2018.09.24に行われたWBOフライ級タイトルマッチ、田中恒成vs木村翔が、米国のボクシング専門サイトBoxingScene.comの年間最高試合に選ばれました。

確かにすばらしい試合でしたが、海外メディアの反響がこれほど大きかったとは驚きました。

⇒試合の模様はこちら

ちなみに、この動画は実況・解説なしで、セコンドの声やパンチの音がしっかり聞こえるので、臨場感にあふれ、二人の激闘がより一層伝わってきます。
パワフルなパンチをフルラウンド繰り出した木村のスタミナ、それをしっかり受け止め、テクニックで上回った田中。
何度見ても良い試合です。

結果は田中が2-0(116-112,115-113,114-114)の判定で勝利し3階級制覇を達成しましたが、僅差だったため、試合直後から再戦を期待する声もありました。

もし実現すれば、海外メディアも再び注目するカードになるでしょう。

是非見たいですね。






 
 
応援のクリックありがとうございます

にほんブログ村>