2020.01.25

元WBAスーパー・IBF統一スーパーウェルター級王者
ジャレット・ハード
vs
フランシスコ・サンタナ



ジャレット・ハード (29:米国)
これまでの戦績:23勝〈16KO〉1敗

2017.02.25 IBFスーパーウェルター級王座決定戦で、《2018.12にジャーメル・チャーロに勝ちWBC王者となる》トニー・ハリソン(米国)に9RTKO勝利、王座獲得。

2017.10.14 《元WBA王者(4度防衛)》オースティン・トラウト(米国)に10RRTDで勝利、初防衛。

2018.04.07 WBAスーパー王座を7度防衛中のエリスランディ・ララ(キューバ)に2-1(114-113,114-113,113-114)で勝利、2団体統一。

2018.12.01 ジェイソン・ウェルボーン(英国)に4RKO勝利、WBAスーパー王座初防衛、IBF王座3度目の防衛。

2019.05.11 ジュリアン・ウィリアムス(米国)に 0-3(111-116,112-115,112-115) で敗れ王座陥落。

今回の試合が再起第1戦。




フランシスコ・サンタナ (33:米国)
これまでの戦績:25勝〈12KO〉7敗

2011.05.13 《のちにジャレット・ハードを破りWBAスーパー・IBF王者となる》ジュリアン・ウィリアムス(米国:6戦全勝〈4KO〉)と引分け。

2011.10.07 《のちのWBC王者》ジャーメル・チャーロ(米国:15戦全勝〈7KO〉)に0-3で敗れる。

2013.12.06 《元WBA王者》ヨアキム・アルシン(カナダ)に3-0(99-90,99-90,100-89)で勝利。

2015.04.25 《のちのWBO王者》サダム・アリ(米国:21戦全勝〈13KO〉)に0-3(93-97,90-100,93-97)で敗れる。

2016.07.23 《2018.10にWBOウェルター級王者テレンス・クロフォード(米国)に挑戦(12RTKO負け)する》ホセ・ベナヴィデス(米国:24戦全勝〈16KO〉)に0-3で敗れる。

2018.04.27 《2017.05.20にWBC・WBO統一スーパーライト級王者テレンス・クロフォード(米国) に挑戦、10RRTDで敗れた》フェリックス・ディアズ(ドミニカ共和国:19勝〈9KO〉2敗1引分)に、2-0(96-94,98-92.95-95)で勝利。

動画は、0-3(92-98,94-95,92-97)で敗れた、2019.03.09 アベル・ラモス(米国)戦。




ハードは、階級違うんじゃないのかと思うほどの恵まれた体格を活かし、ぐいぐい攻撃するスタイルで強豪を倒してきましたが、接近戦のテクニックで上回るジュリアン・ウイリアムズに敗れ王座陥落となりました。

サンタナは、ガードを固めて前進し接近戦を挑むスタイルで、敗戦が多いものの王者クラスとの対戦経験もあり、決して簡単な相手ではないと思います。

ただ、身長・リーチともハードが大きく上回っており、パワーでもハードが勝っていると思いますので、サンタナにとっては、鋭く踏み込んで接近戦に持ちこめるかどうかが鍵になりそうです。

予想は、やはり、ハードのKO勝利でしょうか。






 
 


にほんブログ村>