2019.01.26
WBO世界スーパーウェルター級タイトルマッチ

王者 ハイメ・ムンギア
vs
挑戦者 3位 井上 岳志



ハイメ・ムンギア(22:メキシコ)

これまでの戦績は31戦全勝(26KO)。
アマチュアでも128勝10敗。

2018.05.12 WBOスーパーウェルター王者サダム・アリ(米国)に挑戦、4RTKOで勝利、王座獲得。

2018.07.21 元WBO世界スーパーウェルター級王者(2度防衛)のリアム・スミス(英国)に3-0(116-111,119-108,117-110)で勝利、初防衛成功。

2018.09.15 ブランドン・クック(カナダ)に3RTKO勝利、2度目の防衛成功。


井上 岳志(28)

これまでの戦績は13勝(7KO)1分

2017.04.25 日本スーパーウェルター王座獲得、その後1度防衛し返上。

2017.11.10 OPBF東洋太平洋王座獲得

2018.04.26 IBF世界スーパーウェルター級2位決定戦として野中悠樹と対戦、3-0(115-113,116-113,116-112)で勝利。




井上は、野中戦のあと、IBF王者ジャレット・ハード(米国)への挑戦者決定戦を1位ジュリアン・ウィリアムス(米国)と8月に戦うとのニュースもあったような気がしますが、実現しませんでした。

どうなったんだろうと思っていたら、直接挑戦、しかもIBFではなくWBOのムンギア。

ムンギア、強そうです。動画見てると、絶望的な気持ちになってしまいます。




このあたりの階級は、選手層厚くて、弱い選手いないです。
ムンギアは、これまで殆どメキシコ人と国内で戦ってきていて世界レベルの選手との対戦は少なく、未知数の部分もあるかと思うけど、世界戦でサダム・アリやリアム・スミスを圧倒しているから、弱いわけないですね。

残念ながら、前評判ではムンギアが圧倒的有利になりそうです。


ただ、これまでも、浜田剛史、平仲明信、竹原慎二のように、圧倒的不利と言われながら、その予想を覆して王者になった例はあります。

ガンガン振ってくる若さと勢いのある王者に、井上がどの程度対抗できるか注目です。

井上、頑張れ!








 
 
応援のクリックありがとうございます

にほんブログ村>