名挑戦者決定戦
同級3位 岩佐亮佑
vs 
同級5位 セサール・フアレス



過去記事 ⇒ 【注目】 岩佐亮佑 vs セサール・フアレス ~2019.02.16 IBF世界スーパーバンタム級王座 指名挑戦者決定戦


序盤は、フアレスの前進に岩佐が押され、連打される場面も。

しかし、ロープを背にしつつも、岩佐のパンチが正確にフアレスにヒット、徐々にペースを握る。

7Rのバッティングでフアレスが左目をカット。

後半は、クリーンヒットが増えた岩佐優勢の展開に。

フアレスは岩佐の左ストレートやボディブローがじわじわ効いてきたのか、ややスローダウン。

10R終了後、ドクターチェックが入り、レフェリーストップ。

結果は、2-0(95-95,97-93,98-92)で岩佐の勝利。

フアレスのプレッシャーにロープを背負う場面が多かった岩佐ですが、パンチの正確さで上回りました。

IBF王者のTJ・ドヘニーは、WBA王者ダニエル・ローマンとの統一戦が濃厚で、岩佐が挑戦できるとしてもその後になりそうですが、頑張ってほしいです。





 
 
 
応援のクリックありがとうございます

にほんブログ村>