1994.01.29
WBC世界スーパーライト級タイトルマッチ
王者 フリオ・セサール・チャベス
vs
挑戦者 フランキー・ランドール



フリオ・セサール・チャベス(31:メキシコ)

この試合までの戦績:89勝(74KO)1引分

1980年2月にデビュー以来14年近く負け知らず、スーパーフェザー級9回、ライト級2回、スーパーライト級12回防衛の怪物王者。

この試合が13度目の防衛戦。


フランキー・ランドール(32:米国)

この試合までの戦績:48勝(39KO)2敗1引分

この試合が世界初挑戦。

 

1R、2Rは、チャベスがやや様子見で、手数少ない。
ランドールはチャベスが前進してくるところに正確で速いジャブ、カウンターで対抗。

3R以降、チャベスは徐々にプレッシャーを強め、ボディブローを中心に重いパンチを繰り出す。
ランドールも果敢に応戦。

中盤以降は打ち合いが増え、チャベスのパワーがやや上回っている感じだが、微妙なラウンドが多い。

8R、ランドールがチャンスをつかみ連打。

10R、チャベスは前進してプレッシャーをかけ続けるが、ランドールを捕まえきれず。

11R、ランドールの右ストレートがクリーンヒット、チャベスがキャリア初のダウン。

チャベスは必死に反撃するが、ランドールは足を使いチャベスに決定打を許さず試合終了。



結果は、2-1(113-114,114-113,116-111)でランドールが勝利し王座を奪取。
結果を見ると、チャベスにとっては7R、11Rの減点が痛かったことになります。

チャベスの無敗記録は90で途切れることとなりました。

ちなみに、私の採点は、
無題1




接戦でしたが、11Rのダウンで勝負ありと見ました。






 
 
応援のクリックありがとうございます

にほんブログ村>